スポンサードリンク

東京でポイントを利用して宿泊するお得なホテル

東京のホテル

東京は世界的に見ても宿泊する際のホテル代が非常に高価な都市のひとつであり、さらにこれから2020年にオリンピックが開催されると、宿泊代金が高騰しているとニュースにも取り上げられる程その傾向は続き、さらにこれから悪化する可能性があります。

幸いなことに、ホテルプログラムのポイントを使って比較的安く泊まれる方法がたくさんあります。

宿泊希望の日に特典料金と有料料金を必ず比較して、お得な方法で滞在することを考えることは必要になります。

ポイントを使用してホテルに宿泊するための選択肢がは豊富にあります。

今日は、次の旅行に最適な3つのホテルをご紹介します。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

東京駅から徒歩で行ける、比較的少ないポイントで宿泊できるホテルを探しているなら、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは最適なホテルになります。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションはアクセスが良いだけではなく、24時間のジムへのアクセスや新しいホテルロビー空間「ライブラリーバー」、敷地内のカフェの屋外席など、ビジネスとレジャーに最適な設備が揃っており、どんなタイプの宿泊者でもくつろいで過ごせます。

唯一の欠点は部屋の大きさがちょっと狭い事です。

このホテルはマリオットの中でカテゴリー5のホテルになり、標準のポイントによる無料宿泊では1泊あたり35,000マリオットボンボイポイントになります。

宿泊施設の部屋は1泊の宿泊料金が高い時は40,000円を超えるため(税金などを含めるとさらに高くなります。)これから来年にかけて宿泊料金がさらに上がることを考えるとお得なポイント数になります。

マリオットのポイントを獲得するにはさまざまな方法がありますが、最も簡単な方法は、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードに入会することです。

入会時に30,000ボーナスポイントがもらえますので、利用時の通常ポイントと合わせるとコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションに宿泊できるようになります。

いくつかの優れたオプションとそれに対応するウェルカムボーナスを次に示します。

 

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードには、1泊あたり最大50,000ポイントまで利用できる更新時の無料宿泊も付属しています。

マリオットはオンピーク、スタンダード、オフピークによって宿泊するためのポイント数が変わるシーズン制を今月導入します。

ハイアットリージェンシー東京

ハイアットリージェンシー東京

新宿地区でホテルをお探しの場合、ハイアットリージェンシー東京は候補の一つになると思います。

ハイアットリージェンシー東京は屋内プール、スパ、ランドリーサービス、リージェンシークラブなど、ホテルの設備の他に、ショッピングやエンターテイメントエリアを併設しています。

また、ホテルは新宿駅との無料シャトルサービスを提供しており、市内の他の場所へのアクセスも簡単です。

ハイアットリージェンシー東京は現在、ワールドオブハイアットのカテゴリ3のホテルであり、12,000ワールドオブハイアットポイントの基本的なポイント数になります。

このハイアットリージェンシー東京も通常の宿泊では30,000円を超える日が多く、ポイントを利用して宿泊することを考えるとお得なホテルになります。

残念ながらワールドオブハイアットには提携しているクレジットカードがないので、ポイントの積算は基本的に宿泊によるものになります。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

ANAインターコンチネンタルホテル東京

ハイアットリージェンシー東京は、ポイントで宿泊する際のポイント数に関しては決して少ないポイント数ではありません。

ANAインターコンチネンタルホテル東京は優雅なデザインで、観光やビジネスのニーズに合わせて東京の赤坂に位置していますので、東京のどこからもアクセスは簡単です。

標準のクラシックな客室はシンプルで比較的小さいですが、6つのレストラン、4つのバー、カフェ、ベーカリーが敷地内にあるため、滞在中はホテルだけで必要な食事などに対応できます。

レストラン、ミお勧めはシュラン3つ星を獲得したフランス人シェフの名前を冠したレストラン、ピエールガニェールになります。

ここでの無料宿泊に必要なポイント数は55,000ポイントになります。

ハイシーズンで宿泊代金がが1泊あたり40,000円を超えることが多いため、ここでポイントを使用することは十分なポイントの価値を得ることができます。

IHGリワードクラブのポイントが不足している場合は、定期的に行われるポイント購入ボーナスキャンペーンを利用して目標のポイント数に到達することができます。

100%ボーナスキャンペーンで最大に購入した場合の購入ポイント数は200,000ポイントになります。(今年のキャンペーンでは)

購入価格は1000USDになり、日本円にして約11万円から約10万5千円前後になります。

若干の不足はありますが、ANAインターコンチネンタルホテル東京に4泊できるポイント数になります。

そう考えると1泊当たり28,000円程度での宿泊料金なので、宿泊料金の高い時にポイントを利用するとお得になります。

他のホテル

もちろん、東京には一流のホテルが数多くあり、ポイントで宿泊できるホテルも非常に多いと思います。

上記のホテルはポイントを利用した際に大きな価値を提供し、ポイントの有効な利用方法になります。

ただし、ポイントを利用した宿泊に関しては次のホテルも候補になります。

その他の提案については、ポイントを東京で使う方法に関する記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です