スポンサードリンク

カルフォルニアのディズニーランドにスターウォーズがオープン「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」

カルフォルニア ロサンゼルス空港から車で40分ほど離れたアナハイムにあるディズニーランドにスターウォーズのエリアが先月末にオープンしました。
ジェダイになってダークサイドと戦ったり、ミレニアムファルコンを操縦したり、自分専用のライトセーバーを作成したり(ジェダイはそれぞれオリジナルのライトセーバーを持っている)とスターウォーズの世界に浸ることができます。
1カルフォルニアのディズニーランドにスターウォーズがオープン

カリフォルニアので最も人気のあるディズニーランドは空港からのアクセスも楽で、周りには大小さまざまのホテルが併設されているので、宿泊していても徒歩、もしくはシャトルバスでディズニーランドにアクセスすることができます。
カリフォルニアのディズニーランドは夜中の12時まで営業しているので、ゆっくり回っても2つあるパークを満喫することができます。
チケット代は1日1パーク限定の「ベースチケット」
ディズニーランド・パークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークに1日何回でも再入場ができる「ホッパーチケット」
があります。
だいたい観光客は「ホッパーチケット」を購入することが多いのですが、金額は2日間で約25,000円程になります。
3日目以降は30,000円後半になり、5日間までそれほど金額の変化はありません。
先月末にオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」はアメリカ人にとっては待ちに待ったテーマパークになります。
スターウォーズ:ギャラクシーエッジとは?
スターウォーズ:ギャラクシーエッジは、2019年5月31日にディズニーランドのパークにオープンしたばかりの新しいエリアです。
ディズニーは、今後フロリダのウォルトディズニーワールドのディズニーのハリウッドスタジオで8月29日にカリフォルニアとほぼ同じ内容でスターウォーズ:ギャラクシーエッジをオープンする予定です。
エリアは架空の惑星BatuuBlack にあるSpire Outpostと呼ばれる集落に設定されています。
スターウォーズの映画には出てこない惑星と場所になります。
しかし、完全にスターウォーズの世界観を再現しています。
先月末にオープンしましたが、予約には制限があり、ディズニーは、6月23日までパークチケットのほかにスターウォーズ:ギャラクシーエッジの予約も別に必要でした。
しかし、残念ながら予約の受付は終了しましたので、今はディズニー直営の3つのホテルに宿泊したゲストのみが入場することができます。
6月23日以降は特に予約は必要ないようですが、日によっては入場制限がかかることが予想されます。
その際には公式アプリを通じて調整していくようです。
今でも入場できる3つのホテルは
ディズニーズグランドカリフォルニアンホテル、ディズニーズパラダイスピアホテル、またはディズニーランドホテルになります。
スターウォーズ:ギャラクシーエッジのテーマ
フロリダのディズニーアニマルキングダムのパンドラ – アバターに行ったことがあれば、おそらくディズニーがパークの潜在力を引き上げて新しい体験を提供することが実感できると思います。
スターウォーズ:ギャラクシーエッジは、少なくともそういったエリアと同じくらいよいテーマになっています。
しかも、テーマがアバターよりもアメリカ人には3大サーガの一つといわれるスターウォーズであれば、より魅力的な目的地になると思います。
スターウォーズのスーパーファンでないとしても十分楽しめるテーマになります。
アメリカのディズニーランドでは、今までにもスターウォーズの乗り物などアトラクションはありませんでしたが、常設ではないかもしれませんがちょっとした舞台があり劇のアトラクションを行っていました。
その時にダースベイダーが登場すると観客から歓声が上がるほどなので(特に大人が)、日本人にはわからない感情があることは確かです。
1カルフォルニアのディズニーランドにスターウォーズがオープン1
スターウォーズ:ギャラクシーエッジのエリアに足を踏み入れと、すべての場所が現実のものと感じるほどのリアルさで、細かいところの造形も、非常にリアルに再現されているので間違いなく別の惑星に存在しているように感じます。
しかし、テーマパークを訪れる人は、美しい背景を見たいだけではなく、スターウォーズにふさわしいアトラクションや乗り物を期待します。
現在利用できるのはMillennium Falcon:Smugglers Runになります。
スターウォーズのといえばミレニアムファルコンですが、そのミレニアムファルコンに乗ってパイロット、射撃、エンジニアのどれかの役割を分担して冒険をすることになります。
1カルフォルニアのディズニーランドにスターウォーズがオープン2
操縦や射撃の内容によって進むべき道は変わっていくようです。
それぞれの役割は最初に決定されるので、あとから変更はできません。
多分、ほとんどの人がパイロットを希望すると思いますが、こればかりは運によります。
今後2019年の秋になると思いますが、スターウォーズ – レジスタンスが新しい乗り物として登場する予定にないrます。
スターウォーズ:ギャラクシーエッジは映画の世界にどっぷりとはまってジェダイのローブを身にまとい、オリジナルのライトセーバーを持ってスターウォーズ関連のイベントには必ず出席するようなコアなファンから映画を見ていない、なんのことだかわからない人まできっとみんな楽しめると思います。
ただし、前に行った時には営業時間が長いのと、何回か行っているので1日の「ホッパーチケット」で十分でしたが、スターウォーズ:ギャラクシーエッジが増えたことにより、最低でも2日間、初めて行く方は3日間のチケットが必要になってくると思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です