スポンサードリンク

ヨーロッパで最大のVAT払い戻しを受ける方法

ヨーロッパで最大のVAT払い戻しを受ける方法3

イタリアのアウトレットで買い物をしたり、ロンドン訪問中にハロッズでの買い物、ニースのウィンドウショッピングでの衝動買い、マドリッドで見た宝飾品を購入する。

海外、特にヨーロッパで商品を購入した場合、付加価値税(VAT)を支払った可能性があります。

この付加価値税(VAT)はヨーロッパ在住の人以外は出国時に税金の払い戻しを受けることができます。

ガイドブックなどに記載されていて、買い物をした際には払い戻しを行うようにありますが、実際に申請の仕方や払い戻しの基準は国によって違います。

EUを旅行している場合は、VATの払い戻しを受けるのに時間と労力を費やす価値があります。

ヨーロッパ旅行中に最大VATの払い戻しを受ける方法は次のとおりです。

VATとは?

VATと物品およびサービス税(GST)は世界で一般的な税金になります。160以上の国がそれらを徴収しています。

EUでのVATは日本の消費税に多少似ています。

しかし、大きな違いがいくつかあります。

VATの税率は、日本の消費税より高くEUの最小標準VAT率は15%です。

すべてのEU諸国の中では17%(ルクセンブルク)から27%(ハンガリー)の最低15%を超える標準VAT税率を徴収している国もあります。

VATは、ヨーロッパの税務当局にとって主要な収入源なっているので、高額になることもありますが幸いなことに、多くの国では特定の商品のVAT税率を引き下げています。

たとえば、スウェーデンの標準VAT率は25%です。ただし、一部の食品、ノンアルコール飲料、靴、衣類については、VATが12%引き下げられます。

本や新聞の場合、VATはわずか6%です。

EUは、一部の商品とサービスをVATから免除しています。

ただし、旅行者が滞在中に発生するVATで重要なのはお土産やブランド品、アパレルや宝飾品を購入した時です。

高級品には高い税率がかかりますのでブランド品などを購入した場合は20%近い税率になります。

ヨーロッパに居住していない方は出国の際に申請すると全てではありませんが大半が戻ってきます。

返金ルール?

EUの価格にはVATが含まれています。

EUへ旅行する際には、通常はVATを含んだ総額を支払わなければならず、事後の払い戻しを受ける対象のものは手続きが必要になります。

返金にはルールがあります。

たとえば、購入から3か月以内に出国する必要があります。

車などの大型商品のVATの払い戻しを受けることはできません。

EUの旅行者の場合、ホテルの宿泊や食事などのサービスに対してVATの払い戻しを受けることはできません。

一部の国では、VATの払い戻しの対象となるには、購入金額が一定額を超える必要があります。

VATレートと同様に、この最小購入金額は国によって異なります。

フランスでは、同じショップで同じ日に購入する合計金額の最小金額は175.01ユーロです。

ベルギーでは最低額は50ユーロで、スペインではゼロです。

イタリアでは免税対象額:154.95ユーロ〜

また、ヨーロッパから帰国するときには、商品が新品で、パッケージに入っている必要があります。

開梱、消費、着用すると対象にはなりません。

VATの払い戻しを受ける

ヨーロッパの何千もの店が、VATの払い戻しを求める旅行者に対応する事ができます。

このような店舗では、通常、ウィンドウに「免税店」または「VAT免税店」と書かれた看板があります。

商品の代金を支払うときは、旅行者であり、VATの払い戻しを受ける予定であることを係の人に伝えてください。

イタリアでもドイツでも英語で「タックスフリー」や「タックスリファレンス」と伝えると手続きを行ってもらえます。

ストアには、専用の記入書類があります。

パスポートを用意して、VATの払い戻しを申請します。

払い戻しフォームを受け取り、他の場所で払い戻しを処理する必要があります。

多くの店舗は、Global BluePlanetなどの代理店と連携してVATの払い戻しを処理しています。

これらの代理店は通常、主要都市や各空港に記入済みのフォームを受け取り、払い戻しを受けることができる施設を持っています。

購入する際には、販売者がこれらの代理店と提携しているかどうかを確認してください。

ヨーロッパで最大のVAT払い戻しを受ける方法

出発日には、領収書、店に記入された払い戻し伝票、購入した商品、その他の航空チケットを空港の税関に提示してください。

旅行中に複数のEU諸国を旅行している場合、この作業は最後に帰国するための空港で行います。

税関は購入品を検査する場合があるので、預け入れ荷物にいれて預ける前に行います。

航空会社のカウンターでチェックインの時に税金の払い戻しの旨を伝えると、荷物にタグをつけて航空チケットを発行した後に荷物を戻してもらえます。

また、商品が未使用で未使用であることを確認してください。

すべて順調に進んだ場合、税関は払い戻しフォームにスタンプを押します。

ストアまたはGlobal BlueやPlanetの払い戻し代理店のいずれかが既に払い戻しを行っている場合は、このスタンプフォームを返送して、3か月の期間内にヨーロッパを離れたことを証明する必要があります。

