スポンサードリンク

ハワイで2020年8月1日から新型コロナウィルス陰性証明で14日間の自己隔離措置を免除

ハワイ

8月1日以降、ハワイ空港に到着する前に新型コロナウィルスのテストの結果が陰性(最大72時間)である旅行者は、14日間の検疫の対象にはならないと述べています。

到着前にPCRテストを受ける必要があります。

空港でテストは行​​われないようです。

8月以降は14日間の強制検疫の代わりに、ハワイへの旅行者のために旅行前のテストプログラムを実施します。

 

ヒルトンオナーズのポイント

報道発表時点で、ハワイでは835人の感染が確認されています。

最も多い584件はオアフ島で発生しています。マウイでは122件、ビッグアイランドでは86、カウアイでは29。さらに10人の居住者が州外でウイルスと診断されました。

ハワイでは、新型コロナウィルスに起因する死者が17人います。

島々の旅行情報のメインハブであるGoHawaii.comにアクセスすると、次のようなアナウンスが表示されます。

「専門家と私たちの医療システム。小さな離島のコミュニティとして、私たちの居住者は特に新型コロナウィルスの危機に対して脆弱です。ハワイ州知事デイビッドイゲは、あなたがハワイへの旅行を延期して、この健康危機に対処する機会を私たちに与えることを求めました。」

 

現在、ハワイはまだ旅行による訪問者に対して規制が強く、到着時に少なくとも7月31日まで有効な強制検疫があります。

関連:ハワイは7月末まで14日間の検疫を延長 ハワイの現状

2018年には、ハワイへの訪問者数は約1,000万人でした。

観光が再開された場合に訪問者がハワイの空港に到着するときに、毎月100万人近くの訪問者が飛行機で到着するため、ハワイの空港に到着するときにテストすることは実質不可能になります。

これが、ハワイの空港での到着時のテストが当面の間、除外されている理由になります。

ただし、今回の検疫機関が免除になるのはアジアや太平洋地域の新型コロナウイルスの感染者がほとんどない地域に限られる可能性があり、今回のように事前に検査を受けて証明された方には検疫を免除する方法は当分続くと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です