イタリアのベスト16都市

イタリアのガイド

イタリアは日本人に限らず世界中のから観光に訪れる素晴らしい国です。イタリアには魅力的な都市や街が数多く有り、それぞれが観光の拠点になり、古代ローマ時代から続く歴史と文化やショッピング、おいしい食事、美術館や博物館など様々な魅力があります。

有名な都市や街以外にも魅力的な小さな街はたくさんあります。

イタリアについて考えると、地域や街によって非常に多様性に富んでいます。

つまり、同じイタリアを旅行したとしても北と南では、まったく別の国にいるように感じることができます。

文化、食べ物、都市の景観から行き交う人まで、すべて異なっていて興味は尽きないと思います。

イタリアには何十回と行っています。

しかし、イタリアには行った回数に関係なく、又訪れたいと思う国なのは間違いありません。

正直なところ、イタリアに1回、2回、または50回行ったことがあるかどうかは関係ありません。

違う地方や州、街などリピートとしてもっと見たいと感じることになると思います。

だからこそ、旅行する際に訪れることを考えるイタリアの最高の街をいくつか共有したいと思います。

ローマやフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノ、ナポリなどの有名な街以外にも本当に魅力的な場所がたくさんあります。

訪れるイタリアの最高の街を記載していきます。順番には意味はありません。

1 マテーラ

イタリア南部の田園地帯の小高い丘に独立して存在するマテーラは、今もなお古代ローマの町並みを残している都市です。

マテーラに来たら、歴史的な街とその周辺の田園地帯の素晴らしい景色を望むマテーラの洞窟住居のサッシを散策しましょう。

洞窟住居はイタリアに最初に訪れた入植者が利用したと考えられます。

時期的には旧石器時代の約9000年前にさかのぼると考えられています。

マテーラは洞窟住居を含む地域全体が1993年にユネスコの世界遺産に登録されて観光客も増加し、それに伴ってホテルやレストランなどが増えているので訪れたときにその理由が簡単にわかります。

マテーラの洞窟住居サッシで最高のレストランの一つ デダロ(DEDALO)があります。

レストランは洞窟住居の一部を利用していますので、他では体験できない時間を過ごすことができます。

 

マテーラのホテルはこちら

2 ペルージャ

ウンブリア州の州都になるペルージャは、イタリアで訪れるべき都市のひとつです。

フィレンツェとローマのちょうど中間に位置しています。

どちらからでも高速を利用して1時間~1時間30分程度でアクセスできます。

ペルージャ来たら、16 世紀に造られたペルージャの要塞(Rocca Paolina)の迷路のような地下通路を見に行き、ペルージャの中心広場Piazza IV Novembreを訪ねてください。

イタリアには何カ所かある斜めになっている広場に素晴と噴水を囲むようにプリオーリ宮や大聖堂などが建っている美しい広場です。

そして丘の上にある旧市街の小さな通りを探索するとヨーロッパの中世を体験できます。

おすすめのレストランの一つについては、 Vineria La Fraschetta(Antonio Gramsci通り)を参照してください。

イタリアの最高の家庭料理といくつかの魅力持っている趣のある小さなレストランです。

レストランの内装は、まるで100年前はこういったレストランがあったことを実感できると思います。

ペルージャのホテルはこちら

3 ボローニャ

https://www.flickr.com

イタリアの北部よりに位置するボローニャは、イタリアを訪れるのに最適な街の1つになります。

ボローニャはイタリアへの旅行の拠点として最適で、日本からは直行便はありませんが、高速道路や高速鉄道でどこにでも行くことが出来ます。

ボローニャの中心部はコンパクトですが歴史があります。主要広場であるマッジョーレ広場には有名なネプチューンがあります。

また世界で10番目に大きい教会といわれる広大なサンペトロニオ大聖堂まで散歩してもそれほど時間はかかりません。最古の大学や塔の町と言われた名残りを残す塔など見所はたくさんあります。

