スポンサードリンク

ソフトバンクの「アメリカ放題」の内容が3月7日に改定

エアポートシャトルバス

アメリカに行く際に、持っているスマートフォンをそのまま使えるソフトバンクの「アメリカ放題」。

日本への通話も使いホーダイで、契約している容量の範囲内でデーター通信もすることができるので、非常に便利なサービスです。

以前はソフトバンクの「アメリカ放題」を利用していましたが、2つの理由で利用することをやめていました。

一つ目は「アメリカ放題」の対象機種がiPhoneに限定されていたこと。

2つめはアメリカでの通信はスプリント社限定で、スプリントのネットワークで利用するようになっています。

しかし、スプリントのネットワークを利用できないときが多く、他のAT&Tなどのネットワークを拾うために5日間利用できな状態になる事もありました。

以上のことから、今では違う方法で通信を行っています。

「アメリカ放題」の内容変更

 

ソフトバンク”のユーザーが、グアムやサイパンなど、一部の地域を除くアメリカ国内や日本宛ての通話やSMS、データ通信が利用できる「アメリカ放題」の内容が、2020年3月7日に改定されます。

 

「アメリカ放題」変更内容

今まではiPhoneおよびiPadのみが対象機種でした。

それを、全ての“ソフトバンク”の機種が対象になります。

また渡米の際にスプリント以外の通信事業者を「アメリカ放題」の対象に追加しました。

その結果、ネットワークを気にすることなく、快適に利用できるようになります。

また、サービス利用料も今はキャンペーンで無料になっていた用ですが、今後は完全に無料になるので、“ソフトバンク”のユーザーは、アメリカへの旅行に際して、レンタルWiーfiや現地のSIMをなど用意することなく、気軽に音声通話やデータ通信を利用することができます。

「アメリカ放題」のサービス

  1. サービス利用料

無料(申し込み不要)

  1. 対象機種(※3)

iPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、ケータイ、モバイルWi-Fiルーター

  1. 対象通信事業者

Sprint、T-Mobile USA、AT&T、Union、CLARO PUERTO RICO

  1. 利用可能エリア

アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)

詳しい情報はホームページ

まとめ

この内容であれば、「アメリカ放題」のサービスは非常に使いやすくなります。

データー通信も高速で、どこでも利用することが可能になります。

また、便利なのが日本向けの通話が自由にできますので、この点は他のモバイルルーターや現地のSIMでは対応できないことになります。

仕事に限らず、旅行でもソフトバンクのユーザーは他のDOCOMOやauにはない利便性を享受することができます。

現在、ソフトバンクから他社にに乗り換えていましたが、またソフトバンクに戻るか検討する項目になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です