スポンサードリンク

更新 マリオットBonvoy  ポイント購入で最大40%のボーナスポイントキャンペーン 2023 年 4 月 3 日まで

マリオット LOGO

Contents

マリオット 40%のボーナスポイント

4月3日までに2,000ポイント以上を購入すると、40%のボーナスポイントを獲得できます。

2023 年 4 月 3 日までに2,000ポイント以上を購入またはプレゼントすると、40%のボーナスを獲得できます。

今回のポイント購入キャンペーンは約2ヶ月ぶりのポイント購入キャンペーンになります。

合わせて購入できるポイント数も100,000ポイント(ボーナスポイントを除く)になっています。

 

マリオットのポイント購入キャンペーン

 

マリオット Bonvoy 2023 年 4 月 3 日までポイントを40% OFF ポイント購入キャンペーン

ポイント購入キャンペーン

マリオットBonvoyの会員は、ポイント購入することによって、購入したポイントに対して最大50%のボーナスポイントを獲得することができます。

通常会員が1年の内で購入できるポイント数の上限は、50,000ポイントになります。

今回のキャンペーンでは購入できるポイント上限が2倍になり100,000ポイントになりました。

上限まで購入した場合はボーナスポイントを含めて140,000ポイントを購入することができます。

ただし、今回のキャンペーンにおけるボーナスポイントの比率は会員によって違うようです。

なのでボーナスポイントや購入できるポイント数が違う可能性があります。

確認したところ購入できるポイントの数は100,000ポイントまででした。

マリオットはこちら

ポイント購入

キャンペーンのポイント購入は

ポイント購入はこちら

 

このキャンペーンを利用できるアカウントは、キャンペーン開始日より最低で90日前に開設されていることが条件になります。

ポイント購入は通常の2倍に当たる100,000ポイントまで購入することができます。

ポイント購入金額

ポイント購入の金額は次のようになります。

100,000ポイントを購入した場合には40%のボーナスポイントがついて140,000ポイントになります。

その際の購入金額は1,250USD、日本円で約17万円前後になります。

 

マリオットポイントの利用

 

Marriott Bonvoyポイントを使用するには多くの利用方法があります。

その中で最もポイントの価値が高いのはホテルでの利用と提携航空会社へのマリオットポイントをマイルへ移行することになります。

その他の交換方法もありますが、それらの交換方法ではマリオットボンボイのポイントに適した価値を提供していません。

ポイントによる滞在

2019年9月14から、マリオットのポイントを使った無料宿泊にピークとオフピークが導入されてマリオットのポイントを使った無料宿泊に必要なポイント数は、ホテルカテゴリによる固定のポイント数から宿泊する日によって3段階に分かれたポイント数へと移行しました。

導入直後は、それほど変化はありませんでしたが、導入してから9ヶ月がたち、状況もはっきりしてきました。

変動制の導入でホテルごとのピーク時またはオフピーク時の価格を確認できるカレンダーなどはありませんので、ホテルごと、宿泊日ごとのポイント数の確認が必要になります。

今回調べた中でマリオットのピークおよびオフピークの傾向がありましたので記載していきます。

マリオットはこちら

実際のポイント数は

これからポイントで宿泊しようと思った場合は、宿泊日を指定して、ポイント数がどのくらい必要か確認することになります。

誰もが宿泊を考える週末に関して、日本のホテルをチェックしてみました。

ホテルカテゴリー5のマリオットホテルの中では平均的なカテゴリを調べました。

カテゴリ5のスタンダート時のポイント数は35,000ポイントになります。

12月や1月の週末を見てみると一泊40,000ポイントで表示されている日が多く、スタンダードやオフピークの設定はありません。

ポイントによる無料宿泊一覧

マリオットリワードとスターウッド ホテルカテゴリーと必要ポイント数を発表1

 

 

5泊目無料

やはりマリオットのポイントを最大限に活用する最も簡単な方法の1つは、ポイントを使った特典宿泊で5泊目を無料で利用することです。

この割引は、5泊以上のオンライン予約の場合に自動的に適用されますが、スタンダードルームのみが対象となります。

ただ今回のピーク、オフピークの導入によって最初の4泊がスタンダードまたはオフピークのポイント数で、5泊目がピークのポイント数の場合、5泊目は無料になりません。

1回の特典滞在で5泊目を複数回無料で獲得できます。

もちろん、ポイントを使った特典宿泊で5泊目を無料で利用することはマリオットホテルのほぼすべてのホテルで利用できます。

これは、カテゴリ8のモルディブに滞在している場合でも、自動的にポイントの価値を25%高める簡単な方法です。

マリオットでの4泊のポイント滞在を考えている場合は5泊までに延泊を考えるべきです。

この機能を、マリオットポイントから大きな価値を得るための次の方法と組み合わせることもできます。

カテゴリ5のホテル

モルディブのホテルに滞在することは難しいですが、実は最も利用しやすいのはカテゴリ5のホテルになります。

これは、スタンダードのポイント数でカテゴリ5のホテルを予約する場合は35000ポイントになります。

カテゴリ5は、リーズナブルな価格の高級ホテルになります。

ロサンゼルスのようないくつかの大都市では、無料宿泊の交換方法を決定する際に、12種類もの選択肢から選択できます。

過去2年間で、次のカテゴリ5の施設での滞在を楽しんでおり、旅行代の節約になりました。

マリオットロサンゼルスエアポート

マリオットアナハイム

シェラトンユニバーシティ

これらのホテルはすべてカテゴリ5になり、滞在費用は1泊200ドルから300ドルになります。

新しい都市に旅行するときはいつでも、最初にカテゴリー5に焦点を当て、ホテルの基準にしています。

ホテルカテゴリに関して

 

