スポンサードリンク

台湾は2022年10月10日に入国条件の検疫を廃止するのか?

台湾

台湾の高官が入国条件に関する発言を行っています。

現在、台湾に入国する際には3日間のホテルを利用した検疫とそれに続く4日間のセルフによる経過観察の 3 + 4 モデルになっています。

変更になった場合、検疫なしでセルフによる経過観察のみの 0 + 7 に変更されることになるのが有力です。

変更時期としては2022年10月10日になるのでないかと言われています。

 

2022年10月10日からの変更点

台湾のPTT で共有された画像:

 

また、到着時PCR-RT検査から自己投与迅速抗原検査への変更の可能性もあります。

台湾政府はまた、到着する乗客の週ごとの上限を引き上げ、以前に適用されていたすべての国に対してビザなしの入国を復活させることを計画しています。

おそらく、これらの変更は10月3日までに発表されると思われます。

これらの変更はすべて政府内の議論であり、これらの変更が予想されている日付に正確に実施されるのかは不透明です。

しかし、10月に台湾が検疫なしで、自己投与型迅速抗原検査のみで海外からの到着を再開する可能性が非常に高いことは明らかです.

香港でも入国に関する規制が緩和される可能性が高く

香港

中国も経済的損失の大きいゼロコロナ制作を見直す時期に来ているのかもしれません。

これら中華圏の入国条件が緩和されると、ほとんどの国で以前と同じように旅行をすることが出来ます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。