スポンサードリンク

アメックスポイントをワンワールド航空会社に利用するための最良の方法

アメリカンエキスプレスのメンバーシップリワードポイントは、他のクレジットカードにはないポイント移行先の多さから3つの主要なアライアンスであるワンワールド、スカイチーム、スターアライアンスに参加する一部の航空会社にポイントをマイルに返還することができます。

その中で、スカイチームに参加している航空会社のマイルにアメックスのポイントを移行する際に、最大限に活用する方法を考えたいと思います。

アメリカンエキスプレスのメンバーシップリワードポイントの獲得

日常のクレジットカードの使用でポイントをためることは基本ですが、入会時のキャンペーンを利用して多くのメンバーシップリワードポイントを獲得する最良の方法になります。

現在のキャンペーンには次のものがあります(条件が適用されます)。

入会後3ヶ月以内のカードご利用でメンバーシップ・リワードのポイント合計40,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはこちら

入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計30,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはこちら

アメリカンエキスプレスのメンバーシップリワードポイントの交換

アメリカンエキスプレスのメンバーシップリワードポイントは商品などと交換したり、年会費や支払いの一部に利用することもできます。

ただし、その場合のポイント価値は低いので、最も価値のあるのは航空会社にマイルに移行することになります。

ただし、ANAのマイルへの移行は1,000ポイントが1,000マイルになりましたが、他の航空会社は1,250ポイントが1,000マイルになり、交換比率は下がっています。

ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ

ブリティッシュエアウェイズのエグゼクティブクラブはJALの国内線を片道4,500Avios(マイル)で予約することができたため日本でも人気のあるマイレージプログラムでした。

昨年、提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数が変更になったため、今はそれほど魅力的では無くなりました。

それでもワンワールドの特典航空券を予約するためにはブリティッシュ・エアウェイズは有力な選択肢になります。

またアメリカンエキスプレスのメンバーシップリワードポイントはワンワールドの主要航空会社であるアメリカン航空とJALにポイントを移行することができないため、選択肢が限られてしまいます。

ブリティッシュエアウェイズでの特典航空券を最大限に活用する場合は、次の2つの点に注意する必要があります。

1点目は特典チャートは距離に基づいています。

その結果、より短い直行便がよりマイル価値が高い傾向があります。

2点目は燃料サーチャージが必要になります。(日本の国内線は必要ありません)

ブリティッシュ・エアウェイズのAviosの使った利用方法を次に示します。

西海岸までのJAL便

ブリティッシュエアウェイズでの特典航空券の説明で一般的に長距離路線ではなく短距離が有利を記載しました。

日本からアメリカ西海岸への飛行はお得です。

たとえば、東京羽田(HND)からJALでサンフランシスコ(SFO)への片道チケットを25,750 Aviosと120ドルの税金で予約できます。

同じくJALの世界でも有数のサービスを体験したい場合、サンフランシスコまでの片道ビジネスクラスチケットは72,250 Avios、片道ファーストクラス賞は103,000 Aviosになります。

日本の国内線

日本国内線が対象になるゾーン1といわれる1~650マイルまでの(東京からほとんどのフライトをカバー)が現状の片道4,500Aviosから6,000Aviosに変更になりました。

増加率は約33%となり、往復で12,000Aviosが必要になります。

このAvios数ではJALやANAのディスカウントされた特典航空券に必要なマイル数とほぼ同じになります。

それであれば、わざわざブリティッシュエアウエイズのAviosにクレジットカードやホテルのポイントを移行する意味も無くなり、JALやANAのマイルを貯めた方が良くなります。

今回のようなキャンペーンを利用するとボーナスAviosの分だけ、日本国内線に利用してもお得なります。

ただし、JALのマイレージバンクにはアメリカンエキスプレスからポイント移行することができません。

そう考えると日本国内線に関しては同じワンワードに所属しているキャセイパシフィック航空のアジアンマイルでJAL国内線を予約した場合のマイル数は15,000マイルから20,000マイルになりますのブリティッシュ・エアウェイズにポイント移行を行った方がお得になります。