ボローニャはまた美食の街としてイタリアでも認知されています。日本でもポピュラーなミートソースの原型と言われるラグー・アッラ・ボロニェーゼや Tagliere(ハム) やデザートの ズッパイングレーゼ (Zuppa Inglese )など、その他にもボローニャや エミリア ロマーニャ州 は発祥の料理がたくさんあります。

ズッパイングレーゼ (Zuppa Inglese )の味わいたい、または 素晴らしいレストランをお探しの場合は、Via Serra Trattoria di Via Serraを検討してください。 Via Serra Trattoria di Via Serra は実際にボローニャで最もおいしいZuppa Ingleseの1つを提供しています。

ボローニャのホテルはこちら

 

4 フィレンツェ

フィレンツェ

フィレンツェは、少なくともイタリア旅行をする上で、誰もが訪れなければならないイタリアで 最高の都市の一つになります。トスカーナの中心部に位置するこの大都市はルネッサンスを生み出し、かつて中世においては世界で最も裕福な都市でした。

フィレンツェには美術館が数多く有り、時間が無い中でもし1カ所だけを見学する場合には、ルネッサンスの時代に最も影響力のあるアーティストの作品を最も多く展示しているウフィツィ美術館(Uffizi Gallery)を訪れてください。

ウフィツィ美術館 に行く場合には朝1番の訪問をお勧めします。通常は入館までかなり待たされますが、朝1番に訪れると、ほとんど待つことなく入館が出来ます。作品もゆっくり見ることが可能で、ほとんどの作品は撮影可能です。絵画に興味の無い方でも十分楽しめると思います。

また、フィレンツェ大聖堂はフィレンツェのシンボルとして有名ですがドゥオーモ「クーポラ」と「ジョットの鐘楼」は必見です。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は無料で入ることが出来ます。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 を後にしてアルノ川に架かる中世からあるヴェッキオ橋に向かいます。

ヴェッキオ橋からさらに歩いて約25分かかりますが、その価値は十分あるミケランジェロ広場からフィレンツェの最も豪華な夕日を楽しむことも出来ます。

フィレンツェでの観光の最後に夕食を考える場合はステーキを忘れてはいけません。ステーキを考えているなら、ブーカ マリオ(Buca Mario’s)をぜひお考えください 。 フィオレンティーナ(骨つきTボーンステーキ)はちょっと値段は張りますが人数がいるとシェアできますので、ぜひ挑戦してみてください。

フィレンツェのホテルはこちら

 

続きを読む:フィレンツェでやるべきこと

5 バーリ

https://www.flickr.com/

イタリアには無数の港町や回が員があります。アドリア海から地中海にぬける長靴に例えられるイタリアのかかとの部分にある、バーリは訪れるべきイタリア(海岸)の最もよい都市の1つです。

バーリは プーリア州の州都になり、 街の南部にあるムラート地区は19世紀の建物や海岸の散歩道、ショッピングセンターなどがあり、 ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り ( Corso Vittorio Emanuele )を隔てて旧市街に行くと、バーリの歴史的な部分を見ることが出来ます。

バーリは遡ることギリシアの植民都市から始まり、ローマ、 東ローマ帝国のピザンティン帝国、ヴァイキングのノルマン-シュヴァーベン王国、アラゴン王国、スフォルツァ家、ブルボン王家 など様々な文化を取り込んだ歴史が有り、アドリア海の重要な港として今なお存在感があります。

バーリーのホテルはこちら

 

続きを読む:南イタリアを訪問するのに最適な町

6 ヴェローナ

https://www.flickr.com

ヴェローナというとすぐにはわからない方も多いと思います。 しかし、 ロミオとジュリエット の舞台になった街といえば、少しは興味を持つかもしれません。

イタリア旅行を考えたときにローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなど人気の都市と比較してわりに見落とされがちです。そうは言っても、イタリア旅行で興味を持つ都市としてヴェローナはイタリアで最も探求するべき都市の一つになると思います。

