スポンサードリンク

マリオットポイントを航空会社に移行する意味(アラスカ航空のマイレージプラン)

マリオットBONVOY

一般的に、マリオットポイントはホテルで無料宿泊に利用する方も多いと思いますが、航空会社のマイルに移行する方もいます。

金額で考えると航空会社のビジネスクラスに搭乗するためにポイント移行を行うのが最もポイント価値を高めますが、それに見合うポイント数をためるのは通常で考えるとかなりの宿泊数が必要になります。

ホテルの無料宿泊は人気のあるカテゴリ5のホテルでも1泊35,000ポイントで予約できます。

お手軽に利用できるのはホテルでの滞在になります。

また、日本の国内線に搭乗するためにポイント移行をすることを考えると、この場合もホテルの滞在費にもよりますがホテルでの利用の方がお得になる場合が多いと思います。

もう1つの重要な点として、マリオットから航空会社のマイルに移行する場合に考えないといけないことは、航空会社が2つのグループに分かれます。

航空会社のマイルは同じ価値では無く航空会社によって大きく違います。

マイルの価値の低い航空会社、燃料サーチャージの必要なプログラム、お得な路線と効率的ではない路線など利用の仕方と航空会社によって大きく変わります。

もし、マリオットのポイントを航空会社のポイントに移行することを考えるなら、お得な航空会社を選択する必要があります。

ここではそういった何社かの航空会社を紹介します。

 

アラスカ航空マイレージプラン

アラスカ航空

アラスカ航空は日本に就航している航空会社ではないので、なじみが無いかもしれません。

しかし、アメリカ国内では常に上位の人気のあるマイレージプログラムになります。

アラスカ航空マイレージプランのマイルは、常に最も価値のある航空会社のマイルとして定評があります。

アラスカ航空は3大アライアンスには所属していませんが、魅力的な提携航空会社が数多くあり、その提携航空会社を利用することで日本の会員でも利用しやすくなっています。

日本ではJALと提携していますので、JAL便を利用することができる他、アジアとアメリカ間の特典航空券はとてもお得な内容です。

アラスカ賞チャートには多くのお得な路線がありますが、アメリカ〜アジアへのプレミアムキャビンを利用した特典航空券は特に魅力的です。

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空を利用した香港(HKG)〜アメリカ間でファーストクラスでわずか70,000マイル、ビジネスクラスで50,000マイルで特典航空券の予約ができます。

また、香港経由で日本や東南アジアに向かう場合、もしくは逆の旅程に関して香港で無料の途中降機をすることもできます。

 

マリオットポイントを航空会社に移行する意味(アラスカ航空のマイレージプラン)

JAL

アラスカ航空のマイルをJALの特典航空券予約に使用することも良い選択肢になると思います。

ただし、JALの米国路線網はキャセイパシフィック航空と比較すると限定されており、南西アジアへの特典はキャセイパシフィック航空で予約した場合よりも高くなります。

東京成田(NRT)または東京羽田(HND)での無料の途中降機は引き続き許可されており、これらの特典はアラスカのウェブサイトで直接予約できます。

マリオットポイントを航空会社に移行する意味(アラスカ航空のマイレージプラン)

アメリカ国内(ハワイを含む)

また、アメリカ国内の旅行にアラスカのマイルを使用することもお得です。

そういった使い方をする方は少ないかもしれませんが、アラスカ航空のマイルを利用してハワイまでの片道フライトは、エコノミーで15,000マイルからになります。

アメリカ国内では距離ベースの特典チャートを利用できます。

 

マリオットポイントを航空会社に移行する意味(アラスカ航空のマイレージプラン)

ただし、アラスカ航空の特典航空券のルールとして旅行先に関係なく、異なるパートナー航空会社が運航するフライトに対して個別の予約とまいるが必要になります。

1つのチケットで2つ以上のパートナーを組み合わせることはできません、アラスカの国際便を国際線を利用する提携航空会社に追加することはでき ます。

アラスカ航空の特典航空券に必要なマイル数の確認は

こちら

から確認できます。

 

まとめ

JALのアメリカまでのファーストクラス利用が70,000マイルで利用できることを考えると、アラスカ航空の特典航空券も同じような設定に見えるかもしれません。

しかし、アラスカ航空はブリティッシュ・エアウェイズ、海南、アイスランドエアーを除き燃油サーチャージが必要ありませんのでお得になります。

アラスカ航空のマイルを利用してファーストクラスを利用すると成田空港や、これから新しくなる羽田空港のファーストクラスラウンジの利用の他に香港空港でキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジを利用することができます。

アメリカまでの旅行なら比較的簡単に利用することができます。

また片道単位なので行きはプレミアムエコノミークラスで、飛行時間の長い帰りにファーストクラスを楽しむこともできます。

この利用方法ならマリオットのポイントを最大化できると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です