マイレージランナー~マイルとホテルとクレジットカード



スポンサードリンク

まもなく終了 アビアンカ航空 LifeMilesでマイル購入で135%ボーナスマイルキャンペーン

アビアンカ航空 LifeMilesのマイル購入で135%ボーナスマイルがもらえるキャンペーンがまもなく終了します。

2018年5月30日までに購入したメンバーはLifeMilesを最大135%のボーナスマイル付きで購入することができます。

アビアンカ航空は日本ではほとんど知らない人が多い航空会社になると思います。

しかし、スターアライアンスに加盟していますので購入したマイルはANAの特典航空券などにも使用することができます。

アビアンカ航空は南米コロンビアのフラッグキャリアになります。

現在は首都のボゴタのエルドラド国際空港をハブ空港として南米を中心に、カリブ海周辺、北アメリカ、ヨーロッパなどに幅広い路線網を持ちます。

アビアンカ航空を利用することは少ないと思いますがスターアライアンスに加盟していますので、ANAやユナイテッド航空、シンガポール航空などをマイルを使って特典航空券を利用することができます。


アビアンカ航空は、2018年5月30日までの期間を対象にマイル購入に関するLifeMilesの新しいキャンペーンを開始しました。

最大ボーナスマイルは最大135%です。

LifeMiles会員は毎年200,000マイルを購入することができます。



アビアンカ航空 LifeMilesでマイル購入で135%ボーナスマイルキャンペーン





アビアンカ航空で年間マイル購入上限額は2016年までは15万マイルでしたが今は20万マイルまで購入することができます。



マイルの購入はこちらから">マイルの購入はこちらから



今回のボーナスマイルは

1,000〜50,000ライフマイルまでは110%ボーナスマイル

51,000 -100,000 ライフマイルまでは125%ボーナスマイル

101,000〜200,000ライフマイルまでは135%ボーナスマイル

もしかしたら、会員によって若干の違いがあるかもしれません。


アビアンカ航空 LifeMilesは何年か前までは非常にお得な特典チャートで利用価値が高いマイルプログラムでした。

しかし、何回か変更があり必要な特典航空券マイル数が多くなっています。

路線や使い方ではお得な使い方もできると思います。

マイルの利用方法はANAを中心としたスターアライアンスの特典航空券になります。

スターアライアンス特典チャートはこちらを参照してください。



アビアンカ航空 LifeMilesでマイル購入で125%ボーナスマイルキャンペーン1

こちらにも掲載しています。(拡大することが出来ます。)

このチャートで見ると日本からアメリカまでのANAファーストクラスの必要マイル数は片道90.000マイル(往復180,000マイル)になります。

これはLifemilesの購入金額から考えると非常にお得になります。







それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




まもなく終了 スターウッドのポイント購入とギフトでスターポイント35%OFF

スターウッドのポイント購入とギフトでスターポイント35%OFFになるキャンペーンが今月末で終了します。

キャンペーン期間は2018年5月31日までの販売になります。


スターウッドプリファードゲスト(Starwood Preferred Guest(SPG))は、2018年5月31日までの期間にスターポイントの購入とギフトに対して35%割引を行っています。

スターウッドで購入出来る今回のキャンペーンは最高30,000スターポイントになります。

これはマリオットリワードの90,000ポイントに変換する事が出来ます。

1年間にアカウントで購入できるポイント数は最高30,000スターポインになります。

スターポイントの購入後にアカウントに反映されるのは、最低14日間程になります。


スターポイントの購入はこちらから



スターウッドのポイント購入とギフトでスターポイント35%OFF



スターポイントを最高30,000スターポイント購入した場合の金額は682USDになります。

クレジットカードの手数料を含めて日本円で約75,000円になります。

30,000スターポイントはスターウッドの無料宿泊で考えたらカテゴリー4のホテル3泊分です。

その場合は、余りお得とは言えませんがもう10,000スターポイントを保有していた場合はカテゴリー4のホテル5泊分になります。

そう考えるとホテルでの利用もお得な方法があると思います。


また、安価な価格で航空会社のマイルを購入するのに適した方法です。

ほとんどの航空会社のマイルに移行する場合は、20,000スターポイントを25,000マイルに変換することができます。

アメリカン航空などで行われるホテルポイントの移行に対するボーナスマイルキャンペーンを利用すると更にお得な内容になります。


アメリカン航空のマイルにホテルのポイント移行で最大25%のボーナスマイル


日本の会員ではポイントの獲得が難しい航空会社に対しても、マイルの購入が可能になります。

また、これをマリオットリワードポイントに返還してトラベルパッケージに使用する方法と考えることもできます(詳細は こちら)。

スターポイントは、マリオットリワードのアカウントと統合される8月上旬に新しいマリオットリワードポイントに変換されます。



これは、スターウッドがスターポイントを販売した最高の割引率です。

おそらく、この価格でスターポイントまたはマリオットリワードを購入する最後の機会になるのではないかと思います。

統合後は、ポイント獲得に関してはスターウッドの会員が今までよりはお得な内容です。


今現在保有しているスターポイントも、これから獲得するスターポイントもきちんと活用できますので安心です。

ポイントの活用に関しては次回のブログで掲載しますが、そう考えるとスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは非常にお得なクレジットカードになります。

