スポンサードリンク

ボーズのノイズキャンセリングヘッドフォン700と35 IIの比較

ボーズノイズキャンセリングヘッドフォン700対静かな快適さ35 IIレビュー

長時間のフライトだけではなく、短時間でも快適なフライトを楽しめるノイズキャンセリング付きのヘッドホン。

旅行に行くときの外せないアイテムになっています。

今回はおなじBOSEの旧機種と新機種を比較してみました。

先月発売された700は、まだ日本での販売時期に関してははっきりしていませんが、近いうちに販売されると思います。

新品価格の価格差はアメリカでは50ドル程度(これからQC 35 IIが値下げしなければ)と差は少なく、この価格差なら新しい700を購入した方がいいと思いますが、2つの機種を試す機会がありましたので自分なりに考えたいと思います。

ノイズキャンセリングのニーズに合うヘッドフォンはどれか?そして、あなたの耳とリスニングスタイルに合ったサウンドはどれなのか?

フィット感

700は耳にぴったりとはまりますが、QC 35 IIはよりゆったりとしたフィット感があります。

したがって、ANCをオフにしても、700はQC 35 IIより優れた遮音性を提供します。

同時に、ホールド性は少なくてもQC 35 IIのように控えめな感触でリラックスをしたいと考える方もいます。QC 35 IIは、軽量のヘッドフォンでもあります。

 

Smart Noise Cancelling Headphones 700 | Bose

 

もう一つは2つのモデルのヘッドバンドは、異なる素材で設計されています。

700のヘッドバンドはゴム製の拭き取り可能な素材で作られています。

また、パディングの表面積も大きくなります。そのため、少し汗をかいた後の掃除も簡単です。対照的に、QC 35 IIのパディングは従来の構造で強度や手入れで劣ると思います。

設計

電池

どちらのモデルも20時間のバッテリー駆動を提供します。しかし、700は15分間の充電で3.5時間使用できますが、QC 325 IIはその時間で2.5時間のバッテリー駆動しか得られません。

注意すべきもう1つの要素は、充電接続です。700は充電に頑丈なUSB-C接続を使用しますが、QC 35 IIは引き続きmicro-USBを使用します。

通話

700では通話の明瞭さが向上しています。より透明に聞こえるだけでなく、外部干渉も少なくなりました。 

アクティブノイズキャンセル

これにはいくつかの違いがあります。まず、700のノイズキャンセレーションのレベルがわずかにQC 35 IIと比較して効果的になっています。

700では10種類のノイズキャンセレーションレベル(付属のアプリを使用)を選択できますが、QC 35 IIでは2つしか選択できません。

この種類が多いと人によって、ノイズキャンセリング周波数によって感じる耳の圧力が調整できます。したがって、これらのヘッドホンを長期間使用している場合は、ANCの強度をさらに細かく制御できると便利です。

QC 35 IIとは異なり、700はアンビエントモードを提供します。このモードは周囲の音を増幅します。そのため、キャビンアテンダントと話しをするときや、機内放送の時にヘッドフォンを外す必要はありません。

最後に、QC 35 IIのANCは低音に影響を与えます。これは、自然なBoseサウンを期待している人にとっては非常に残念です。

QC 35 IIとは異なり、700のANCはローエンドのサウンドに影響を与えません。しかし、それについては以下で詳しく説明します。

(ANCは両方のヘッドフォンでオフにできます)。

コントロールと機能

700は、ほとんどの機能を制御するためにイヤーカップにタッチパッドを採用していますが、QC 35 IIは昔ながらのボタンを使用しています。

タッチパッドは慣れるのに少し時間がかかりますが、慣れてしまうと便利です。

ただし、冬に手袋を着用している人にとってどれほどうまく機能するかはわかりません。

ANCコントロールを除き、両方のヘッドフォンは音声アシスタントを含む同じ機能を提供します。

 

