スポンサードリンク

フランスは2021年6月9日からワクチン接種済みの観光客を歓迎

Franceフランス

フランスは2021年6月9日からワクチン接種済みの観光客を歓迎

 

フランスは、2021年6月9日からEU/AA以外のワクチン接種済みの旅行者を歓迎すると発表し、国毎やワクチン接種に関するガイドラインを発行しました。

6月9日から、国毎の感染状況や旅行者のワクチン接種状況に応じて異なる方法で、フランスと外国間の旅行者の交流が再開されます。

国の分類は、感染状況に基づいて決定されています。

国のリストは、流行状況の進展に応じて変更になる可能性があります

 

国毎の対応状況

フランスは2021年6月9日からワクチン接種済みの観光客を歓迎

 

「緑」の国

ウイルスの活発な循環ではない国、ワクチン接種者の検査は不要。

ヨーロッパ地域、オーストラリア、韓国、イスラエル、日本、レバノン、ニュージーランド、シンガポール。

緑 & ワクチン未接種: 72 時間以内に PCR-RT/抗原検査が必要

「オレンジ」の国

心配な亜種の拡散なしに、制御された割合でウイルスが活発に循環します。

「緑」および「赤」として定義された国を除くすべての国。

オレンジ色および完全ワクチン接種済み: PCR-RT (72 時間)/抗原 (48 時間) 検査が必要

オレンジ色 & 予防接種を受けていない:やむを得ない理由が必要、陰性検査と 7 日間の検疫

「赤い」国

活発なウイルス感染状況、観光客は許可されません。説得力のある理由、検査、ワクチン接種の有無に応じて 7 日間または 10 日間の検疫が必要です。ただし、乗り継ぎはできます。

  • アルゼンチン、バーレーン、バングラデシュ、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、インド、ネパール、パキスタン、スリランカ、スリナム、トルコ、ウルグアイ、南アフリカ。

 

フランスで認められているワクチン

 

フランスで承認されたワクチンは、欧州機関によって承認されたものです。

医薬品 (EMA): ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン。

• 2 回目の注射から 2 週間後 2 回注射ワクチン (ファイザー、モダーナ、アストラゼネカ);

• 1 回の注射によるワクチンの場合は、注射後 4 週間 (Johnson & Johnson)。

• Covid-19 の既往歴のある人へのワクチンの注射から 2 週間後 (必要な注射は 1 回のみ)。

 

EU内での旅行

EU内を旅行するには、現在、旅行の理由の証明を提供する必要はありませんが、事前のテスト義務が必要です。

7 月 1 日から、ヘルス パスは欧州域内の旅行で、欧州証明書の形で認められます。

証明書には、ワクチン接種の証明、陰性の検査結果、または生後 6 か月未満の新型コロナウイルスからの回復の証明が含まれる場合があります。

必要かつ適切な場合、追加の健康対策を確立することもできます (例: 検査、検疫など)。

 

まとめ

日本人でワクチンを接種した方は検査や検疫無くヨーロッパに観光旅行が今のところ可能です。

基本的にはフランスの方針はEU全体の方針に準拠していますので、多少の違いがあってもイタリアやドイツ、スペインなどでも同じ対応になると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です