スポンサードリンク

ヨーロッパはフライトおよび空港でのフェイスマスク着用が不要になります。

イタリア

現在、日本は、帰国する日本人を含め、6月の1日あたりの到着上限を1万人から2万人に倍増しています。

入国に関する規制や検査も6月に見直すと言われています。

EUでフライトおよび空港でのフェイスマスク着用が不要

一方、EUではヨーロッパでのフライトおよび空港でのフェイスマスク着用が不要になります。

EUは空の旅に関連するフェイスマスクの義務を廃止します。

2022年5月16日から、ヨーロッパのフライトではフェイスマスクの着用が不要になります。

一部のEU諸国では、公共交通機関や空港などの駅でフェイスマスクを着用することを義務付ける個別の法律がすでに緩和されています。

世界中の多くの国がアメリカをはじめ飛行機のマスクを廃止しています。

EUでも最初に連邦裁判官がマスクの義務は違法であると結論付けたことによります。

欧州連合は、欧州連合航空安全機関(EASA)および欧州疾病予防管理センター(ECDC)が発表したように、2022年5月16日以降、飛行機および空港でマスクを着用する必要がなくなります。

国際線に関する非EU諸国の規制に基づく要件は引き続き存在し、それらはEUの規則とは異なる場合があるため、公開された情報に注意を払い、飛行前に調査を行う必要があります。

アメリカでの現状

アメリカもマスク着用を強制するのは違法との判決を受けて、マスク着用の義務は無くなりました。

3月にアメリカに行ったときには、まだ帰省中のため野外の場所以外ではほとんどの人がマスクをしていました。

4月に行った時には、空港でもマスクをしていない人が多くなり、空港周辺のホテルに向かうシャトルバスでは半分くらいの人がマスクをしていませんでした。

マスクをしているのはアジア系や中東系の人が多かったので、アメリカ人のマスク装着率は低いと思います。

空港のスタッフや飛行機のクルーに限っては、ほぼマスクはしていませんでした。

 

日本の現状

日本政府は、海外からの到着の上限を6月に1日2万人に倍増することを計画しています。

ゴールデンウィーク後、空港の検疫インフラと国内感染の状況を調査した後、緩和が進むことが期待されています。

また、政府は、外国人観光客の段階的な受け入れ拡大を視野に入れて、今月中に小​​規模ツアーを試行して観光客を受け入れることを検討している。

先進7カ国中で最も厳しい新型コロナウィルスのための国境措置を採用した日本は、再開を迫られています。

日本は完全にワクチン接種された観光客にゆっくりと開放し始めるようですが、最初は許可される数はかなり少ないと思います。

現在、日本企業からの招待を受けたビジネス旅行者はビザで入国できます。

これは、留学や職業訓練に参加する留学生にも当てはまります。

日本は海外からほとんどの旅行制限を撤廃しましたが、同時にすべての人にビザの必要条件を制定しましたので、入国のハードルは高くなっています。

同時に日本国籍の方が帰国する際の空港での煩雑な手続きとPCR検査に関しても見直す方向で検討されているようです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。