 

キャセイパシフィック航空 アジア・マイル

キャセイパシフィック航空のロイヤルティプログラムであるアジアン・マイルは、日本でも利用者の比較的多いマイレージプログラムになります。

すべての特典航空券のマイル数は片道での表示になります。

フライト特典が片道で予約することが出来かますので、往路と復路で異なるクラスでの搭乗が可能になり、より自由度の高い利用が可能になります。

予約の際はスタンダード、チョイス、テーラーメイドの3種類の特典航空券が用意されています。

同じ目的地でも必要なマイル数が多くなりますが、特典航空券の対象座席は多くなり、会員がマイルを使っての特典航空券の予約をしやすくなります。

また、新しいオンラインフライト特典予約システムを導入して、会員にWebページとモバイルアプリの両方ともシームレスな体験を提供し、他の航空会社と比較して使いづらかった特典航空券の空席確認が、選択した日付、客室クラス、特典タイプのすべてのフライトの空き状況を一目で確認できるようになるようなので、利便性が向上しています。

キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。3

より多くの特典航空券を予約する際のマイル卯が必要なチョイスのチャートは次のとおりです。
キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。4
以前は、アジア・マイルは往復特典航空券の割引を提供していましたが、片道料金は往復の半額となります。
アジア・マイルでは、ワンワールドの提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数チャートは次のとおりです。
キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。4

チャートの短距離エコノミークラスで、アジアマイルで予約した特典航空券は、ブリティッシュエアウェイズで予約した航空券よりもより多くのマイルを必要とします。

上海(PVG)〜香港(HKG)間のフライトでAviosとアジアマイルを比較した場合、アジアンマイルではエコノミークラス10,000マイルおよびビジネスクラス25,000マイル。

ブリティッシュ・エアウェイズがエコノミークラス9,000Avios、ビジネスクラス16,500Aviosになります。

日本国内の特典航空券を利用した際にもJALやブリティッシュ・エアウェイズのマイル数よりも多くのマイルを必要とします。

JALを使って日本からロサンゼルスまでビジネスクラスの特典航空券に必要なマイル数は150,000マイル。

日本国内の特典航空券もJAL便を使用しますが、マイル数は例えば羽田空港から新千歳空港までの往復特典航空券に必要なマイル数は20,000マイルが必要になります。

今までJALのホームページで国内線特典航空券を予約する際の締め切りは搭乗の前日まで予約や変更が可能になります。

ただし予約の変更に関しては搭乗1回分の予約変更に対して3,500円程度の手数料か4,000マイルが必要になり、往復の場合には費用は2倍になります。

 

エティハドゲスト

エティハド航空はワンワールドには所属していませんがエティハド航空「エティハド ゲスト」はワンワールドに所属している航空会社の何社かと提携しています。

アラスカ航空やヴァージンアトランテック航空と同様に、エティハド航空が提携した個々の航空会社でのみマイルを交換できます。

エティハドはマレーシア航空とも提携していますが、最もお得なのはアメリカン航空です。

例えば

  • 片道50,000マイルのビジネスクラスの米国からヨーロッパへ(アメリカン航空は57,500マイル)
  • 米国から日本/韓国への片道50,000マイルのビジネスクラス(アメリカン航空は60,000マイル)
  • 米国からアジアへの片道55,000マイルのビジネスクラス(アメリカン航空は70,000マイル)ボトムライン

譲渡可能なポイントは、柔軟性が高いため、報酬戦略の重要な部分です。これにより、必要な日にアワードスペースが利用できない場合に代替のルーティングオプションを提供できますが、必要なフライトを選択すると、ウォレットやアカウントのポイントに現金を保管することもできます。

Aviosの並外れた短距離価値から、アジアマイルまたはエティハドゲストでのより長い特典交換まで、Oneworld航空会社での旅行のためにAmex Membership Rewardsポイントを交換する多くの素晴らしい方法がありま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です