マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

マリオットリワード プラチナ会員以上のスイートルームへのアップグレードについて

昨日から統合に向けてスターウッドとマリオットリワードのホームページやアプリが使えない状態になっています。

スターウッドのホームページは、全くアクセスできない状態であり、マリオットリワードはアップグレード中とメッセージが表示されます。


マリオットリワード プラチナ会員以上のスイートルームへのアップグレードについて


統合は本日いっぱいで終了する予定なので明日には通常通りの予約や検索が出来るようになっていると思います。(トラブルが無ければ)

統合された後は新しい特典やルールーに従ってプログラムがスタートすることになります。

上級会員に対する部屋のアップグレードに関してもそうなります。

スターウッドのプラチナ会員が今まで宿泊する際には、かなりの確率でスイートルームにアップグレードされていました。

これは他のホテルプログラムと比較してもスターウッドの利点となっていて、プラチナ会員を維持する理由の一つでもありました。

ラウンジへのアクセスはマリオットリワードでもヒルトンオーナーズでも、その他の主要なホテルプログラムでも最上級会員には保証されていますが、スイートルームへのアップグレードになると今まで宿泊した経験の中でもほとんどありませんでした。

マリオットリワードに加盟しているホテルもプラチナエリート会員になってから何度も宿泊していますがスイートルームへのアップグレードは1度も無く、ゴールド会員と同じようなアップグレードの内容でした。

スターウッドはスイートルームへのアップグレードが可能であればそれが保証されます。

他のプログラムは、アップグレードは保証されますが、内容に関してはアップグレードを約束しているだけで、スイートが含まれている可能性があると言うだけです。

同じように見えますが、この内容は大きな違いがあります。

後者の場合はアップグレードを提供している限り、ホテルはスイートルームにアップグレードする必要は無いことになります。

マリオットリワードにはプラチナエリート会員が最も高い上級会員でしたが、統合後にはさらにプラチナプレミアエリート、そしてプラチナプレミアエリート アンバサダー会員が追加されますので、1年間で50〜74泊が必要なプラチナエリート会員でもアップグレードに関しては期待できないと思います。

新しいマリオットリワードは、スターウッドのシステムを採用するのではなく、スイートのアップグレードについては古いマリオットリワードのシステムを維持しています。






それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

本日マリオットリワード&SPGプログラムが統合されます。

本日マリオットリワード&SPGプログラムが統合されます。

スターウッドのホームページでは予約などはまだ対応しているようですが、宿泊回数やポイントは表示されていません。

一方、マリオットリワードではポイント数は表示されますが、まだ合算されていないようです。

アメリカ時間の18日で終了する予定でマリオットリワードプログラムとSPGプログラムがマリオットリワードの同じプラットフォームに統合されており、それまではウェブサイトやアプリが断続的に使えなくなることが予想されます。

スターウッドの会員はホテルの予約情報はマリオットリワードに移植されます(まだ、反映していないようですが)。

この変更は予定通り進むと良いのですが、混乱することも予想されます。

完全に統合されるまでに、

合併に関するチェックリスト

1. スターウッド会員は、宿泊、滞在回数、ポイント数を示すアカウント(マリオットマリオットリワードも同様に)のスクリーンショットを保管していた方が良いと思います。

2. スターウッド会員は、今後のすべての予約と宿泊料金などの情報を保存しておく必要があります(通常はメールで予約確認が送られていますので検索できるように)。

3.多くのホテルは、明日には必要な特典ポイント数が変更されます。
今のところ現在のポイント数で無料宿泊を予約することが可能なのでより多くのポイントが必要なホテルに関しては今のうちに予約することができます。
また、ホテルカテゴリーが落ちたり、ポイント数が少なくなる予約については、予約の変更が可能なので統合後にWebから変更する事やキャンセルすることが出来ます。


4.マリオットリワードのポイントの使い方でトラベルパッケージがありますが、明日からはより多くのポイントが必要になります。
電話での申込みが必要になり、本日中に電話がつながるかはわかりませんが、もし交換希望の場合には急ぐ必要があります。


5. 2018年に限定されますが、スターウッドの会員が旧スターウッド系列のホテルに宿泊する場合に限定し今年のプラチナ、プラチナ75またはアンバサダーのステータスに関する達成基準は今までのスターウッドと同じ基準になります。

つまり、チェックインの数で25回以上の宿泊をするとプラチナ会員(マリオットリワードのプラチナプレミア)になることが出来ます。

6.マリオットリワードは、シルバー、ゴールド、プラチナまたはプラチナプレミアのステータスに移行し、スターウッドとマリオットリワード2つのプログラムのライフタイム会員に必要な滞在回数と上級会員の回数を統合します。


7.おそらく今月になってから顕著になっていますが、マリオットリワードの電話は非常につながりにくくなっています。
それがここ数日はよりつながりにくくなることが予想されます。
混乱が収束するまで、緊急な近日中のホテル滞在はIHGリワードクラブやヒルトンを利用した方が良いと思います。



出来るだけスムーズに統合が進むように(難しいかもしれませんが)願っています。





それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

シンガポール航空とシルクエアーで特典航空券の必要マイルが最大50%OFF

シンガポール航空のマイレージプログラム クリスフライヤーは、2018年9月の旅行を対象に特典航空券の必要マイル数が割引になる新しいリストを公開しました。


予約期間は2018年8月31日まで

搭乗期間は2018年9月1日から30日までになります。


シンガポール航空は、2018年8月1日から31日の間の旅行を対象に特典航空券の必要マイル数がシンガポールとバンコク、ヤンゴン、プノンペンへのエコノミーセーバーは50%割引、その他の路線は30%OFFで予約できるキャンペーンを開始しました。

