スポンサードリンク

ブリティッシュ・エアウェイズのサンフランシスコ空港ラウンジ

ブリティッシュ・エアウェイズは、サンフランシスコの新しく改装されたラウンジをリニューアルオープンしました。

リニューアルされたスペースは近代的なデザイン、オープンスペース、ファーストクラスおよびビジネスクラスの乗客がアップグレードされたアメニティを利用することができます。

サンフランシスコ空港でJAL便を利用した場合にラウンジはサクララウンジになります。

サンフランシスコ国際空港のJALサクララウンジ

サンフランシスコ国際空港のJALサクララウンジについては以前に記載しています。

サンフランシスコ国際空港のJALサクララウンジ

 

そして、JALサクララウンジと同じ階にはキャセイパシフィック航空のラウンジもあります。

サンフランシスコ空港のキャセイパシフィック航空クラブラウンジ

 

キャセイパシフィック航空のラウンジ

今回、紹介するブリティッシュ・エアウェイズのサンフランシスコ国際空港に新しく改装されたラウンジの場所はJALサクララウンジやキャセイパシフィック航空のラウンジとは離れています。

JALサクララウンジやキャセイパシフィック航空のラウンジはゲート階と違う階になります。

今回のブリティッシュ・エアウェイズのラウンジはゲート階になります。

サンフランシスコ国際空港でJAL便などで帰国する場合に、使えるラウンジはこれで3つになりました。

今回のラウンジリニューアルはニューヨークJFK空港のキャリアが改装したラウンジと同様のデザインを採用しており、床から天井まで届く大きな窓からは自然光を取り入れた開放的な空間や大きな花崗岩のバーカウンターを設置しています。

 

ビジネスクラスの乗客用(ワンワールドのサファイヤ)のスペースとは別にファーストクラス専用のスペースがあり、そのスペースには普通のレストランと同じような「Boutique Dining」エリアへアクセスすることができます。

ただし、この「Boutique Dining」にはファーストクラスに搭乗しないワンワールドのエメラルド会員はアクセスできるかは不明です。

アメリカン航空のラウンジも同様の食事スペースをロサンゼルス空港などで提供しています。

そちらはワンワールドのエメラルド会員は利用できません。

たぶん、同じようになると思います。

「Boutique Dining」

ラウンジ全体では食事を提供していて、内容はアメリカのラウンジにしては充実している内容になります。

ラウンジのデザインを見たい場合は、ブリティッシュ・エアウェイズが3Dツアーを作成していますので、ラウンジの中を詳しく見ることができます。

CALIFORNIA, USA:
Refreshed British Airways lounge at San Francisco international airport on 03 July 2019
(Picture by Nick Morrish/British Airways)

サンフランシスコ国際空港のJALサクララウンジは個人的には正直あまりいいラウンジとは言えないと思います。

たしかにアメリカに滞在して帰国前におにぎりなどを食べたい場合はサクララウンジで提供していますので、利用してもいいともいます。

その他はスペースの広さ、食事、設備などブリティッシュ・エアウェイズのラウンジが確実に上になると思います。

日本向けのフライトの時間によって利用できない場合もありますがサンフランシスコ国際空港でJAL並びにワンワールドの会員の方でラウンジを利用する場合には

①ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジ

②キャセイパシフィック航空のラウンジ

③JALサクララウンジ

の順番でお勧めします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です