スポンサードリンク

ハワイで2020年10月15日から新型コロナウィルス陰性証明で14日間の自己隔離措置を免除

ハワイ

10月15日以降、ハワイ空港に到着する前に新型コロナウィルスのテストの結果が陰性(最大72時間)である旅行者は、14日間の検疫の対象にはならないと述べています。

到着前にPCRテストを受ける必要があります。

空港でテストは行​​われないようです。

10月以降は14日間の強制検疫の代わりに、ハワイへの旅行者のために旅行前のテストプログラムを実施します。

新型コロナウィルスの検査に関しては様々な機関で行っていますがハワイは現在、証明書を必要としています。(抗体検査ではありません)

ただし、10月15日はあくまでも予定になりますので、また延期になる可能性があります。

また、今回の発表はアメリカ国内向けの発表であり、日本を含む海外からの旅行者に関しては不透明な部分があります。

 

ヒルトンオナーズのポイント

 

関連:ハワイは7月末まで14日間の検疫を延長 ハワイの現状

2018年には、ハワイへの訪問者数は約1,000万人でした。

観光が再開された場合に訪問者がハワイの空港に到着するときに、毎月100万人近くの訪問者が飛行機で到着するため、ハワイの空港に到着するときにテストすることは実質不可能になります。

これが、ハワイの空港での到着時のテストが当面の間、除外されている理由になります。

今回の14日間に規制が海外の旅行者を対象としなくなったとしても全面的な再開では無く検疫機関が免除になるのはアジアや太平洋地域の新型コロナウイルスの感染者がほとんどない地域に限られる可能性があり、今回のように事前に検査を受けて証明された方には検疫を免除する方法は当分続くと思います。

航空会社でも検査をハワイアン航空のように迅速に検査結果を出せるように検査機関と提携して旅行をスムーズに行えるようにするようですが、日本からの場合はANAやJALが同じような対策を行うかは今のところ発表はありません。

しかし、10月からANAやJALがハワイ路線の一部を再開する予定です。

現在運行しているアメリカ便

今現在運行しているアメリカ向けのANA便はロサンゼルスとサンフランシスコの2都市になります。

ロサンゼルスは成田空港からは毎日運行し、羽田空港からは2日に1便程度。

サンフランシスコも成田空港から隔日の運行になります。

ANAのアメリカ行きの運行状況

まとめ

ハワイはアメリカ本土よりも規制が多いので、すべてのアメリカ路線が復活しても、日本からは最も遅い再開になる可能性があります。

今の状況では10月から緩和予定ですが日本からの旅行は難しく、年内の観光再開の確率は低いと思います。

それでも限定された内容とはいえハワイ路線が再開され、14日間の規制が無くなることは観光再開に向けて大きな前進になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です