スポンサードリンク

ハワイは6月まで観光客に対して閉ざされる可能性があります

ハワイ

日本から最も人気のある旅行先ハワイの最も魅力的な点の1つは、美しい自然です。

島毎に特徴があり、観光客を受け入れる環境が整っています。

ハワイにはフキパ(ホスピタリティ)の長い歴史があり、アロハスピリットを共有することが出来ます。

報道では、ハワイで新型コロナウィルスに637人の感染者が確認されています。

最も多い414件がオアフ島で発生しています。マウイでは117件のケースがあります。ビッグアイランドでは75件、カウアイでは21件。さらに10人の居住者が州外でウイルスに感染していると診断されました。

ハワイの医療能力は脆弱なため、新型コロナウィルスに対処する方法として、ハワイへの旅行を延期するように要請しています。

14日間の自己検疫があります

2020年3月26日、彼はハワイを新しいコロナウイルスの脅威から守る緊急ルールを発行しました。

観光客または居住者が島に到着したり、島間を旅行したりする場合に14日間の自己検疫が含まれています。

この2週間の自己検疫ルールは、現在5月31日に期限が切れるように設定されています。

ただし、今の状況では延長が予定されています。

到着時の在宅命令と強制検疫は6月まで延長される可能性が高いと言われています。

現在の制限は緩和される方向で、美容院やレストランは再開される可能性があります。

今のところ影響を受けるのは観光客だけではありません。

居住者も医療や食料品の買い物、レストランでのテイクアウトなどの必要な行動以外は外出を認めていません。

この期間中は、プール内、フィットネスセンター、レストランなどのパブリックスペースは、ホテル内であっても隔離する必要があります。

先日もアメリカ本土からの観光客は検疫を破ったとして逮捕されました。

故意または故意に検疫を破った人は軽犯罪の有罪判決を受ける可能性があります。つまり、最高で5,000ドルの罰金、または最高で1年の刑期になる可能性があります。

レンタカー会社はこの強制検疫の対象となる人に車両をレンタルすることを禁止されています。

ハワイのセーフトラベルシステムに登録する

州に旅行し、自己検疫を遵守する場合は、safetravels.hawaii.旅行システムに登録する必要があります

到着の少なくとも72時間前にこれを行ってください。登録確認ページを表示するよう求められるため、登録ページを印刷すると空港での手続きが速くなります。

検疫に入ると、健康状態を報告するためにアプリを毎日チェックインする必要があります。

自己検疫ルールの期限が切れた後でも、このアプリが今後も何らかの形で継続して使用される可能性はあります。

フェイスマスクを着用する必要があります

4月17日、ハワイの知事は、ショップを訪れる人にフェイスマスクの着用を命じました。(従業員もマスクを着用する必要があります。)

公共交通機関に乗るときは、顔を覆うカバーも着用する必要があります。

したがって、2週間の検疫を経過したに滞在できたとしても、ハワイでの滞在は、3月までとは違っています。

ハワイ各島の追加のルール

オアフカウアイマウイ郡(マウイ、モロカイ、ラナイ)およびビッグアイランドのハワイ島はすべて、バー、レストラン、どの公園やビーチが利用できるか、具体的なガイドラインと指示を行っています

島に旅行する場合は、これらのガイドラインと州の検疫に注意する必要があります。

オアフ島とカウアイ島の両方ですでに6月30日まで自粛が延長されていいます。

これは、現在5月31日に期限が切れるように設定されている他の島よりも厳しい条件です。

オアフ島のルール

  • 自粛期間は6月30日まで延長されました。
  • 徒歩、自転車、スクーター、オートバイ、自動車、公共交通機関を含むすべての移動は、最低限必要な活動を除いて禁止されています。
  • ホノルルのすべての市および郡の公園は、運動などのために限定した時間のみ。

オアフ島への旅行に関する最新のルール

ハワイの非競技フラフェスティバルの中で最古のイベントです。

カウアイ島のルール

  • 自粛期間は6月30日まで延長されました。
  • ビーチ閉鎖は、カウアイ郡には適用されません。ビーチは制限付きで開いています。すべてのグループは、同じ住所を共有する単一の住宅または家族単位に制限されています。10人を超えるグループは許可されません。ビーチを使用する人は、社会的距離の要件を順守する必要があります。ビーチは日の出の30分前から日没の30分後までしか使用できません。

