スポンサードリンク

イタリアは6月3日から観光客を受け入れます。

イタリア

各国の新型コロナウィルスの感染がなくなったわけではありませんが、ロックダウンが終了し、日常的な生活をしつつ感染を抑える方向に向かっているように思います。

日本から海外に旅行を計画する時期にはまだ早いと思いますが、新型コロナウィルスの中心地になっているヨーロッパでも夏のベストシーズンに向けて観光客を受け入れるための方針を発表しています。

イタリアは、 6月3日から海外との行き来を許可する計画であることを発表しました。さらに、5月18日に新しい社会的距離ルールに基づいて国内旅行が再び許可され、ショップやレストランが再開します。

営業を再開する予定はショップ、バー、レストランのほか、人々が州などの地域内で旅行や移動、友人や家族と会うことができるようになることも発表しています。

発表は、世界で3番目に高いイタリアでのコロナウイルスによる死者が先週末には153人になり、3月9日以来最低となったためです。

イタリアがヨーロッパで最も厳格な封鎖の1つによる規制を緩和し始めてからほぼ2週間後になります。

イタリアは、コロナウイルス感染の急増と多くの犠牲者を出した国として、封鎖をした最初のヨーロッパの国になります。

他の国やアメリカの州とは異なり、イタリア政府は到着時の 14日間の検疫は必須ではないと述べています

ただし、サルデーニャやカンパニアなどの地域の知事は、健康パスポートを検討し、独自の14日間の検疫要件を課しています。

公共の場所での必要以上の密集は引き続き禁止されます。

何カ月ものロックダウンの後、多くの国が夏の観光シーズンから通常に戻ることを検討しています。

ギリシャはまた、3つの部分からなる段階を経て正常に戻る限り、この夏に観光客を受け入れる計画を発表しました。

出版時点で、イタリアおよびヨーロッパに対する旅行は、お勧めは出来ません。

今後の状況によって変化はすると思いますが新型コロナウィルスが終息する事を前提に各国は経済活動を再開する方向です。

イタリアでは、2月21日にロンバルディア北部地域でこの疾患が最初に発生して以来、31,800人の新型コロナウィルスで亡くなり、アメリカとイギリスに次いで世界で最も多い人数になります。

新型コロナウィルスを封じ込めるために、イタリアは3月に全国的な移動制限を課した最初のヨーロッパの国であり、5月4日まで工場や公園の再開を許可するまで、規則の緩和を行いませんでした。

大規模な集会は依然として禁止されますが、教会やその他の宗教的サービスが再開され、美術館やギャラリーも利用できます。

ジム、スイミングプール、スポーツセンターは5月25日に再開され、劇場や映画館は6月15日から再開されます。

経済は深刻な不況に直面しており、公的債務は年間経済生産量の150%以上に急増すると予想されているため、政府は流行の第2波を引き起こさずに国を復活しなければ別の問題が顕著化していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です