スポンサードリンク

明日変更になります。 マリオットの無料宿泊に関係するホテルカテゴリーの変更は2021年3月3日になります。

マリオットBONVOY

マリオットは、2021年3月3日にポイントを使った無料宿泊の際に関係のあるホテルカテゴリの変更を発表しました。

今回の変更はホテルカテゴリが下がったホテルが多くなり150軒ほどのホテルがカテゴリを下げています。

カテゴリが上がったホテルは51軒になり、こちらは必要ポイント数が上昇します。

マリオットの無料宿泊に関係するホテルカテゴリーの変更は2021年3月3日になります。

関連:

マリオットBonvoy  ポイント購入で最大50%のボーナスポイントキャンペーン 2021年3月22日まで

日本のホテルカテゴリ変更

日本のホテルでフェアフィールドインバイマリオットに関してはカテゴリが下がっています。

ただ、このブランドのことを考えると当初設定されたカテゴリ4に違和感があり、今回の変更で適正になったと感じます。

その他にはモクシーホテルブランドのモクシー大阪新梅田がカテゴリを下げています。

今回の変更でカテゴリが上がるのは

オートグラフコレクションのメズム東京、オートグラフコレクションになり、こちらはカテゴリ6からカテゴリ7への変更になります。

 

マリオットのカテゴリ変更に伴うハワイの影響

 

 

お気に入りのホテルが上位のカテゴリに移動する場合は、変更が有効になる前に現在のポイント数で予約することでポイントを節約ですることができます。

下位のカテゴリに移動する場合は、変更になるまで待つことをお勧めします。

日本以外のホテルの状況に関してはこちらで確認してください。

 

まとめ

 

今回のホテルカテゴリ変更は例年と比較して少ないと思います。

やはり、新型コロナウィルスの影響があると思います。

日本のフェアフィールドインバイマリオットは、今回のホテルカテゴリの低下を受けて使いやすくなったと思います。

今まで、利用したことの無い方がこれを機会にフェアフィールドインバイマリオットを利用するようになると日本でもフェアフィールドインバイマリオットブランドが定着していくと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です