ブルートゥース

700は最新のBluetoothバージョン5をサポートしていますが、QC 35 IIはBluetooth 4のみをサポートしています。

理論的には、Bluetooth 5はBluetooth 4よりも優れた伝送とドロップ信号の減少をもたらすはずです。

飛行機の中はそれほど影響はありませんが、駅や繁華街などの電波が混雑するところでは、Bluetooth 5がより信頼できる規格になります。

持ち運び

QC 35 IIは持ち運ぶことに関しては優位を占めています。

700はフラットにしかなりませんが、QC 35 IIは小さく折り畳むだけでなく回転し、よりコンパクトになります。

キャリングケースにいれて移動する際は正直、サイズの違いはそれほど大きく違うと感じることはありません。

しかし、ケースなしでバックパックにヘッドホンをいれる場合は、QC 35 IIがよりポータブルな選択肢です。

 

 

低音

ボーズノイズキャンセリングヘッドフォン700には、この周波数範囲でQC 35 IIよりも大きな利点が1つあります。

ほとんどのノイズキャンセリングヘッドフォンと同様に、QC 35 IIの低音は、ANCがオンかオフかによって変わります。

ノイズキャンセレーションをオンにすると、QC 35 IIは太く前傾した低音を提供します。

しかし、ANCがオフになると、低音の存在感はより穏やかになり、トーンダウンされます。

対照的に、700の低音は、ANCがオンまたはオフに切り替えられているかどうかに関係なく一貫性を保ちます。

これは、Boseの最大の改善点の1つです。

したがって、ANCが両方のヘッドフォンでアクティブになっている場合、QC 35 IIがより強力な低音を感じるのは当然です。

ポップミュージックには十分な存在感があり、ロックを聴く場合には低音が強いことでQC 35 IIでより豊かで迫力を感じることができます。

そのため、主にPOPやロックのジャンルを聴いたり、低音をより豊かで厚みにあるサウンドにしたい場合は、QC 35 IIが理想的です。

しかし、不自然な低音が嫌な方は、700はより安全な選択肢です。

700は、よりクリーンなサウンドも生成します。そして、両方のモデルが同様の詳細レベルを共有し、クラシックなどを聴いている間、700はわずかによりリアルな音色を伝えました。

したがって、クラシック音楽やアコースティック楽器全般に興味がある場合は、700を使用するとより自然な表現が得られます。

中域

700はこの範囲でより均一なバランスを持っていますが、QC 35 IIはわずかに強調された高音域を示しています。

結果としてロックとポップロックの音楽は、700ではより全体的に調和がとれている音に聞こえます。

これに対して、QC 35 IIはよりダイナミックなサウンドを生成し、ボーカルがより前に出て、低音と高音のコントラストがより顕著になります。

このため、QC 35 IIはポップミュージックに適しています。バランスが音楽に活気を与えます。ただし、高音域で耳障りな音に敏感な場合は、700を使用すると聞き取りやすくなります。 

700は、特に低中域でよりきれいな音を出します。たとえばギターの人差し指など一本でジャカジャカさせるストラムは、QC 35 IIよりも700の方が輪郭がはっきりしています。

また、700の分離が優れているため、楽器を重ねることもよりクリーンに聞こえます。

高音

700は、この高音域でQC 35 IIとの違いが顕著になります。

700は高域でより多くのジャンルに影響を与えています。POPを聴くと、パーカッションは700でより鮮明に聞こえます。

曲のパーカッションも700ではくっきりと聞こえます。さらに、700では透明度がわずかに向上します。これはクラシック音楽を聴くときに最も顕著になります。

たとえば、バイオリンソロは700のほうが明瞭なニュアンスがあります。

サウンドステージ

比較的コンパクトなサウンドのQC 35 IIと比較して、700ではより広いサウンドステージが得られます。

イメージングは​​700でより正確です。

概要

700が2つのモデルを比較した場合に、より成熟したヘッドフォンであることは間違いありません。

全体的によりクリーンでバランスのとれた、より自然な音を700は提供します。

また、さまざまなジャンルの音楽を聴く人にとっては、より汎用性の高い選択肢です。

しかし、新機種なのでQC 35 IIとは価格差があります。

 

サウンドの成熟度やタッチで操作できる点など、700の日本発売を待った方がいいと思います。

ただし、新製品の発売で旧機種になるQC 35 IIの新品や中古市場が値下がりするなら考えた方がいい部分ではあります。

QC 35 IIは設計自体が少し古いためソニーなどの現行機種と比較すると見劣りがします。

次回は700とソニーの現行機種を比較したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です