ロミオとジュリエットのおかげでこの街はかなり有名ですが、ウィリアム・シェイクスピアはこの街を特別なものにするほんの一例にしかすぎません。

イタリア、ヴェローナへのサプライズトリップ(23)

ヴェローナはローマ帝国にさかのぼる円形劇場である アレーナディヴェローナ(Arena di Verona) を訪問してみてください。 これは全国で3番目に大きいローマの競技場でありながら今日でも利用されています。特に夏には世界で最も有名なオペラの上演を行っています。

ヴェローナは街全体が世界遺産という貴重な観光スポットになります。

最高の夕日には、夕暮れ時にPiazzale Castel San Pietroまでお越しください。ヴェローナに沈む夕日を見るのは一見の価値があります。

https://www.flickr.com


ヴェローナのホテルはこちら


続きを読む:ヴェローナですべきこと

7 ヴェネツィア

https://www.flickr.com

おそらく世界の都市の中でも、そしてイタリアでも最も有名な都市の1つ、ヴェネツィア。 短い時間の滞在でも、数日を過ごすのにもイタリアで最高の都市のひとつとして訪れた方は感じると思います。

イタリア北東部に位置したヴェネツィアはアドリア海の最も奥まったラグーン(潟)を利用した海上都市になります。 ヴェネツィアの街は堅実な土地の上に築かれた都市ではなく、杭などで地盤を補強した ラグーン (潟) を利用した上に築かれています。 大小118の小さな島々含んだ全体がヴェネツィアになります。 ヴェネツィアは水路で区画され大小の橋でそれらを結んでいます。 地元の人々はもちろん観光客も車では入れませんので水上バスが主な交通手段になります。 観光ではゴンドラを利用する事もありますが、主に水上バスを降りて観光名所までは徒歩でアクセスすることになります。

イタリア、ベニスからの写真とポストカード(2)

実際にヴェネツィアを歩いて回ると、すぐ気がつくことがあります。 ヴェネツィアを歩いていると必ず迷子になります。 通路は両側とも建物で囲まれて、要所要所に小さな広場に出ることが出来ますが、そこも建物に囲まれて周囲を見ることが出来ません。 それを繰り返している内に早い時間に自分の場所を見失うと思います。 これはこれで小さな路地を歩き回って、小さなカフェを見つけ、街自体を見ることも ヴェネツィアの楽しみなのでお勧めですが不安な方はスマートフォンなどを利用して場所がわかるようにしていると安心です。

迷子になりながら、ペギーグッゲンハイムコレクションや、聖マルコ大聖堂の見事なヴェネツィアの歴史と文化に触れるのは、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ます。

ヴェネツィア、イタリアからの写真やポストカード(17)
イタリア、ベニスからの写真とポストカード(13)

お腹がすいたら、ヴェネツィアの市場で見つけることができる食材を基にした新鮮な魚介類を使った料理を提供するレストランがたくさんあります。 その中でもOsteria Boccadoroはぜひ立ち寄ってください。 きっと満足することと思います。

ヴェネツィア(ベニス)のホテルはこちら

 

続きを読む:ヴェネツィアでやるべきこと

8 トリノ

https://www.flickr.com

首都ピエモンテの景色は、イタリア北部を訪れるのに最高の街のひとつです。 スイスにほど近いため、空気はきれいで透明感があります。 冬には雪が積もることがあるため、レンタカーなどは気をつける必要がありますが、イタリアの大都市の中でも落ち着いた雰囲気があります。

ここに来たら、世界的に有名な 聖ヨハネ洗礼教会の大聖堂 を訪れるようにしてください。イタリアでは昔から伝わる聖遺物を保有している協会は数多くありますが、その中でもこの大聖堂にはイエス・キリストの風貌を写したという布 (シュラウド)があります。 多くの人が イエス・キリスト自身であると信じる古代の布です。 キリスト教の伝承によれば、これはイエスの実際の埋葬に使われた覆いであり、キリストの遺体を覆った布で、復活の時から受け継がれてきました。

