スポンサードリンク

台湾は、入国する旅行者の 3 日間の検疫を解除するように設定 2022年10月13日から

ロサンゼルス空港でPCR検査

台湾は昨日、今後数週間で新型コロナウイルスの感染者数に予想外の変化がない限り、2022年10月13 日にすべての入国旅行者に対する 3 日間の検疫を廃止し、7 日間の自主的な流行防止に置き換えることを決定しました。

台湾はまた、以前のすべてのビザ免除協定を復活させ、1日に最大週到着数の上限を 150,000 に引き上げる予定です。

入国する乗客は、空港から公共交通機関を利用できます。

2022年9月29日から到着時の PCR-RT テストはありませんが、到着する乗客には、症状がある場合に使用される 4 つの迅速な抗原検査が与えられます。

毎週の到着上限も同時に 50,000 から 60,000 に引き上げられます。

Focus Taiwanから(抜粋)

今後3週間でCOVID-19の状況が悪化しない場合、検疫命令は解除され、10月13日から、到着する旅行者は7日間の「自発的な流行防止」を観察するだけでよいと彼は述べた. 、「0 + 7」と呼ばれる提案されたポリシーに言及しています。

確認された毎日の症例数が高いままであるか、再び増加し始めた場合、到着する旅行者の検疫要件は維持されると彼は言いました。

自発的な流行防止のルール(抜粋)

 

B. 自主的な防疫期間中に従うべき防疫規則:

1. 不要不急の外出は控える。
2. 入国者が仕事に出かけたり、日用品を購入したりする必要がある場合は、2 日以内に行われた在宅迅速検査の結果が陰性であることを提示する必要があります。
3. 屋外では常にマスクを着用し、ソーシャル ディスタンスを維持する必要があります。
4. ビジネス契約上の義務を果たす到着者は、出勤、現場訪問、スピーチ、または会議を行うことができます。屋外では常にマスクを着用し、社会的距離を維持する必要があります。
5. 常にマスクを着用し、職場では社会的距離を保つ必要があります。マスクは、食事中は一時的に外すことができ、食事が終わったら着用する必要があります。
6. 混雑した会場に行ったり、不特定の人と接触したりしないでください。
7. ビジネス契約上の義務を果たす到着者は、テーブルの仕切りを設置するか、社会的距離を維持する必要がある場合、レストラン内の別のスペースで一人で、または特定の人と食事をすることができます。
8. 緊急でない医療サービスまたは検査は延期する必要があります。

 

2022年10月13日から台湾に入国する場合、検疫が解除されたことがほぼ確実になりました。

ただし、 7 日間の自主的な防疫期間中にしてはいけないことには厳しい制限があります。これは実際には強制されていませんが、問題が発生する可能性はあります。

ただし、内容的には日本の現状とほぼ同じ内容が多く、欧米からの渡航者と違って日本からの渡航者に関してはそれほど抵抗はないと思います。

迅速な抗原検査に関しては、多分15分から30分ほどで結果が出るタイプを使用すると思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。