スポンサードリンク

日本初のWホテルが大阪にオープンしました

マリオットBONVOY

最初のWブランドのホテルが大阪にオープンしました。

W大阪は2021年3月16日に開業しており、新型コロナウィルスの影響が収まっていない中のオープンになります。

この新しいW大阪は、大阪出身のデザイナー安藤忠雄しによって設計された、御堂筋大通りに新築されました。

W大阪の黒い外観は、大阪の白い町並みのなかで非常に目立ちます。

日本初のWホテルが大阪にオープンしました

W大阪の概要とマリオットでのカテゴリとポイントによる滞在

 

日本初のWホテルとして誕生したW大阪は、大阪市の中央を南北に結ぶメインストリートである御堂筋に面しています。

W大阪は地上 27 階建ての黒を基調とし華美な装飾を極力おさえたシンプルでスタイリッシュな外観で、巨大な鉱石による研ぎ澄まされた結晶体をイメージしていると言うことです。

合計337室のスイートを含む客室があり、大きなガラス窓から大阪の広大で素晴らしい景色を眺めることができます。

滞在をさらに充実させるために、レインフォールシャワーと高級アメニティも期待できます。

宿泊施設のトップスイートであるエクストリームワウペントハウススイートは、入り口に「禅風の庭園」があり、美術館品質のアートワーク、シャンパンのバケツを彷彿とさせるクロームの浴槽、スイートDJブースもあります。

W大阪ルーム
(写真提供:マリオット)

W大阪には、シェフの高田裕介氏が率いる「ビストロダイナー」のコンセプトを含む、4つのレストランと2つのバーがあります。

アーミン・ヴァン・ブーレンやティエストなどの世界的に有名なDJとのコラボレーションで知られる吉山優希によるDJセットをフィーチャーするシグネチャーリビングルームバーや寿司レストランなどがあります。

ホテルの4階には、街の素晴らしい景色を望むヨガルーム、宿泊施設のアウェイスパ、水泳を楽しめる多数のLEDライトを備えた天井のある屋内プールを備えた最先端のフィットネスセンターがあります。

W大阪はマリオットのなかでカテゴリー6のホテルになります。

つまり、ポイントを利用した滞在の婆に必要なポイント数は一泊あたり40,000〜60,000ポイントが必要となります。

SPGアメリカンエキスプレスカードの更新時にもらえる50,000ポイントの無料滞在の対象となります。

W大阪の滞在費は4万円から6万円程度となりますので、ポイントでの滞在では非常に効率の良いホテルになります。

 

W大 詳しくはこちら

 

Wホテルズについて

日本初のWホテルが大阪にオープンしました1

マリオットが展開するブランドのひとつであるWホテルは、ニューヨークが発祥の地になります。

Wホテルが初めて誕生してから約20年位になりますがオープン当初は海外でニュースになっていました。

Wホテルは世界各地に60軒近くのホテルを展開し、他のマリオットのホテルブランからは異質な位置づけになりなります。

このWホテルの低価格ブランドとしては同じマリオットが展開しているアロフトホテルがあります。

しかし、似ているのは雰囲気だけで全くの別物になり、Wホテルはエントランスから客室まで独特なコンセプトを要しています。

実際にニューヨークのWホテルに滞在したことがありますが、昼間でもくらいロビーはDJがいて、バーカウンターではお酒を飲みながら騒いでいる方がいて、大音量の音楽が流れています。

イメージ的にはクラブに近いと思います。

部屋はデザイン性を重視したシンプルな内装でニューヨークも高層ビルの上階にあり大きな窓からはマンハッタンの景色を楽しめました。

好き嫌いは分かれるホテルブランドですが非常に面白いホテルになります。

 

まとめ

Wホテルがやっと日本にもオープンしました。

マリオットのホテルカテゴリーが思っていたよりも低かったのでポイントでの滞在の時に非常にコストパフォーマンスの高いホテルになっています。

Wホテルの需要が高井と来年にはホテルカテゴリが上がる可能性があり、その前に滞在してみたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です