スポンサードリンク

マリオットの新型コロナウィルス流行後の新しい清掃基準

マリオットBONVOY

ホテルや航空会社は清掃を徹底することで利用者の安全を少しでも確保できように新しい清掃基準を発表しています。

世界最大のホテルチェーンであるマリオットは、アメリカやヨーロッパなど多くの国々の段階的なロックダウンの解除に向けて、ホテルの清潔基準を強化するためのアプローチの詳細を発表しています。

アンケート結果からも新型コロナウィルスの影響でホテルでの滞在に関して感染のリスクがあると考えている方は多く、ホテルチェーンでは何百人もの人々が滞在するホテルを利用する事に関しての否定的な考えを緩和するため、ホテルでのウイルスの拡散と戦うためにどのような手順を踏むかを公に公開する必要があると考えたようです。

滞在する際には、蛇口やテレビのリモコンなど、新型コロナウィルスの危険性のある数十のタッチポイントがあります。

現在、マリオットは、新しいコロナウイルスの蔓延に対抗するために、またホテルをより安心して利用するために必要な具体的な手順を発表した最初の主要なホテルチェーンになります。

ハワイ

ホテルでは、新型コロナウィルスの影響の蔓延に対抗するためにさまざまなエリアを消毒するために静電噴霧器を使用します。

これらは主にゲストルーム、ロビー、ジム、その他の公共エリアなどのより広いスペースを消毒するために使用され、新型コロナウィルスの危険性を減らす疾病管理予防センター(CDC)と世界保健機関(WHO)が推奨する高品質の消毒剤を使用します。

さらに、UVライトは、部屋の鍵や、スタッフとゲスト間、およびスタッフメンバー間で共有されるアイテムなどを消毒するために使用されています。

マリオットはまた、ホテル滞在のいくつかの面で変更を加える予定です。

客室には個人用の消毒液が設置され、部屋や公共スペースの家具田調度品の表面は病院で使われる消毒液でより頻繁に清掃されます。

ホテルのロビーには、社会的距離を維持を注意するように看板が設置され、間隔を維持できるように床にマーキングが施され、CDCおよびWHOのガイドラインに準拠するように家具を再配置または撤去します。

フロントでも間にパーティションを追加することを検討しており、スタッフにマスクと手袋を義務つけています。

また、玄関、フロントデスク、エレベーター、ジム、会議スペースに手消液を設置します。

最後に、マリオットでの飲食に関して、その衛生ガイドラインの強化、ルームサービスのガイドラインの変更、ビュッフェの見直しがあります。

マリオットに限らず、新型コロナウィルスの影響は終息した後も引き続き継続されるので、旅行やホテルの利用が完全に元に戻るために要する期間は長期的になると思います。

清潔と安全に対する新しい企業理念を確立し、利用者向けの変更をいくつか実施することにより、マリオットは、ホテルが安全に滞在できることを納得させるための最初の、そして非常に重要なステップを踏み出しました。

また、他のホテルチェーンに関しても清掃基準やホテルでのサービス内容などを見直しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です