スポンサードリンク

アメリカでは一部のユーザーがApple Cardを利用することができます。

AppleCard

Apple Cardがアメリカで一部のユーザーが利用することができるようになっているようです。

Apple Cardは内容的に還元率やサービスが最もいいカードではありません。

しかし、Apple Cardのリリースは期待されています。

Apple Cardが利用できるようになると手続きは簡単にできるようです。

iOS 12.4に更新し、ウォレットアプリを開いて右上の[+]ボタンをタップすると、Apple Cardを申請するオプションが表示されます。

なので、Apple Cardの登録自体は2分ほどで終了するようです。

Apple Card

Apple Cardは年会費無料でキャッシュバックがあり、クレジットカードには番号などはなく、Apple Payでの利用を前提に利用金額や購入場所の管理などが出来ます。

使い方は通常のApple Payと同じになります。

Appleカードの最も大きな特徴の一つにカード素材チタン製という事とです。

それが発行されると無料のチタンカードとしては世界で初めてとなります。

また、カードにカード番号が刻印されていないため、カードキーのような外観になります。

すべての個人情報は、ユーザーのApple IDから収集されて、使っているApple Walletに保存されます。

つまり、iPhoneを持っていない場合は、このカードの利用対象にはなりません。

カードは、申請時に使用するApple IDに永続的にリンクされています。別のアカウントに移動することはできません。

Appleカードはキャッシュバックがあり、Appleでの購入で3%、Apple Payでの購入で2%、それ以外のすべてで1%のキャッシュバックがあります。

日本で発行されているクレジットカードでキャッシュバックがあるカードもありますが、還元率はAppleカードの方が高いようです。

最終的に、iPhoneユーザーであり、登録から支払いまで簡単にできるのはApple Cardに勝るものはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です