スポンサードリンク

ANA プレミアムメンバーサービスへ新たな上級会員獲得条件と特典が加わります。

ANAの特典航空券

ANAの上級会員基準が変わります。

ANAに限らず航空会社の上級会員になるためには、その航空会社か提携してマイルを積算できる航空会社のフライトを利用する方法でしか達成基準はありませんでした。

一部のクレジットカードでは、特典として航空会社の上級会員になることもできましたが、例外的なことでした。

先日キャセイパシフィック航空の上級会員基準もクレジットの利用額が関係すると記載しましたが、ANAも同じように上級会員になるための基準が変更になります。

 

ANAプレミアムメンバーサービス 新たなステイタス獲得条件と特典が加わります!

 

ANA プレミアムメンバーサービスへ新たな上級会員獲得条件と特典が加わります。

 

 

2021年12月16日(木)スタート ステイタス獲得条件が変更

ANAではこれまで飛行機の利用によるプレミアムポイントのみが上級会員になるための条件でした。

これからはプレミアムポイントはたしかに基準にはなりますが、その他にANAカードの年間利用額やANAが提供している対象サービス利用することで上級会員の獲得や維持することができるようになります。

 

旅先で、生活のお支払いで、おうちで、お出かけで

ステイタスごとの達成条件

条件1 年間の獲得プレミアムポイント *1(ANAグループ運航便利用分のみ) 15,000 30,000 50,000 80,000 150,000
条件2 ライフソリューションサービス利用数 *2 4サービス以上 7サービス以上 7サービス以上 7サービス以上 7サービス以上
条件3 ANAカード・ANA Pay決済額の総額 *3 300万円 400万円 500万円 400万円 600万円

 

3つの条件に関する対象期間になります。

内容 対象期間
条件1 年間の獲得プレミアムポイント
(ANAグループ運航便利用分のみ)
2022年1月1日(土)~2022年12月31日(土)
条件2 ライフソリューションサービス利用数 2021年12月16日(木)~2022年12月15日(木)
条件3 ANAカード・ANA Pay決済額の総額 2021年12月16日(木)~2022年12月15日(木)

ANAカード・ANA Pay決済額の総額に関しては、単純に利用した金額なのでわかりやすいとともいます。

ライフソリューションサービスとは飛行機の利用以外に、買い物など生活におけるさまざまなANAサービスの総称になります。

対象サービスは12サービスになります。

サービスの利用に関しても、それほど難しい内容ではないので達成することは難しくないと思います。

ライフソリューションサービスANA

 

「ダイヤモンドサービス」+More特典が加わります

「ダイヤモンドサービス」+More特典が加わります!

飛行機のご利用に加えてライフソリューションサービスをより多くご利用いただいた「ダイヤモンドサービス」メンバーのお客様に、通常の特典に加え、さらに2つの特典をご提供いたします。

特典1 ANA SKY コインへの交換が1マイルから特別レート2.0倍
特典2 ANAカードファミリーマイルに登録のご家族1名へ「ダイヤモンドサービス」ステイタスをプレゼント

 

2022年4月ご利用分からスタート ライフソリューションサービスボーナスマイル

ライフソリューションサービスボーナスマイル

2022年4月より、以下の対象サービスを利用することで、通常の3倍マイルを積算することができます。

利用の際にはANAマイレージクラブお客様番号を提示と事前の登録が必要になります。

これまでは飛行機のご利用のみ対象でしたが、これからはさらに日常での対象サービスをご利用の際、通常の3倍マイルを積算!

対象サービス

 

まとめ

ANAカードを日常的に利用して、年間にかなりの金額を使っている方にとっては、非常に有利な条件になります。

そういった方にとっては、今までのプラチナ会員になるためのプレミアムポイントと同じでダイヤモンド会員になることも可能になります。

フライトを利用することも重要ですが、ANAカードを利用することも非常に重要になった、

ANAの新しい上級会員基準になります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。