それ以外の場合は、払い戻しがキャンセルされ、クレジットカードにVAT込みの金額が請求されることになります。

まだ行っていない場合は、空港で払い戻しを受けることもできます。

カウンターはすべての主要なEU圏内の空港にあります。

専用カウンターがない空港でも両替所がその機能を持っている空港もあります。

スタンプされた税関申告書とパスポートを提示するだけで、手数料を差し引いた払い戻しが行われます。

ヨーロッパで最大のVAT払い戻しを受ける方法1
Global BlueのようなVAT還付機関は、主要空港にVAT還付を受けることができる場所があります。

イタリアの場合

今まではイタリアでもVATの払い戻しを申請する品物を、預け入れ荷物の中に入れたい場合は、チェックイン後に一旦手荷物を戻してもらって税関に行って、税関でチェックを受け、商品を購入した際に店からもらったVAT還付申請書にスタンプを押してもらいます。

払い戻しは、VAT払い戻しデスク(VAT refund desk)でお受け取りとるか、帰国した後に払い戻し先のクレジットカード番号を記載して郵送します。

出国する空港でVAT払い戻しデスクで手続きする際もクレジットカードを記入するかキャッシュを受け取る方法になります。

受け取るキャッシュはユーロ以外の通貨になり、日本円でなくてもUSドルで受け取ることができます。

前にユーロを希望しても対応できないいわれました。

今回、払い戻しを受けたのは今月の初めになりますが8月に受けた時とは変わっていました。

8月までは上記に記載した手順で変わりがありませんでした。

9月初めには航空会社でのチェックインまでは同じです。

カウンターで付加価値税の戻しがある旨を伝えると預入荷物を一旦戻してもらいます。

いつも通り関税に行くと係りの人はいますが、カウンターに行くと

ここではなく、払い戻しカウンターに直接行くように言われました。

なので荷物のチェックもなく税関のスタンプもありません。

払い戻しカウンターに行くとVAT還付申請書を提出します。

荷物のチェックなどなく、VAT還付申請書をチェックします。

払い戻しはクレジットカードか現金か聞かれましたので、帰国した際に現金が必要でしたのでレートは悪いのですが現金を希望するとユーロを渡されました。

日本円を希望するとユーロ以外は対応できないといわれました。

結局、クレジットカードに変更しました。

そのあと、前は払い戻しカウンターの横に荷物を預けるカウンターがあり、そこに荷物を預けて、ゲートに向かうために手荷物検査に行きました。

しかし、カウンターがないのでチェックインをした航空会社のカウンターに戻って荷物を預けました。

今回の変更がイタリアのローマの空港では毎月のようにいろいろな部分が変更になっていますので一時的なことかどうかはわかりません。

払い戻しのヒント

VATの払い戻しを受ける際の注意事項と禁止事項を次に示します。

国を調査する

旅行の前に、訪問する国のVATルールを調べてください。

標準および割引VATレート、最低購入額などがわかります。

EU以外の多くの国でもVATが請求されます。

ヨーロッパで見つけるものとは大きく異なります。

店舗を調べる

旅行中は、「免税」または「付加価値税」の標識が付いている店を探してください。

払い戻しについては、提携している代理店の店員に尋ねてください。

払い戻しの処理方法と請求する料金を正確に尋ねます。

払い戻しのために追加の空港時間を許可する

他の旅行者もVATの払い戻しを求めているため、空港での時間をとってください。

混み合うときには関税、そして払い戻しカウンターで多くの時間が必要になります。

まとめ

VAT払い戻しの場合に、申請する前には関税のカウンターで印を押してもらう必要があります。

この関税が国によって特色が出ています。

スーツケースを見ただけで印を押す国や係の人がいるかと思えば、中を確認して伝票を照らし合わせて数や商品が間違いないかをすべてチェックする国や人がいます。

同じ国であっても係の人によって違います。

トラブルを避けるためには、伝票に対応した商品をきちんと区分けしてスーツケースにパッケージして、見せてもすぐわかるようにすると結局チェックの時間が少なくなります。

払い戻しのカウンターに関しては難しいことはありません。

申請してキャッシュかクレジットカードで払い戻しを行うだけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です