スポンサードリンク

楽天モバイルが4月8日からサービス開始 1年間無料

楽天モバイルが4月8日からサービス開始 1年間無料

楽天モバイルは、2020年4月8日よりサービスを開始します。

申し込みは2020年4月3日よりWebで受け付けていますが、昨日はアクセスが集中して申し込みができない方が多かったと思います。

楽天の料金プランは「Rakuten UN-LIMIT(ラクテン アンリミット)」といわれる月額2,980円のみになります。

旅行に際しては世界66カ国で2GBまでデーター通信が無料で利用することが可能で、オプション料金はかかりますが国際通話も無料にすることができます。

海外でも利用できる楽天モバイルについて解説します。

楽天モバイルが4月8日からサービス開始 1年間無料

月額2,980円。しかも先着300万名は1年間無料

楽天モバイルの料金プランは月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」だけになります。

ただし、今のところ制約があり東京、名古屋、大阪の一部エリアが使い放題の対象になります。

順次エリア拡大を進めると思います。

その楽天回線を利用した場合データ通信容量は無制限になり通話ソフト「Rakuten Link」を使って国内の音声通話は無料、SMS、海外(66か国)から国内への音声通話もかけ放題となります。

ただし、楽天回線のエリア外の場合はau回線を使う事になり、その場合は月間2GBまでのデーター通信で、それ容量を超えた場合は128Kbpsに速度が低下するか1GB単位で追加して利用することになります

海外でも2GBまでの制限があり、海外からの音声通話に対応するためには、月額980円の有料オプション「国際通話かけ放題」に加入する必要があります。

先着300万名は1年間無料

今回の最もインパクトのある内容は、先着300万名を対象に契約後1年間は月額料金が無料になるキャンペーンを行います。

契約の申し込みは3月3日の16時よりWebサイトで行われます。

店舗でも4日から対応するようですが、Webでの申し込みは最短2分くらいでできますのでアクセスが集中して利用できない場合以外はWebをお勧めします。

今回の月額無料の他にも「Rakuten Link」を使ってアクティベーションを行った場合は、今回の申込時に支払った事務手数料3,300円を楽天ポイントとして還元します。

発表では最低利用期間は設定されず、契約解除料もないとのことです。

なので、楽天モバイルに申し込んだ場合は端末料金、事務手数料(ポイントで還元)、オプション料金(申し込まなくても問題ありません)、そして通話料になります。

 

楽天モバイルが4月8日からサービス開始 1年間無料1

国内のauエリアでの利用や国内・海外のローミングエリアでデータ容量のデーター容量である2GBを超えた場合は、通信速度が最大128kbpsと大幅に低下します。

その場合は追加のデータ容量を購入することで速度を戻すことが可能になり、1GBあたり500円で購入することができます。

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルの問題点

実際のサービスがまだ行われておりませんので、実際の使用感などに関してはわかりません。

対応エリアが東京と名古屋、大阪に限られていて2021年には全国に拡大する予定と言うことですが地方の方はほとんど利用する機会はありません。

現時点での問題点として楽天の回線とauの回線は自動的に切り替わるようで、auの回線を使用しない設定などはないようです。

4月8日のサービス開始時には「my 楽天モバイル」のアプリを利用してネットワーク回線を確認できるようになります。

またiPhoneには今のところ対応していない事も、乗り換えの際には支障のある方が多いと思います。

 

まとめ

いろいろと制約がある楽天モバイルですが1年間は無料で利用でき、解約も自由で解約手数料もありません。

先着300万人になりますが、申し込んでも損はないかと思います。

地方の方でも月に2GBまで無料で使えるので、そう考えるとお得になります。

詳しくは楽天モバイルで確認できます。

楽天モバイルはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です