その他、トリノの王宮(Palazzo Reale)はトリノに訪れたのなら、ぜひ見学してみてください。イタリアを統一はここから始まりました。 王宮を訪れ、素晴らしい部屋や調度品を探検してください。

素晴らしいワインセレクション(そして美味しいメニュー)をお探しの場合は、Casa Vincinaで豪華な遅いランチまたはディナーをお勧めします

 

トリノのホテルはこちら

9 シエナ

その見事な中世のれんが造りの建物で知られているシエナは、最も有名な広場があり、イタリアの地方都市を訪れる場合には外すことの出来ない都市の1つであると考えられています。

トスカーナ地方に位置しており、フィレンツェから車で1時間もかからない小高い丘にシエナはあります。 車で行った場合には立ち入り禁止のエリアがありますので、注意が必要です。 車でなくてもフィレンツェからバスもありますので、ショートトリップには最適です。

シエナには前述したPiazza del Campoがあります。とても人気のある公共広場で、少しリラックスした午後を過ごすのに最適です。 そして夏や気温の高いときには広場のカフェでよく冷えたアペロール・スプリッツ(Aperol Spritz)をためしてみてください。

その後、シエナ大聖堂を見学して、Torre del Mangia(14世紀に建設された85メートルの塔)を訪れてみてください。

美味しいディナーには、La Taverna di San Giuseppeがお勧めです。店舗のスペースは小さいので、食事の場合には事前に予約することをお勧めします。 人気のあるレストランなので、席がないことが多いので。

 

シエナのホテルはこちら

10 ローマ

https://www.flickr.com

イタリアといえばローマ。 イタリアを語るときローマについて言及することを忘れることができません。 ローマは街全体が古代ローマの遺跡やルネッサンスの建築物や広場が有りながら、世界遺産の中にアパートが有り、今なお人が住んでいて日常の生活を送っています。

地図を見るとローマは広いように思います。 一見すると探索や観光をするのにかなり広大な都市に感じます。 しかし、実際にはそれほど大きくなく、歩くのになれている方であれば公共機関を利用しないでも回ることは可能です。(公共機関を使うに越したことはありませんが)。

歴史と遺産の点で訪れるには、ローマはイタリアの最もよい都市になります。 それはかつて現代のヨーロッパの大部分を支配したローマ帝国の首都であっただけでなく、今もなおイタリアの首都であり続けています。 また、キリスト教徒にとってもヴァチカンは聖地として特別な意味を持ちます。

https://www.flickr.com

正直なところ、ローマは普通に歩いているだけで十分に堪能することが出ます。 フォロロマーノ、トレヴィの泉、パンテオン、コロッセオなど有名な名所だけでも、回るのに1日では足りません。 また、有名ではない教会や浴場の後、古代ローマ時代から今なお利用できる街角や裏路地にある遠くの山から引かれている水道。

そしてサンピエトロ大聖堂やルネッサンス時代のミケランジェロにより設計と監修が行われた カンピドリオ (Campidoglio)  広場。 その広場を囲む建物は古代ローマ時代、中世、ルネッサンス時代、そして現在と時代ごとの建築物が積み重なるように建てられていて、実際に古代ローマ時代の建築物の中を歩くことが可能です。

https://www.flickr.com

また、晴れた日のランチにぴったりの、歴史的なCampo Dei Fioriのフードマーケットは是非行ってください。 また、ローマで最も古いパン屋であるForno di Campo de ‘Fioriのピザビアンカ(海の塩をふりかけたパン)も試してみてください。そのパンは500年以上にわたって作られています。

 

ローマのホテルはこちら

 

