スポンサードリンク

新型コロナウィルスの水際対策の強化について

成田の日本航空ファーストクラスラウンジのレビュー

新型コロナウィルスの感染拡大と変異ウイルスの感染拡大を受け、水際対策の強化を実施することになり、特定の国からの帰国者は検査と14日間の検疫期間が義務づけられています。

国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの帰国・再入国に関しては下記を確認ください。

水際対策に係る新たな措置について

 

変異ウィルスの対象国

※1月7日現在、該当する国・地域は以下のとおり。

アイルランド、イスラエル、イタリア、オーストラリア、オランダ、デンマーク、フランス、ベルギー、カナダ(オンタリオ州)、スイス、スウェーデン、スペイン、ノルウェー、リヒテンシュタイン、アメリカ合衆国(コロラド州)、カナダ(ケベック州)、アメリカ合衆国(カリフォルニア州)、アラブ首長国連邦、ドイツ、アメリカ合衆国(フロリダ州)、アイスランド、アメリカ合衆国(ニューヨーク州)、スロバキア、フィンランド、アメリカ合衆国(ジョウージア州)、ジョージア、ナイジェリア、ブラジル(サンパウロ州)、ルクセンブルク

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化

 

日本へ入国するすべての方へ
・国籍を問わず、日本への入国に際し、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。
・「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)

※上記に基づく出 国前 72 時間以内の検査証明の提出は、令和3年1月13日午前 0 時(日本時間)以降に入国・再入国・帰国す る者について求めるものとする。

 

 
アジア インド、インドネシア、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ブータン、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、
ヨ│ロッパ アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア 、アンドラ、イタリア、ウクライナ、ウズベキスタン、英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)、エストニア、オーストリア、オランダ、カザフスタン、北マケドニア、キプロス、ギリシャ、キルギス、クロアチア、コソボ、サンマリノ、ジョージア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、タジキスタン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、マルタ、モナコ、モルドバ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア
中東 アフガニスタン、アラブ首長国連邦、イスラエル、イラク、イラン、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、トルコ、バーレーン、パレスチナ、レバノン、ヨルダン
アフリカ アルジェリア、エスワティニ、カーボベルデ、ガーナ、カメルーン、ガボン、ギニア、ギニアビザウ、ケニア、コートジボワール、コモロ、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、サントメ・プリンシペ、ジブチ、シエラレオネ、スーダン、赤道ギニア、セネガル、ソマリア、中央アフリカ、ナミビア、ボツワナ、マダガスカル、南アフリカ、モーリシャス、モーリタニア、モロッコ、リビア、リベリア
エチオピア、ガンビア、ザンビア、ジンバブエ、チュニジア、ナイジェリア、  マラウイ、南スーダン、ルワンダ、レソト、
北米 アメリカ、カナダ
中南米 アルゼンチン、アンティグア・バーブーダ、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、ガイアナ、キューバ、グアテマラ、グレナダ、コスタリカ、コロンビア、ジャマイカ、スリナム、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、チリ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、ニカラグア、ハイチ、パナマ、バハマ、パラグアイ、バルバドス、ホンジュラス、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、メキシコ、トリニダード・トバゴ、ベリーズ、

本件措置の詳細につきましては、厚生労働省の以下Q&Aをご確認ください。更にご不明な点がありましたら、以下の連絡先にお尋ねください。

 

検査の流れ

 

一例として成田空港での検査の流れになります。

 

新型コロナウィルスの水際対策の強化について

 

各空港の到着から検疫の流れについて

 

成田空港
羽田空港
関西空港

まとめ

成田空港でも帰国時に検査を行うことがニュースでも流れています。

空港でのPCRをすべての人に実施することは遅いくらいで、もっと早く実施する事ができたのではないかと思います。

そして、海外からの帰国時に問題になるのは14日間のホテル待機になります。

自宅待機に関してはまだ良いと思いますがホテル待機の場合は費用も自費になりますので10万円以上の出費になり、PCR検査の費用を含めると15万円以上となります。

公共機関を利用しない場合には自宅での待機が可能ですが、その中にはレンタカーも含まれていて、当然そのレンタカーは自宅近くの営業所に乗り捨てになりますので、それは良いのかとも思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です