カウアイ島への旅行に関する最新のルール

マウイ郡のルール

  • すべてのバー、ナイトクラブ、劇場、公共の集会場、観光スポットは閉鎖されています。
  • 5月16日現在、郡内の約60の公園が運動用に再開された。マウイ島の利用できるビーチのリストです
  • レストランとカフェは閉鎖されていますが、テイクアウトとデリバリーを提供しています。
  • 徒歩、自転車、スクーター、オートバイ、自動車、公共交通機関を含むすべての移動は、最低限必要な活動を除いて禁止されています。

マウイへの旅行に関する最新のルール

ビッグアイランドのルール

  • ベッドアンドブレックファスト、短期休暇のレンタル、タイムシェアは、医療関係者、応急対応者、または重要な取引に従事する労働者を収容する場合を除いて、運用を停止しています。
  • ハワイ郡の公園とレクリエーション施設はすべて閉鎖されています。
  • ヒロベイフロントトレイル、カウマナラニパーク(ホクラニ)、マチャドエーカーズパーク、ワイオヒヌパーク、クラレンスラムウォンパーク、ワルアトレイルは、ウォーキング、ジョギング、ランニングのために制限付きで開いています。
  • 次のビーチは、運動、釣り、トイレ/シャワーの使用は可能です:カハルウビーチパーク、マジックサンズビーチパーク、ワイハハベイビーチパーク、カワイハエカヌーエリア、ホノリイビーチパーク、カイパラオアランディングビーチパーク、ベイフロントパーク、リーズベイビーチパーク、リリウオカラニガーデン、リチャードソンオーシャンパーク、カールスミスビーチパーク、マフコナワーフ(公園セクションは含まれません)。
  • ヒロミュニシパルゴルフコースが5月11日に再開され、社会的距離の要件に関する規則が変更されました。

ビッグアイランドへの旅行に関する最新のルール

多くのホテルは閉鎖中

島全体の多くのホテルは現在閉鎖されています。

ハワイでポイントを使ったホテルでの滞在

グランドワイレアのような一部のホテルは5月30日以降の予約を受け付けていますが、ザリッツカールトン、カパルアのような他のホテルは7月1日以降の予約を受け付けていません。

6月または7月のご予約の場合、営業日は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • マウイ島で休業中のホテル: アンダーズマウイ、グランドワイレア、ハイアットリージェンシーマウイリゾート&スパ、ザリッツカールトンカパルア、シェラトンマウイ、ウェスティンマウイ、その他多数
  • オアフ島で休業中のホテル: ディズニーズアウラニヒルトンハワイアンビレッジワイキキビーチリゾートロイヤルハワイアン、ワイキキビーチマリオット、ウェスティンモアナサーフライダー、その他多数
  • カウアイで休業中のホテル: グランドハイアットカウアイリゾートカウアイマリオットリゾート、シェラトンカウアイポイプ、クラブウィンダムバリハイヴィラズ、その他多数
  • ビッグアイランドで休業中のホテル:コートヤードキングカメハメハのコナビーチホテル、フォーシーズンズリゾートフアラライ、ヒルトンワイコロアビレッジマウナケアビーチホテルウェスティンハプナなど

レストラン

レストランとカフェは閉鎖されていますが、テイクアウトとデリバリーを提供することはできます。

アトラクションやアクティビティは?

ハワイ諸島では多くのアトラクションがまだ閉鎖されています。

しかし、5月6日、一部の州立公園とアクティビティの再開を発表しました。

社会的距離の要件はまだ整っており、すべてのレクリエーションエリアが開いているわけではありませんが、再開への段階が始まっています。集会、ピクニック、キャンプなどはまだ許可されていません。

ビーチは閉鎖されています

マリオットのカテゴリ変更に伴うハワイの影響

ビーチは、運動、釣り、バーベキューなどはオープンしています。水泳、サーフィン、パドリングの準備があります。基本的に社会的距離を守る必要があります。

まとめ

ほとんどの旅行者にとって、ハワイはコロナウイルスの感染を阻止するために制定されている制限のため、訪れることが出来ません。

もちろん、今は旅行を考える方も少ないと思いますが、ハワイで設定されているいくつかのルールは新型コロナウィルスの影響がなくなった後も残るかもしれません。

また、解除や開放も段階的になり、島の状況にもよりますので違ってくると思います。

状況を見るとオアフ島は最後まで解除が遅れると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です