スポンサードリンク

一部のMacBook Proがアメリカの航空機に持ち込み禁止

米国連邦航空局は、一部のMacBook Proに関して機内持ち込みまたは預け入れ手荷物を禁止しています。

その理由はMacBook Pro一部がバッテリーの不具合で火災の危険をもたらすというAppleの発表に基づいています。

代理店は米でも該当する機種はリコール商品として、バッテリーの交換を受け付けているようですが、対象となる期間に製造されたMacBook PROをお持ちの方は、自分の持っているMacBook PROがリコール対象か確認して、交換してもらう必要があります。

アメリカの主要航空会社にリコールを警告し、対象のMacBook PROを貨物として、または乗客の機内持ち込み手荷物として。することを禁止しました。

対象となるMacBook PROは、2015年9月から2017年2月までに販売された15インチのMacBook Proです。

Appleは当初、6月にリコールを発表し、「15インチMacBook Proユニットでは、バッテリーが過熱して火災安全上のリスクをもたらす可能性があると判断しました」と述べました

影響を受けるユニットは、製品のシリアル番号によって決定され、オンラインで確認できます。

15インチMacBook Proがリコールの一部であり、今回のフライトが禁止されているかどうかを確認するには、次の手順に従います。

1.画面の左上にあるAppleアイコンをクリックして、「このMacについて」を選択します。

MacBook PRO

 

 

2.モデルが「MacBook Pro(Retina、15-inch、Mid 2015)」であることを確認します。

 

3.その場合は、Appleの専用リコールページ移動し、デバイスのシリアル番号を入力して、対象かどうかを確認します。その場合、バッテリーの交換など、いくつかのオプションが提供されます。

MacBook PROの15インチ機種は販売台数が多く、日本でも多くのユーザーがいると思います。

アメリカ以外でも、今回の持ち込み禁止を行っている航空会社がありますので、同様の処置は拡大していくと思います。

バッテリーを交換したMacBook PROは持ち込みが可能になります。

ただし、それを証明するためには交換した時の用紙をコピーするなどの対応が必要かもしれません。

今回はリコールなのでMacBook PRO対象端末のバッテリーを無料で交換してもらうことが可能です。

その場合の対応として

Apple Storeに来店してバッテリーを交換。

Appleのサポートで確認し郵送でのバッテリーを交換。

などの対応があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です