スポンサードリンク

JAL 東京ーホノルルが55,000円~ 今年の夏こそハワイへ

ハワイ

先日、ゴールデンウィークのニュースでハワイ行きの飛行機が満席近くの混み具合となり、海外旅行の需要が増えていると言っていました。

実際に日本からロサンゼルスやサンフランシスコの西海岸やニューヨークやシカゴの往復便共に混んでいて満席に近い日が増えています。

JALやANAでもこの夏に向けて海外旅行の需要が増えることを見越して、今まで運休していた路線を復活する傾向にあります。

今回はJALのハワイ行きに関して

JAL 東京ーホノルルが55,000円~ 今年の夏こそハワイへ

 

JALのハワイ線運行スケジュール

JALでは6月からハワイ行きの便が増便になります。

また、7月からは大阪~ハワイ線も復活します。

ただし、大阪は毎日ではありません。

7月のスケジュールは以下のようになっています。

JAL 東京ーホノルルが55,000円~ 今年の夏こそハワイへ1

ハワイ往復の運賃

ハワイ行きの運賃が実際にどうなっているのか調べてみました。

7月の最低料金は燃料サーチャージを含めてエコノミークラスで往復93,590円になります。

もちろん出発日によっては2倍くらいの価格になります。

それでも思ったより高くなってはいません。

JAL 東京ーホノルルが55,000円~ 今年の夏こそハワイへ2

ジャルパック 海外ツアーでは

海外旅行の場合はホテルとセットになっているプランを利用する方が多いと思います。

特にハワイのように空港からのアクセスも簡単で送迎の必要もないような観光地では団体ツアーよりも個別に行動できるジャルパックのような商品に人気があります。

団体旅行では午前中に到着後、時間を潰すためにバスツアーを行ったりしますが、個別に予約をするジャルパックなどでは、空港到着後に滞在するホテルに直接向かってチェックインは出来ませんが荷物を預けて、プールやビーチで過ごすことも出来ます。

ジャルパックのタイムセール

ジャルパックではハワイ、アメリカ本土、カナダを対象にタイムセールを行っています。

タイムセールはこちら 

 

JAL 東京ーホノルルが55,000円~ 今年の夏こそハワイへ3

予約期間

2022年5月9日(月)10:00~5月26日(木)23:59

出発対象期間

2022年6月1日(水)~予約日の360日後まで

  • 360日後とは、国内線の乗継便も含め予約日の360日先の最終区間出発までを指します。
  • アメリカ・カナダにおいて、JAL便以外の航空会社を利用する場合は、搭乗日の330日前から(予約日の330日先の”最終区間”出発まで)の予約となります。

割引対象

ハワイ(ホノルルのみ)、アメリカ・カナダ

  • 日本国内線をご利用の場合も割引対象となります。

<対象外>

  • 関空・名古屋⇔ホノルル線利用
  • 2都市滞在
  • グアム
  • アメリカ(マイアミ、フェニックス、フィラデルフィア、ワシントン)、カナダ(トロント)
  • コードシェア便(便名がJL5000番台・6000番台・7000番台)を片道または往復利用

割引額

お1人様につき10,000円(大人・こども・添い寝)※幼児は対象外

 

JAL 東京ーホノルルが55,000円~ 今年の夏こそハワイへ4

 

まとめ

6月から政府が発表している入国に関する規制緩和が、実際にPCR検査のために空港待機まで無くなるようなら、海外旅行も行きやすくなります。

日本からアメリカやハワイに行くときの規制は1日前のPCR検査で陰性を証明する位なので、行くことに関してはほとんど問題にはなりません。

価格的にもハワイに関しては新型コロナウィルスが拡大する前の価格に近い設定でパック商品を販売しています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。