スポンサードリンク

新型コロナウィルスのヨーロッパ各国における旅行者に対する受け入れ状況

新型コロナウィルスの影響で各国とも旅行者の受け入れを停止しています。

早い国では5月後半から受け入れを開始している国がありますが、未だに受け入れを行っていない国もあります。

今回はヨーロッパ各国(特に西ヨーロッパ)の状況を調べてみました。

ヨーロッパ各国の状況

オーストリア

Austriaオーストリア
https://www.flickr.com/

オーストリアの小さなお店は4月14日に再開し、すべての取引は5月1日から許可されています。レストランは5月中旬に始まり、ホテルは5月29日から営業しています。

5月下旬から、オーストリア政府は現在、新型コロナウィルスの検査を実施。これは、現在オーストリアへの入国が許可されている少数の国に適用されています。

テストはドイツ語または英語で書かれ、旅行の出発日から4日以内の日付になります。

ワクチンがあるまで旅行は許可されないという情報もありましたが、政府はその提案を撤回したようです。

オーストリア政府は、この夏、観光による外国人の受け入れを「慎重に」再開するつもりであると述べていますが、詳細はに関しては決まっておらず、感染率の低い近隣諸国からの訪問のみが許可されると思われます。

5月13日、オーストリアとドイツの間の3つの国境検問所が再開しましたが、観光での入国は引き続き立ち入り禁止です。

欧州連合の市民と居住者はオーストリアへの入国が許可されますが、到着から4日以内に新型コロナウィルスの検査が陰性であることを証明できなければならず、強制検疫の対象となります。

一部の国境は、近隣のEU諸国のみに再開されています。

ベルギー

Belgiumベルギー
https://www.flickr.com/

ベルギーは新型コロナウィルスの流行から早い段階ですべての海外旅行を禁じました。

入国が許可された旅行者(厳格な制限があります)は、14日間自己検疫する必要があります。

その後ベルギーでは5月4日に厳格な封鎖を緩和し始め、段階的に国の一部を開放し続けますが、シェンゲン圏外からの場合、観光などの入国は許可されていません。

シェンゲン圏内を旅行している場合、6月15日からEU諸国との国境をすべて再開したときに、ベルギーに立ち寄ることができます。

エリア外の国からの旅行はまだ制限されています。

6月8日には、社会的距離をとったレストランやバーなど、ベルギーのほとんどのビジネスが再開されます。

フィンランド

Finlandフィンランド
https://www.flickr.com/

フィンランドは観光客を受け入れておらず、厳しい国境管理が実施されています。

5月14日以降、ヨーロッパのシェンゲン国境地帯への旅行は徐々に許可されますが、旅行者は含まれません。

観光の再開がいつ許可されるかは不明です。

フライトは、社会的距離の措置が実施されている3つの空港にのみが機能しています。

フランス

Franceフランス
https://www.flickr.com/

152,000人の感染者と29,065人の死者が出て、コロナウイルスの影響を特に強く受けている国のひとつフランスからのいくつかの良いニュースとしてエマニュエルマクロン大統領は、厳格な封鎖が5月11日以降に終わりを迎え、フランスの国内旅行が再び許可される様です。

国はゆっくりと再開し、商店、学校、そしていくつかの市場が再開することを許可されます。フランスでは依然として公共交通機関にフェイスマスクが必要であり、在宅勤務は少なくとも数週間は推奨されています。

フランスは、いくつかのレストラン、美術館、公共交通機関がいわゆるグリーンゾーンで再開され、正常に戻る予定です。

ルーブル美術館は7月6日にオープンする予定です。

フランスは、6月15日から他の国からの旅行者受け入れを再開する予定で、英国またはスペインから入国した場合は、14日間の自発的な検疫が行われます。

フランスの居住者は、7月と8月の間、国内で自由に休暇をとることができます。

シェンゲン協定加盟国以外からフランスに到着する旅行者は今のところ入国できません。

しかし、ほとんどの外国人に対するEUの禁止は6月15日に期限切れになる予定です。

3月31日から閉鎖されているパリ・オルリー空港は、6月26日に商用旅客便を再開します。

 

