スポンサードリンク

ラスベガスから行ける2カ所のお勧めの日帰り旅行

ラスベガスを訪れるのに最適な時期

日本からのアメリカ旅行で人気のあるラスベガス

ラスベガスの魅力はカジノや高価なコンサート、ショーやショッピングだけではありません。

すでに主要なアトラクションを見た旅行者のために、ラスベガスから日帰りで行ける2カ所の観光地を紹介します。

日帰り旅行の場合はレンタカーを借りるか、オプショナルツアーに申し込むことになります。

できれば、自由度や費用の点を考えてレンタカーがお勧めです。

ラスベガスの場合はダウンタウンを除いて交通量も少なく、道も迷うことがなく運転しやすいと思います。

チャールストン山

ストリップからの距離:車で1時間。

ラスベガスから1時間ほどでチャールストン山に向かいます。

チャールストン山はラスベガスのいくつかのホテルから見ることができます。

ちょうど、太陽が沈んでいく山がチャールストン山になります。

チャールストン山の東側の前部はほとんど不毛で乾燥しているように見えます。

しかし、遠くから眺めるそういった印象は、近づくに従って変わっていきます。

約1時間で、砂漠の暑さや喧噪から涼しくリラックスした環境に移動することができます。

 

スベガスから行ける3カ所のお勧めの日帰り旅行

 

チャールストン山に向かってドライブすると、気温が下がり、清々しい空気に変わります。

ラスベガスが少し圧倒されると感じる旅行者にとって、新鮮でさわやかな空気はここが気に入るはずです。

ベガスからわずか75Kmほど離れているだけですが、それ以上に離れているようにも感じます。

砂漠の眺め

チャールストン山へのドライブ中は、デザートビューオーバールックに立ち寄ってください。

そこには、下にあるモハーベ砂漠の広大でパノラマの景色を眺めるためのビュースポットがあります。

ここから見れる眺めの一部には1950年代から1990年代までのほぼ1,000回の核実験が行われた場所も見ることができます。

マウントチャールストンロッジ

マウンテンチャールストンロッジアンドレストランは、日帰り旅行の食事には最適なので、組み込むことをお勧めします。

ラスベガスから行ける3カ所のお勧めの日帰り旅行1

 

非常に人気のあるこのレストランは、3面が全面ガラスになっています。

ゲストは食事をしながら景色を楽しむことができます。

屋外での食事を可能にするために、大きなポーチが外側を包み、中央の暖炉が居心地を良くしています。

また、地元の職人によって作られた本格的なネイティブアメリカンのジュエリーやグッズも販売されています。

 

ラスベガススキーアンドスノーボードリゾート

道をさらに進むと、リーキャニオンの終わりにあるのが、ラスベガススキーアンドスノーボードリゾートです。

砂漠からは想像ができませんが、ここではスキーができます。

確かにスキー場としては小さいですが、スキーするのに十分な地形と雪があります。

それ以外の時期には、ピクニックに最適な美しい背景になります。

ラスベガスから行ける3カ所のお勧めの日帰り旅行2

 

バレーオブファイヤー州立公園

ストリップからの距離:車で1時間

ラスベガスから日帰り旅行の候補地として2番目にあげるのは、ファイヤーオブファイア州立公園です。

市から約1時間の距離にあり、I-15 Nを出て75番出口まで行くと、ファイヤーオブファイア州立公園に到着します。

ここは気温が非常に高く40度以上になることも珍しくありません。

そういった気温も公園の名前と関係があるのか​​もしれません。

ラスベガスから行ける3カ所のお勧めの日帰り旅行4

ビジターセンター

車での入場料が10ドルが必要です。

ファイヤーオブファイア州立公園に行ったらビジターセンターに立ち寄ることをお勧めします。

ここでは、公園のがどのように形成されたかについて学ぶことができます。

また、トイレとスナックなどの軽食やお土産を販売する小さな店があります。

ビジターセンターから地図、プラン、水を用意してください。

水がたくさん持って行くことをお勧めします。

バレーオブファイヤー州立公園は、岩の間を曲がりながら素晴らしい景色の良い環状道路を利用して、車から完全に楽しむことができます。

ただし、いくつかの最も特徴的な場所へのアクセスを提供する多くの駐車場で、少なくとも時折停車することをお勧めします。

そこからは徒歩になりますが、写真のような景色を楽しむことができます。

ハイライトには、ペトログリフキャニオンがあります。

ここでは、この短い峡谷の両側に、2,500年前の住民が作った岩に描いた壁画を見ることができます。

キャニオンの床は、ゆったりとした細くて深い砂で覆われています。

レインボービスタ

もう1つのお勧めなスポットは、太陽の動きによって色相が変化するように見えるカラフルでパノラマの景色であるレインボービスタです。

比較的平らで簡単なトレッキングで、対照的な色の渦巻くリボンによって強化された起伏のある砂岩の形成を見ることができます。

エリア的には小さいな範囲なので、時間はかかりませんが非常にダイナミックなエリアです。

この公園に行くときに描いていたイメージを、そこに見ることができると思います。

ただし、ここでは日陰がほとんどありませんので水と日よけのアイテムを持参してください。

ホワイトドームトレイル

ホワイトドームも人気の祖ポットです。

約2Kmのトレイルは、古い映画セットの名残を通り、短いが印象的なスロットキャニオンを通り抜けてから、駐車場に向かって帰って行きます。

景色は、近くの砂漠の岩の暗い色に特に輝いて見える、そびえ立つ岩の層で覆われています。

まとめ

ラスベガスでの滞在を考えたときに、ホテルでの滞在やコンサート、ショーなど楽しむ方が多いと思います。

しかし、ラスベガスからわずか1時間ほどのドライブで、他では見ることのできない景色を見ることができます。

さらに時間をかけるアンテロープキャニオンやグランドキャニオンなどの有名な観光地があります。

ただし、それらの観光地には片道5時間ほど必要なため、日帰りでは難しいかもしれません。

それでも、今回掲載した2カ所に関しては、アクセスも簡単で時間も必要としないので1日くらいの空いた日には最適なプランになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です