スポンサードリンク

アメリカで評価の高いサンディエゴ空港

航空会社のステータスマッチ

日本からもJALの直行便が運航しているサンディエゴ空港。

その為、利用した方も多いと思います。

アメリカには大小たくさんの空港があります。

その中でもサンディエゴ空港は評価の高い空港といわれています。

今回はサンディエゴ空港について考えてみたいと思います。

サンディエゴにはよく行くのでなじみがあるせいか過ごしやすく魅力のある街です。

いつも温かく、海やハーバーが近く、新鮮なメキシコ料理が豊富で、市内のすべてがゆったりと時間が経過するような場所です。

日本からはJALの直行便を利用する場合以外は、ほとんど利用することはないと思います。

日本の成田空港(NRT)からからサンディエゴまでのフライトで到着するとターミナル2(フルサービスの航空会社の本拠地で、格安航空会社の専用ターミナル1よりもはるかに多くの設備が整っています)に、昼前(定刻11:30)に到着します。

空港自体は最新の設備ではありません。

しかし、全体的にきれいな印象でガラス窓が大きいので外からの光がゲート内を明るくしています。

サンディエゴ空港で重要なことは、空港がサンディエゴの活気あるダウンタウンからわずか6Kmというとても近い位置にあることです。

つまり、ダウンタウンまでの所要時間は10分程度で行ける距離です。

空港からは様々な方法でダウンタウンまで行くことができます。

最安はバスの992が空港から運行しており、ダウンタウンまでの費用は2.25ドルです。

 

 

 

 

 

 

 

レンタカーも1カ所ですべてのレンタカーが受付をしているレンタカーセンターがあります。

連絡バスが常時巡回しています。

空港のターミナルを出て向かいにあるバス停から出発しています。

500_DSC_0006.jpg

 

以前までサンディエゴのレンタカー営業所はロサンゼルスのように会社毎に分かれていました。

しかし、サンフランシスコ空港のように1カ所にまとめられました。

500_DSC_0007.jpg

バスを降りるとレンタカー会社のカウンターがそれぞれあります。

500_DSC_0005.jpg

外に出ると各レンタカー会社の受付があります。

到着時にはこのカウンターで手続きを行います。

 

500_DSC_0003.jpg

レンタカーセンターは大きな立体駐車場のようになっていて、レンタカー会社によって返却する階が違います。

ハーツレンタカーは1階になっています。

500_DSC_0004.jpg

レンタカー返却の場合は駐車場所から空港のターミナルに行くために歩いて向かいます。

1階なのですぐにバス停留所に着きます。

500_DSC_0002.jpg

ターミナル行きのバスはターミナル1とターミナル2に分かれていて、頻繁にバスが来ますのでほとんど待つことなく乗車できます。

前より使いやすくなり便利になったレンタカーセンターです。

サンディエゴ空港から日本に帰国する場合にはラウンジを利用することができます。

ラウンジは1カ所。

サンディエゴ空港のJALチェックインカウンターはターミナル2の入り口に向かって一番右の2階になります。

その横にあるセキュリティーを通過するとJALやワンワールドの上級会員が利用できるエアスペースラウンジがあります。

場所はセキュリティーを通過後に左手に通路がありエアスペースラウンジは、サンディエゴ空港のターミナル2イーストとターミナル2ウエストへの通路沿いにあり、100mくらい進むとエアスペースラウンジの入り口があります。

500_DSC_0008.jpg

セキュリティーを過ぎると左手に店舗があり、その店舗の左側にラウウンジに向かう通路があります。

500_DSC_0009.jpg 500_DSC_0010.jpg

エアスペースラウンジの入り口です。

航空会社の上級会員ではなくても利用できることは出来ます。

ラウンジへのアクセスは$ 25(10ドルのギフトカードが含まれています)で購入できるようです。

10ドルのギフトカードはラウンジ内の食事などに使用できます。

JALの便があるときだけになると思いますがラウンジ入り口を入ると受付になっていて1番手前のディスクには日本語を話すことの出来るスタッフがいました。

500_DSC_0011.jpg

Wi-Fiのワイヤレスプロバイザーとパスワードになります。

500_DSC_0017.jpg

ラウンジの中心は約12席のバーエリアです。

エアスペースラウンジサンディエゴエアポートバー

500_DSC_0016.jpg 500_DSC_0015.jpg

さまざまな新聞や雑誌があります。

このラウンジはブリティッシュ・エアウェイズと日本航空の両方で利用されているため、日本語の新聞や雑誌が置いてあります。

500_DSC_0014.jpg

簡単なビジネススペース。

プリントアウトも出来ます。

500_DSC_0013.jpg

セルフサービスの飲み物や食べ物のスペースは入り口のすぐそばにあります。

コーヒー&ティー、そしてエスプレッソマシンがあります。

500_DSC_0012.jpg

エアスペースラウンジサンディエゴエアポートビュッフェ

何種類かのフルーツと様々なクッキーがあります。

上級会員で利用する方や有料で入室した方はフードとスペシャルドリンクをオーダーすることが出来ます。

上級会員はフードとドリンクを1点ずつになります。

メニューは入り口で渡されますので、バーカウンターでオーダーします。

エアスペースラウンジは、アメリカンエアラインズアドミラルズクラブとしても運営されているため、ラウンジにアクセスするにはさまざまな方法があります。

ロサンゼルス空港と比較すると8カ所あるターミナルの一つ分か二つ分のターミナルと同じ規模のサンディエゴ空港です。

その為、混雑も少なくチェックインからゲートまでの移動距離も短く、ダウンタウンまでのアクセスやレンタカーの利便性など非常に使いやすい空港です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です