ドイツ

Germanyドイツ
https://www.flickr.com/

ドイツの死亡者数は、イタリアやスペインのようなヨーロッパの隣国よりもはるかに少ない状態です。

それでも、185,000件を超える感染者と、8,735人を超える死者が出ています。

ドイツの観光に関する主要イベントの1つであるオクトーバーフェストなど、ほとんどのイベントは中止になっています。

イベントの時期に関しては9月下旬と10月上旬になり、ドイツの閉鎖が続くと感じる要因にもなります。

現在、ドイツ国内およびドイツ国内の観光は禁止されています。

アンゲラ・メルケル首相は、ドイツとの国境を他のヨーロッパ諸国に開放することに抵抗していました。

しかし、5月13日、オーストリアとドイツの国境にある3つの国境検問所が再開され、国境を越えた交通が許可されました。

現在、州はケースバイケースで再開し始めており、旅行に関してもドイツとオーストリアの国境は6月15日に再開される予定になります。

6月15日は、ドイツが他のEU諸国への旅行警告を解除することも示しています。

現在、観光のためのドイツへの入国は厳しく禁止されています。

イタリア

Italyイタリア
https://www.flickr.com/

イタリアは234,000人を超える人々が感染し、33,000人を超える死者を出した最も大きな打撃を受けた国の1つです。

6月3日から海外との行き来を許可する計画であることを発表しました。さらに、5月18日に新しい社会的距離ルールに基づいて国内旅行が再び許可され、ショップやレストランが再開しています。

営業を再開する予定はショップ、バー、レストランのほか、人々が州などの地域内で旅行や移動、友人や家族と会うことができるようになることも発表しています。

イタリアがヨーロッパで最も厳格な封鎖の1つによる規制を緩和し始めてからほぼ4週間後になります。

イタリアは、コロナウイルス感染の急増と多くの犠牲者を出した国として、封鎖をした最初のヨーロッパの国になります。

イタリア政府は到着時の 14日間の検疫は必須ではないと述べています。

ただし、サルデーニャやカンパニアなどの地域の知事は、健康パスポートを検討し、独自の14日間の検疫要件を課しています。

公共の場所での必要以上の密集は引き続き禁止されます。

何カ月ものロックダウンの後、多くの国が夏の観光シーズンから通常に戻ることを検討しています。

今後の状況によって変化はすると思いますが新型コロナウィルスが終息する事を前提に各国は経済活動を再開する方向です。

イタリアでは、2月21日にロンバルディア北部地域でこの疾患が最初に発生して以来、31,800人の新型コロナウィルスで亡くなり、アメリカとイギリスに次いで世界で最も多い人数になります。

新型コロナウィルスを封じ込めるために、イタリアは3月に全国的な移動制限を課した最初のヨーロッパの国であり、5月4日まで工場や公園の再開を許可するまで、規則の緩和を行いませんでした。

大規模な集会は依然として禁止されますが、教会やその他の宗教的サービスが再開され、美術館やギャラリーも利用できます。

ジム、スイミングプール、スポーツセンターは5月25日に再開され、劇場や映画館は6月15日から再開されます。

スペイン

スペインは27,000人を超える死者を出し、世界で最も大きな被害を受けた国の1つです。

厳格な封鎖は5月上旬に緩和し始めましたが、新たな流行により、政府は再開のタイムラインを再検討しています。

5月23日には7月からスペインが外国人観光客を歓迎すると発表しました。

今のところ外国からの入国は現在の14日間の検疫要件を免除されるようです。

イギリス

United Kingdomイギリス
https://www.flickr.com/

英国はコロナウイルスに特に大きな打撃を受けており、感染者は283,000件を超え、死者は40,000人を超えています。

しかし、英国はオープンボーダー政策を維持しています。

6月8日の時点で、英国は、到着した旅行者に14日間の自家隔離を義務付ける厳格なポリシーを実施します。

アイルランドを含む一部の地域からの到着や、医療ビジネスを行う人々など、いくつかの例外があります。政府は、3週間ごとに隔離要件を再検討すると述べています。

英国のいくつかの空港では、旅行者にフェイスマスクと手袋の着用を求めています。

ロンドンのヒースロー空港(LHR)は、紫外線衛生、顔認識サーマルスクリーニング、非接触セキュリティなどの新しいスクリーニング方法をすぐにテストする準備が整っています。

検疫ルールは、空港を通過するだけの国際線トランジットの乗客には適用されません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です