スポンサードリンク

日本入国時に入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」を使ってみました。

日本入国時に入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」を導入 入国方法が変わります。

11月1日から入国する乗客にMySOSアプリを廃止して、新しく入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」を使用して、入国前のステータスと必要書類を提出し、ファストトラックが出来る条件を整えてから入国することになりました。

今まではMySOSアプリを使用して日本入国に関するファストトラックに利用するほかに現地で飛行機のチェックインをする際にも提示することを求められます。

その他に入国に際しての関税に関する必要書類に関しては、紙による申請可スマートフォンのアプリを使った電子申請があり、MySOSとは別のアプリを利用していました。

この手続きが今月初めから入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」に移行しました。

 

2022年11月1日から入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」の使用が出来ます。
「入国審査」、「税関申告」に加えて「検疫(ファストトラック)」機能が追加されて入国手続きが簡素化すると言うことなので早速使ってみました。
使用方法などは後述します。
実際に使用した感想としては前に利用していたMySOSアプリと関税のアプリと比較して何も変わらないと言うことです。
最初に使用者登録を行います。
利用者登録を行うと、その後のファストトラックと関税の申告に関する基本的な部分は入力された状態で表示されます。
以前のアプリでは毎回入力していましたので、その部分は改善されています。
ファストトラックに関してはMySOSアプリを利用していたときと作業は同じで、MySOSアプリの時もアプリを入口にして、実際の入力や写真のアップはWebで行っていました。
今回は最初からWebサービスの中で質問に答えたり、パスポートとワクチン接種証明書の写真をアップして認証を受けます。
この申請に関して、以前はPCR検査の陰性証明も写真をアップする関係から現地で申請する必要がありましたが、今はPCR検査の必要がない国での滞在を予定している場合、日本にいる内に申請してファストトラックの認証を受けることが可能になっています。
なので、旅行に出かける前に入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」に登録して、必要な写真をアップしておくことをお勧めします。
申請する時間にもよりますが、申請指定から認証されるまで約5時間ほどで結果が反映されます。
関税に関しては関税アプリと同じ内容と作業になり、また機内でも日本入力時の書類として関税に関する用紙がもらえますので、利用してもしなくてもどちらでも良いと思います。

Visit Japan Web

入国手続き「検疫」、「入国審査」、「税関申告」をウェブから申請して行うことができるサービスになります。
海外からの訪問者だけではなく、日本に帰国する方も利用できます。

利用可能空港

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港
  • 新千歳空港
  • 那覇空港
Visit Web JapanのQRコード

Visit Japan Webの利用方法

1. 入国(または帰国)前に行うこと

  • アカウントを作成しログイン
  • 利用者情報の登録
  • スケジュールの登録
  • 必要な手続きの情報登録

2. 日本到着時に行うこと

STEP 4入国・帰国の手続でQRコード表示

操作方法

1. 入国(または帰国)前に行うこと

アカウントを作成しログイン

メールアドレスにてアカウントを作成できます。
Visit Japan Webのログイン前の画面と初回ログイン後の画面。画面が左から右に並んでいて画面の間には矢印がある。ログイン前の画面にはメールアドレスとパスワードを入力する入力フォームがある。初回ログイン後の画面には、利用者を登録できるボタンと、入国・帰国の予定を登録するボタンがある。

利用者情報の登録

利用者の情報を登録してください。
同伴する家族の情報を登録できます。
 Visit Japan Webの利用者登録前の画面と利用者登録後の画面。画面が左から右に並んでいて画面の間には矢印がある。利用者登録前の画面にある「利用者を登録」の箇所がオレンジ色の線で囲まれている。本人の情報を登録するボタンと非活性の状態でタップできない同伴家族の情報を登録するボタンがある。利用者登録後の画面では、非活性になっていた同伴家族の情報を登録するボタンが活性化してタップできるようになっている。

スケジュールの登録

入国・帰国の予定を登録してください。
Visit Japan Webで入国・帰国の予定が登録前の画面と登録後の画面。画面が左から右に並んでいて画面の間には矢印がある。登録前の画面にある「新規登録」ボタンがオレンジ色の線で囲まれている。登録後の画面には、登録前に画面になかった航空会社や到着予定日が記載されたボタンがある。

必要な手続きの情報登録

登録した予定における入国・帰国の手続の情報を登録
  • ① 検疫(ファストトラック)
  • ② 入国審査(外国人入国記録)
    ※日本人と、再入国する外国人は不要です。
  • ③ 税関申告(携帯品・別送品申告)
Visit Japan Webの入国・帰国の予定が登録済みの画面と、入国審査と税関申告が登録前の画面と、入国審査と税関申告が登録後の画面の3画面。左から右に3画面が並んでいてそれぞれの間に矢印がある。入国・帰国の予定を入力した後に、入国審査の情報と税関申告の情報を入力すると、それぞれの入力情報の一部が表示されたボタンの下にQRコードを表示するボタンが表示される。

ファストトラックとは?

入国前に証明書などを登録し、
空港では画面を見せるだけで手続きが
スムーズにすみます。

ファストトラックの利用イメージ。スマホでVisit Web Japanの画面を表示して係員に画面を見せている。

2. 日本到着時に行うこと

入国・帰国の手続でQRコードを表示し提示します。
  • ① 検疫のQRコード
  • ② 入国審査のQRコード
    ※日本人と、再入国する外国人は不要です。
  • ③ 税関のQRコード
Visit Japan Webの入国・帰国の予定が登録済みの画面、入国審査と税関申告が登録済みの画面、入国審査用のQRコードが全面に表示された画面、税関申告用のQRコードが全面に表示された画面の4画面。Z字型の順番に配置されている。入国審査と税関申告が登録済みの画面の入国審査の箇所にある「QRコードを表示する」ボタンをタップすると入国審査用のQRコードが表示される。税関申告の箇所にある「QRコードを表示する」ボタンをタップすると、税関申告用のQRのコードが表示される。

 

まとめ

実際に利用してみてMySOSを大きく変わった部分もなく、関税に関してもアプリを使って申請していますので今までとそれほど変わらない思います。

多分、新型コロナウィルスに関する入国時の手続きも必要としなくなる時がそれほど先の話でもないかと思いますので、今回のシステム変更が必要だったのか疑問に思います。

使用した感想としてはアプリを使っていたときと何も変わらないというのが実感です。

アメリカに行く際には日本の空港でチェックインをするときに係の人にワクチン接種証明書を見せるだけで、アメリカ入国時に空港に大量の人員を配置して誘導されることもなく、事前にアプリやWebで何かを入力する必要もなく、何もありません。

毎月、日本に入国するたびに日本のだめなところを見せられているような気分になります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。