続きを読む:ローマでやるべきこと

11 ポンペイ

古代ローマの街がそのまま保存されたポンペイはイタリアを訪れたのなら、是非行きたい観光地の一つです。 保存されていたと行っても木造の部分はなく、石の建築物が残っているのみですが、それがひどく破壊された状態だとしてもポンペイに行くと、当時の生活を垣間見ることが出来ます。

ポンペイはナポリから日帰りで行くことが可能です。 ポンペイ周辺にも小さなホテルは数多くありますが、夜にポンペイを見ることは出来ないのと、設備が古くて小さな部屋が多いので、出来るならナポリに宿泊する事をお勧めします。

かつて繁栄していた都市ポンペイはローマの共和制が終わり、帝政に移った紀元79年(約2000年前)にヴェスヴィオ火山の噴火で火山灰が降り注ぎ、火砕流により一夜にして消え去った街として、発見されるまで眠りにつきました。 今日では、ポンペイはユネスコ世界遺産となり、観光客が散策したり、建物に入ったり、思い思いの見学が可能です。

見学できる時間は季節によって若干時間が違います。 ポンペイを訪れる場合には、営業時間を調べて朝1番に行くことをお勧めします。午前中は比較的空いていますので、落ち着いて見学することが出来ます。 車の場合にはポンペイ周辺に駐車場は何カ所もありますので、迷うことはありません。

 

ポンペイのホテルはこちら

 

続きを読む:ポンペイで見るべきこと 

12 ナポリ

https://www.flickr.com

ナポリを見てから死ねを言われるナポリは昔から別荘などに最適な土地として有名で、ナポリの沖合にある小さな島カプリはローマ皇帝の別荘として利用されていました。 ナポリは居るだけで気持ちのいい気候が1年を通して体験することが可能で、それについて定評があります。 ローマの南にあるナポリはイタリアで最高の都市の一つです。

しかし、10年くらい前までは、ゴミの処理問題や治安の悪化などで、旅行代理店からナポリに行くことはお勧めできないと言われるほど危険な場所と言われていました。 実際に行くとそれほどでもありませんが、家族連れでは避けた方が無難な時期がありました。 しかしナポリはそれについて評判を回復しています。

カンパニア地方の州都であるナポリには、見てやるべきことがたくさんあります。 ポンペイから出土した古代ローマ最大の遺物や装身具のコレクションを展示している国立考古学博物館には、ぜひ訪れるべきです。

音楽に興味があるのなら、全国で最も古いオペラハウスであるサン・カルロ劇場(Teatro di San Carlo)へ。 また、 カタコンベ・ディ・サン・ジェンナーロ (Catacombe di San Gennaro、Spaccanapoli)を訪れて ナポリの守護聖人ジェンナーロが一時的に奉られていた地下墓地の見学や、 ナポリとシチリア王位についていたブルボン王家のナポリの王宮(Palazzo Reale)へもぜひ足を運んでください。

そしてナポリを言えば食事。 パスタ料理もたくさんあります、他にも有名な食べ物はたくさんあります。 しかし、是非食べてみたいのは本場のピザ。 ナポリといえばピザ(マルゲリータ)の発祥地としても有名です。  ナポリに来たらピザを提供するレストランには事欠きません。 しかし、 マルゲリータ というとトマトとモッツァレラチーズの組み合わせですが、それでも真の マルゲリータ はトマトはサンマルツァーノの品種でなければなりません。

ナポリのホテルはこちら

13 マントヴァ

https://www.flickr.com

ヴェローナの南西に位置するマントヴァは、三方を人工湖に囲まれた古代から続くイタリアの都市です。

今の都市はルネッサンス時代の設計思想に基づいて建てられています。 イタリアにはその他にもルネッサンス時代の町並みがありますがマントヴァは成功した都市の一例になります。

マントヴァ に来たら、サンタンドレア大聖堂を訪れたり、テラッツォ宮殿を見たり、ドゥカル宮殿を探索します。それらはすべてとても印象にのこると思います。 位置的にヴェネツィアとボローニャ、そしてミラノからの中心部に有り、移動のついでに見学するには最適な小さな都市になります。