現在でも

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで利用した支払いもスターポイントになります。

獲得したスターポイントは航空会社のマイルに移行できます。

その際の移行レートは1ポイント=1マイルで移行が可能です。

さらにボーナスマイルとして20,000ポイントの移行で、5,000マイルのボーナスがもらえます。

その際は20,000ポイントで25,000マイルになります。

つまり100円(1USDが100円の場合)で1.25マイルの価値があることになります。


以前のブログで記載しましたアメリカンエキスプレスのリワードプラス 海外航空会社への移行レートが改悪されることを考えるとマイルを貯めるためにはスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードが最も効率のいいクレジットカードかもしれません。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの年会費はちょっと高いかもしれませんが様々なメリットがあります。

ゴールド会員資格を提供されるので今ならマリオットホテルのゴールド会員にもなれます。

カード継続で、毎年無料宿泊特典をプレゼント。


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード詳しくはこちら



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード






スターウッドのポイント購入とギフトでスターポイント35%OFF1






それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。





キャセイパシフィック航空のアジア・マイル ②プログラム変更で特典航空券について

今回は特典航空券についてです。

キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。

プログラム変更は2018年6月22日から


キャセイパシフィック航空は、2018年6月22日から変更になるアジア・マイルプログラムの変更を発表しました。

全体的には変更後アジア・マイル会員は、割引されたエコノミークラスの運賃でもマイルを獲得し、座席のアップグレードには今までより多くのマイルが必要になり、ビジネスクラスとファーストクラスの特典航空券は一般に高価になり、エコノミークラスや短距離の特典航空券は下がる傾向になります。


新しいアジアンマイルに関してはこちらになります。



キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。



特典航空券について


キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空の特典航空券がより利用しやすくなるようです。

特典航空券で予約できる座席数をこれまでより20%以上増加し、フライト特典がより利用しやすくなります。

今まで往復の特典航空券に関して行きがエコノミークラスで帰りがビジネスクラスの場合、必要マイル数はビジネスクラスの往復分が必要でした。

今後はフライト特典が片道で予約することが出来かますので、往路と復路で異なるクラスでの搭乗が可能になり、より自由度の高い利用が可能になります。

ビジネスクラスなどの上位クラスに関して、特に長距離路線でその傾向がありますが、特典航空券に必要なマイル数は従来より多くなります。

反対にすべてのエコノミークラスのフライト特典交換が変更後と同じか、もしくはより少ないマイル数で予約することが出来ます。


予約の際はスタンダード、チョイス、テーラーメイドの3種類の特典航空券が用意されています。

同じ目的地でも必要なマイル数が多くなりますが、特典航空券の対象座席は多くなり、会員がマイルを使っての特典航空券の予約をしやすくなります。

また、新しいオンラインフライト特典予約システムを導入して、会員にWebページとモバイルアプリの両方ともシームレスな体験を提供します。

今までは、他の航空会社と比較して使いづらかった特典航空券の空席確認が、選択した日付、客室クラス、特典タイプのすべてのフライトの空き状況を一目で確認できるようになるようなので、利便性が向上するようです。


2018年6月22日に予約された旅行の新しいチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。3


2018年6月21日までに旅行を予約した場合の古いチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。5


より多くの特典航空券を予約する際のマイル卯が必要なチョイスのチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。4


以前は、アジア・マイルは往復特典航空券の割引を提供していましたが、片道料金は往復の半額となります。


アジア・マイルでは、ワンワールドの提携航空会社の特典航空券に必要なマイル数も変更になります。

2018年6月22日移行に予約された旅行の新しいチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。4

2018年6月21日までに旅行を予約した場合の古いチャートは次のとおりです。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。5


新しい特典航空券に必要なマイル数は、プレミアキャビンの料金が高騰するにつれて、エコノミークラスの旅行をマイルを使って予約する方には良い変更になると思います。

また、片道での予約が可能になったのは自由に組み合わせが可能になり、予約しやすくなります。

ただし、ワンワールドに加盟している航空会社の多くは今までWeb上で予約が出来ず、リクエストを送り後日空席の情報がメールで届いて、その後電話かメールで予約するようになっていましたので、その点がどうなっているのかは今のところ判りません。