このキャンペーンは、シンガポール航空とシルクエアの両方の路線が対象になります。

キャンペーンの予約は2018年8月31日までになります。


キャンペーンページはこちら


シンガポール航空とシルクエアーで特典航空券の必要マイルが最大50%OFF




キャンペーンは、特定のシンガポール航空とシルクエアー運航便のエコノミークラスとビジネスクラスのセーバー賞のオンライン特典航空券に対してのみ適用されます。

対象となる予約はsingaporeair.comで行われた特典航空券の予約に対してのみが対象になります。

日本の路線も福岡と大阪が対象になっています。

マイル数はエコノミークラスで17,500マイル

ビジネスクラスで30,000マイルになります。



このキャンペーンは、クリスフライヤー会員サービス、SIAチケットオフィス、旅行代理店、SilkAir.com、またはその他の申し込みでは利用できません。


旅程の一部が該当する旅行期間外にある場合、または対象外のフライトを含む場合、旅程全体はキャンペーンの対象になりません。


また、シンガポールを中継してリゾート地への路線は数多く有り、福岡や大阪からシンガポールへ。

その後、リゾートへの乗り継ぎにも利用することができます。

シンガポール航空のマイルをためている方は少ないと思いますがスターウッド プリファード ゲスト・アメリカン ・エキスプレス・カードをお持ちであれば効率的にシンガポール航空のマイルに移行することが出来ます。

このキャンペーンは毎月行われているようなので日本からシンガポール、そしてリゾート地への旅行を考えてる場合にはとてもお得な内容になります。











それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

ワールドオブハイアットでポイント購入40%までのミステリーボーナスキャンペーン 8月22日まで

ワールドオブハイアットは、2018年8月22日までまでの期間を対象に最大40%ボーナスポイントがもらえるポイント購入のミステリーボーナスキャンペーンを行っています。

キャンペーン期間は2018年8月22日までなので、あと一週間程度で終了します。


ワールドオブハイアットも他のホテルプログラム同様に1年間の中で何回かポイント購入ボーナスポイントキャンペーンを行っていますが、印象的にキャンペーンの回数は少ないように感じます。

ボーナスポイントキャンペーンの条件としてボーナスポイントの割合に関しては40%のボーナスポイントが上限になっているようで、それ以上のボーナスポイントの割合は見たことがありません。

なので、今回のキャンペーンはミステリーボーナスキャンペーンにはなりますが会員ごとにボーナスポイントの内容は異なり、もし40%ボーナスポイントの場合は ワールドオブハイアットのポイントを購入する場合に、最も条件が良いキャンペーンになります。


ポイント購入はこちら



ワールドオブハイアットでポイント購入40%までのミステリーボーナスキャンペーン 8月22日まで




このキャンペーンで40%のボーナス付きで購入した場合のハイアットワールドのポイントの価格は


55,000ポイント購入でボーナスポイントは22,000ポイント

合計77,000ポイント

購入金額は日本円で約15万円になります。



ワールドオブハイアットでポイント購入40%までのミステリーボーナスキャンペーン 8月22日まで1




ハイアット系列のホテルはほとんど利用することはありませんが、もしハイアットのポイントを購入して利用しようと思ったらパークハイアットモルディブやパリなど、非常に高価なワールドオブハイアットのホテルのみで使用する場合に限定されると思います。

その他にもキャッシュ&ポイントでの利用を考えているのならポイント購入で利用しても良いと思います。


ワールドオブハイアットは年間のうち何回かポイント購入キャンペーンを行っていて、ボーナスポイントの割合は最高40%のボーナスポイントです。

今回のキャンペーンで40%ボーナスポイントではない場合には、ポイント購入せずに次回のキャンペーンを待った方が良いと思います。





それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字

まもなく終了 航空会社のマイル保有期間を延長するためにスターウッドを利用する

航空会社のマイル保有期間を延長するためにスターウッドを利用する方法がありました。

スターウッドのポイントを九空会社に移行できるのはご存じかと思います。

20,000ポイントを移行する場合に25,000マイルになりますので、他のホテルプログラムと比較してもスターウッドは非常にお得でした。

スターウッドのポイントをマイルに移行する事に関しては、もう一つの利点がありました。

それは航空会社のマイル保有期間を延長させる事です。

航空会社では18ヶ月のマイル保有期間が設定されているマイレージプログラムが有り、その期間内にマイルの増減が無いとマイルが無くなるルールがあります。

メインで利用している航空会社であれば、その期間何になにかしらのマイル増減があると思いますが、それ以外の航空会社ではマイルが執行になる可能性があります。

そういったときにはスターウッドの特にプラチナ会員には非常にお得な制度がありました。

スターウッドのポイントを航空会社のマイルに移行する場合、プラチナ会員は、ポイントの最低限の必要条件はありません。

ゴールド会員は、最低1500スターポイントの移行条件があり、プリファードゲストでは最低2,500スターポイントの移行条件があります。

つまりプラチナ会員は1ポイントから移行することができました。

マリオットに統合された後も航空会社のマイルに移行することはできるようになりますが、最低移行条件は今のところわかりませんので、もし普段使っていない航空会社のマイルがある場合には統合前に行った方が良いと思います。


スターウッドはすでに8月18日の統合に向けて、それまでの期間に断続的にWebサイトが使えなくなることを告知しています。

マイルに移行を考えているのであれば、本日中に行う方が安全です。

統合に向けての作業は膨大な作業になると思います。

間違いは無いと思いますがシステムを統合する際に何があるかわかりません。

万が一のことを考えてスターウッドとマリオットリワードのポイント残高、宿泊、滞在の回数などのアカウントの詳細をスクリーンショットで補完する事をお勧めします。




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。



小さい文字