マントヴァのホテルはこちら

 

続きを読む:マントヴァでやるべき最高のこと

14 ミラノ

ファッションの発信地であるミラノは、日本からは直行便があるためイタリアで最も観光のしやすい都市の1つです。

日本でもミラノコレクションで有名で、その期間中はホテルも満杯で宿泊することも難しい状態になります。 ミラノというとファッションが注目されがちですが、観光を考えても密度の濃い都市になります。

ミラノに来たら、サンタマリアデッレグラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie) に収容されている最後の晩餐は必見です。 ミラノのシンボル的なミラノ大聖堂、隣接するヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア (Galleria Vittorio Emanuele II)、そしてミラノを支配していたスフォルツァの居城スフォルツァ (Sforzesco Castello)は、美術館や博物館を内蔵して広大な建物の中には絵画や礼拝堂、甲冑や剣など数多くの展示品があります。

ミラノ観光に一段落した場合には、ミラノ中心部から汽車でわずか50分のコモ湖がお勧めです。 乗り換えせずに行けるコモ湖はスイスの直前に有り、イタリアにいながらスイスの雰囲気を堪能することが出来ます。

ミラノには数多くのホテルが有り、ドォーモ周辺には高級ホテルが建ち並びます。その中でもミラノの中心にあるアルマーニホテルはアルマーニとして初めてのホテルになりますので、是非宿泊したいホテルになります。

ミラノのホテルはこちら

 

続きを読む:ミラノでやるべきこと

15 ピサ

https://www.flickr.com

ピサはヴェネツィアと同じイタリアの4大海港都市の一つに数えられます。 有名なピサの斜塔や、そのエリアでカンポ・ディ・ミラコリ広場も海運で得た資金がなくては作ることが出来なかったと思います。

ピサはフィレンツェから車で約1時間の距離にあり、ツアーやバスも運行しているので、オプショナルツアーなどを利用して訪れる方も多いと思います。 車の場合には大きな駐車場は少なく、パーキングメーターで路上に停める事になります。 ピサの空港発着の 航空会社がありますので、レンタカーを借りるのであれば旅行の拠点としても悪くはないと思います。 もう一点良いところはフィレンツェはホテル代が高いのですが、ピサはホテル代が安いのも魅力に一つです。

ピサは斜塔だけがクローズアップされていますが、他にも見所はたくさんあります。 昔の海港都市の面影は地形が変わったので、今は感じることが出来ません。 しかし、イタリアでも有名な大学が有り、ルネッサンス時代にはイタリアの他の都市やスペイン、フランスなどから学生が来ていたピサ大学は最も古い大学の一つになります。

フィレンツェから流れるアルノ川を散歩するだけでも楽しいと思います。

ピサのホテルはこちら

16 ベルガモ

https://www.flickr.com

ベルガモは個人的にとても気に入っている街です。 城壁に囲まれたベルガモは中世の雰囲気を色濃く残しています。 中世の都市は城壁に囲まれていましたが、今では一部を残すのみでベルガモのように現存している都市は珍しいと思います。

ベルガモは、それ自体で訪れる価値がある美しい場所です。

ミラノからわずか50分のところにあり、車でも汽車でも簡単にアクセスすることが出来ます。イタリアのベスト16都市 特にベルガモの歴史的な地区までは簡単にアクセスできます。到着したら、旧市街のチッタ アルタ (La Citta Alta)を探索したり、サンタマリアマッジョーレ教会を見たり、ヴェッキア広場でエスプレッソを楽しめます。

ベルガモは魅力が凝縮された街で、小さいのでそれほど時間をかけずに観光することが出来ます。 イタリアに行かれたときにはお勧めの街です。

ベルガモのホテルはこちら

 

続きを読む:ベルガモの見所