スポンサードリンク

新型コロナウィルスのアジア各国における旅行者に対する受け入れ状況

香港のストライキ

新型コロナウィルスの影響で各国とも旅行者の受け入れを停止しています。

早い国では5月後半から受け入れを開始している国がありますが、未だに受け入れを行っていない国もあります。

今回はアジア各国の状況を調べてみました。

アジア各国の状況

カンボジア

カンボジアは再び旅行者に開放され始めています。

5月20日、カンボジアはアメリカ、フランス、イラン、イタリア、ドイツ、スペイン6か国からの観光客に入国を認めました。

ただし、厳しい制限があり、すべての旅行者は、カンボジアに到着してから3日以内に新型コロナウィルスではないことを証明するテストが必要になります。

また、到着時に14日間隔離する必要があります。

観光客はまた、50,000ドル相当の健康保険に加入していることを証明する必要があります。

中国

昨年末に新型コロナウィルスの発生が始まったのは中国ですが、中国政府は発生のピークを過ぎたと述べています。

中国は、ほぼすべての外国人の入国を一時停止し、3月に同国を発着する国際線の旅客数を大幅に削減し、厳格な旅行対策が引き続き実施されています。

健康であることが証明された人々は、一般的に動き回ることができますが 、スマートフォンのアプリを介して行動が追跡されており、公共の場所では体温チェックが一般的です。

中国は14か国との旅行の再開について話し合ったようで、計画には一部のビジネス旅行者を迅速に追跡する、いわゆる「グリーンレーン」の作成が含まれるようです。

国外からの観光客はまだ再開されておらず、いつ再開されるかについてのタイムラインはありません。

香港

Hong Kong香港

https://www.flickr.com/

6月1日から香港(HKG)の「同じ航空会社グループ」のフライト間で乗り継ぎを利用できます。

日本からの利用者出発空港で最終目的地までチェックインし、香港空港にいる間はマスクを着用する必要があります。

まだ、香港在住ではない方は香港を目的とした旅程は禁じられています。

さらに、香港を経由して中国本土の目的地に移動することはできません。

その期間を発表では9月までとしています。

もちろん状況によって延長になる可能性がある期間になります。

現状では旅行者の受け入れは行わず、香港特別行政区の住民と永住者は、空港で新型コロナウィルスのテストを通過し、その後14日間隔離される必要があります。

空港での新型コロナウィルスのテスト後、14日間隔離する必要があるという現在の要件は非常に厳しいものです。

インド

インドは3月に、外国人の入国を禁止することを発表しました。国際便の運休は解除されましたが、人道的または本質的な旅行のみが対象です。

アメリカ大使館は、5,000人以上のアメリカ人を帰国させた後、5月5日の時点でインドからの本国送還を終了したと述べた。

インドは国内の封鎖を緩和し始めてい  ましたが、いつ部外者が再び歓迎されるかもしれないかについては何も発表されていません。

国のために整ったシェルターが5月18日まで延長されました。

COVID-19による死亡は少なくとも1,100人いますが、実際の死亡者数はそれよりも高いと考えられています。

インドネシア

世界で4番目に人口の多いインドネシアの死者数は現在、1,000人に迫っています。

現在、旅行は禁止されていますが、政府は8月初旬までに経済を完全に再開しようとしています。

現在のところ、バリを含む外国人の入国は禁じられています。

マカオ

Macauマカオ
https://www.flickr.com/

マカオでは、中国本土、香港、台湾以外の場所からの旅行は制限されています。

マレーシア

Malaysiaマレーシア
https://www.flickr.com/

マレーシアは全国的な閉鎖にともなって3月半ばに観光客の入国を禁止しました。

マレーシアでは、ほとんどの企業の営業は5月上旬に再開することができました。

しかし、まだ旅行者には入国をしないように規制しています。

実際、この制限を少なくとも6月9日まで延長しました。

マレーシアのムヒディンヤシン首相は、国内旅行に関するいくつかの制限を緩和しました。

マレーシアの保健局長であるDatuk Dr Noor Hisham Abdullah氏は、国境の再開は、規制が緩やかに緩和されるため、国が行う最後の措置であると述べました。

マレーシアでは外国人(マレーシア人の配偶者を除く)は、居住ビザを持っている場合でも、入国を禁じられています。

マレーシア国籍を持っているものだけが入国を許可されています。

フィリピン

Philippinesフィリピン

https://www.flickr.com/

フィリピンのドゥテルテ大統領は、5月中旬までマニラおよびその他の高リスク地域の封鎖を延長しました。

海外旅行者の禁止は 3月22日に発効しました。確認された症例は10,000件を超え、その大部分はマニラで発生しています。

入国管理局では5月11日、外国人の入国は現在禁止されていると伝えています。

「フィリピン人、外国の配偶者と子供、認定された外国政府と国際機関の職員、そして外国の航空会社の乗務員だけが、フィリピンに入国する資格を維持する」と

シンガポール

Sinapore 2019年9月。(クリント・ヘンダーソン/ザ・ポイント・ガイ撮影)

シンガポールは、外国からの訪問者のスクリーニングといくつかの最初の検疫を実施しました。

連絡先の追跡により、感染者数と死亡率は低く抑えられました。

また、広範囲にわたるテストと追跡が新型コロナウィルスの減少につながった後、ロックダウンを緩和した最初の国の1つでもありました。

しかし、新型コロナウィルスの再流行により、厳しい規制が再度課せられました。

シンガポールの国境は現在、訪問者に対して完全に閉鎖されており、トランジットの乗客も許可していません。制限の終了日は未定です。

韓国

韓国と中国、両国間の一部の出張を許可することに合意しました。

台湾

Taiwan台湾

https://www.flickr.com/

台湾は、コロ​​ナウイルスの発生に対して世界で最も成功した対応を行った国のひとつになります。

しかし、封じ込めの成功には、他の国からの旅行者の数を大幅に制限することが含まれます。

そのため、台湾は3月19日の時点で海外旅行者を禁止しています。

これには、他の目的地に向かう途中で空港を通過するすべての乗客が含まれます。

タイ

Thailandタイ

https://www.flickr.com/

タイは3月下旬に国境を閉鎖しました。

少なくとも5月31日までは緊急事態を継続し、全国的に自粛を行っています。

7月末までに国境が再開することを期待しています。

人気の観光地であるプーケットは、バンコクと同様に、コロナウイルスの流行に関する中心地となっています。

これらの2つの地域は、再開するにしても最後になります。

現状では、2021年までタイへの観光業の回復を期待できません。

バンコクエアウェイズは5月15日に国内線の飛行を再開しました。

ベトナム

ベトナムはゆっくりと再開する過程にありますが、外国人は歓迎されておらず、いつ変更されるかについてのタイムラインはありません。

一部の観光的なアトラクションは再開しましたが、3月22日から外国人は入国を禁止されています。

ベトナムの新型コロナウィルスの感染者は300人に満たず、死亡はゼロでした。

現在、旅行者の受け入れに関して中国と韓国2国との協議を行っているようなので、最初に入国を許されるのはこの2国になると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です