またJALなどは今まで片道での予約が出来ませんでしたので、その点が改善されていると日本在住の会員には使いやすくなっていると思います。




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




キャセイパシフィック航空のアジア・マイル ①プログラム変更でマイルの獲得数

キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。

プログラム変更は2018年6月22日から


キャセイパシフィック航空は、2018年6月22日から変更になるアジア・マイルプログラムの変更を発表しました。

全体的には変更後アジア・マイル会員は、割引されたエコノミークラスの運賃でもマイルを獲得し、座席のアップグレードには今までより多くのマイルが必要になり、ビジネスクラスとファーストクラスの特典航空券は一般に高価になり、エコノミークラスや短距離の特典航空券は下がる傾向になります。


新しいアジアンマイルに関してはこちらになります。



キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。



マイルの獲得について

アジアンマイルでは今まで獲得アジア・マイル数は飛行距離に基づく方法で計算されていました。

変更後は客室クラス、予約クラス、距離ゾーンの組み合わせに基づいてマイル数が計算されます。

変更後は一部の人気都市も含め、航空券の80%でこれまでより多くのマイルを獲得する事ができます。

アジア・マイルでは、変更後にゾーンによる大まかな距離と予約クラスに基づいてマイルを獲得するゾーンベースのチャートになります。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。1



キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴンを利用する場合、会員は、キャビンクラス、運賃クラス、距離ゾーンの組み合わせに基づいてマイルを獲得します。

ワンワールドなど他の航空会社を利用する場合の獲得マイル数は、今まで通り運賃クラスによって決定される実際のマイルの割合に基づいて、マイルの獲得数は変更されません。


例えば香港からニューヨークの場合

ファーストクラスクラスでは、12,089マイル獲得から15,230マイル獲得に

割引ビジネスクラスでは、10,074マイル獲得から10,880マイル獲得に

割引プレミアム・エコノミーでは、8,865マイル獲得から8,700マイル獲得に

ディスカウント・エコノミークラスでは、2,015マイル獲得から4,350マイル獲得に


香港から台北の場合

ファーストクラスクラスでは、752マイル獲得から1,140マイル獲得に

割引ビジネスクラスでは、626マイル獲得から810マイル獲得に

割引プレミアム・エコノミーでは551マイル獲得から650マイル獲得に

ディスカウント・エコノミークラスでは、125マイル獲得から330マイル獲得に


この様に若干ですが獲得マイル数は向上しています。


キャセイパシフィック航空のアジア・マイル プログラム変更でマイルの獲得数および特典交換数が変わります。2


キャセイパシフィック航空は、これらの変更により、会員はキャセイパシフィック航空とキャセイ・ドラゴン航空券で今までより80%以上の路線でより多くのマイルを獲得できると言っています。

例で見たように増加する獲得マイル数は微増ですが少なくなるよりは改善になっています。

次回は獲得したマイルを使った特典航空券についてです。





それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。




アラスカ航空のマイレージプラン、マイルを購入で最大40%ボーナスマイルキャンペーン

アラスカ航空のマイレージプラン、マイルを購入で最大40%ボーナスがもらえるキャンペーンを行っています。

マイル購入キャンペーンは2018年7月3日までになります。

このキャンペーンはターゲットキャンペーンかもしれません。

アラスカ航空はアライアンスには参加していませんが、JALをはじめキャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、フィンランド航空、のようにマイルを獲得したり特典航空券に交換したりできる多くの提携航空会社があります。


マイル購入はこちらから

キャンペーンのボーナスマイルの比率は次の様になります。

10,000マイルで、40%のボーナスマイル

40%のボーナスマイルは10,000マイルを購入したときにもらうことが出来ます。

合計して14,000マイルになり、購入金額は日本円で30,000円前後になります。


アラスカ航空は、他の航空会社のように1に購入できるマイル数に上限がありませんので、好きなだけ購入することが出来ます。

ただし、1回の取引に対しては上限があり、60,000マイルになります。

今回のボーナスマイル対象のマイル購入数で60,000マイルを購入hした場合、ボーナスマイルと併せて84,000マイルになります。

40%ボーナスマイルで60.000マイルを購入した場合の購入金額は約20万円前後になります。

アラスカ航空はアメリカ西海岸を中心に展開していますのでアメリカ国内での利用が中心となります。

なのでアラスカ航空自体の特典航空券は利用する事には日本在住の場合制限があります。

ただし、アラスカ航空のマイルを使ってJALやキャセイパシフィック航空のような提携航空会社のビジネスクラスの特典航空券を予約した場合にはお得な路線がありますのでマイル購入を考える前に路線と必要マイル数の確認が必要です。


アラスカ航空は年間を通してマイルプランのマイルを販売しており、昨年の最大ボーナス率は50%ボーナスマイルでした。

しかし、今年は1月や2月のキャンペーンでもそうでしたが40%のボーナスマイルキャンペーンを行っていますので50%ボーナスマイルキャンペーンはないかもしれません。




それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

  


人気ブログランキングへ


ありがとうございました。