2020年3月4日に施行された今年の年次カテゴリ変更後も、マリオットには、世界中にカテゴリ5のホテルが1,000以上あります。

日本のホテルで考えても17軒のホテルがあり、地域的に見ても全国に展開されています。

ひとつ下のカテゴリ4も同様にポイントを使った無料宿泊では中心的なカテゴリになりますが、このカテゴリの日本でのホテル数は13軒になります。

今年開業するホテルのほとんどがこの2つのカテゴリになり、日本のマリオット全体のホテル数が先日の奈良が改行しましたのでちょうど60軒なので半分を占めています。

カテゴリー5は、マリオットの8つのカテゴリーのポイント数の約半分になり、このカテゴリには、マリオットの高級なブランドであるウェスティンホテルなども含まれています。

日本以外では北京、ジャカルタ、イスタンブール、アブダビ、バージニア州タイソンズコーナーなどのさまざまな場所にカテゴリー5の20軒のリッツカールトンホテルがあり、セントレジスは10軒ののホテルがあります。

EDITION、JW Marriott、W Hotelsなどのブランドを含めると、他に50軒を超える高級ホテルが簡単に見つかります。

日本ではそれらのホテルブランドはカテゴリ5ではありませんが、ポイント数に見合うだけのホテルは数多くあります。

変動制の移行で変わることは?

マリオット

昨年末、マリオットは、特典滞在に必要なポイント数が2022年3月にダイナミックなポイント数に変わるとニュースを発表しました。

このままであれば予定通り3月に移行する予定になると思います。

マリオットBonvoy会員は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特典が利用できる2月24日から自分のアカウントから最大15,000ポイントのFree NightAwardsを追加して65,000ポイント分まで滞在できる無料宿泊アップグレードできます。

この変更は特典滞在に利用できるホテルが多くなり、有料滞在時に高価になるホテルも利用しやすくなります。

マリオットは、変更後もホテルの大部分が2022年の現在の3段階に分かれているシーズン制のポイント数の範囲にポイント数はとどまると発表しています。

一例でカテゴリ3のホテルが、現在のオフピーク価格である1泊あたり15,000ポイントからピーク価格である20,000の範囲に1泊あたりのポイントが収まることになります。

変更後は、ポイント数のバリエーションが増えることになります。

ある日の滞在は1泊あたり16,000ポイントを費やし、別の日は18,000ポイントを費やす可能性があります。

ただし、完全な変動制を導入するホテルも若干ながらあるようなので最高の特典滞在ポイント数は100,000ポイントなので理論的には上限まで設定することができます。

 

ポイント&キャッシュ

マリオットポイントを利用するためのオプションがいくつあるかを考えると、ホテルの滞在で連泊ならすべての滞在をポイントを利用して5泊することがお得な使い方になります。

しかし、連泊ではない滞在をするときにはポイント&キャッシュで滞在を考えて、有料の滞在に変えることができます。

マリオットポイントのポイント価値を価格に換算した場合、ホテルの料金が曜日や日にちによって変動することを考えると、それとの兼ね合いになりますが、お得に宿泊できることが可能になります。

上記のように、5泊目無料の割引で連泊をすることもできますが、少なくとも5泊分のポイントを使用する必要があります。

ポイント&キャッシュでは連泊する必要はありません。

たとえば、3泊の宿泊の場合、安い価格で宿泊できる2泊分をクレジットカードで宿泊、さらに1泊分の宿泊料金の高いときだけポイント&キャッシュで宿泊を予約することができます。

これにより、ホテル代の節約をできます。

1マリオットBonvoyの完全ガイド2

 

ポイントアップグレード

マリオットボンボイの会員は、ポイントを使用して、有料または特典の予約を、オーシャンビュールームやスイートなどのより高いカテゴリーにアップグレードすることができます。

これらのアップグレードに必要なポイント数を表したチャートは公開されておらず、すべてのホテルで利用できるわけではありません。そのため、個々の滞在のためにこれらのアップグレードを検索する必要があります。

ポイントをマイルに移行する

マリオットのアカウントで保有しているポイントは航空会社のマイルプログラムにポイントを移行する方法があります。

その結果、通常の航空会社提携のクレジットカード以上にマイルをためることも可能で、その為に最も人気のあるプログラム特典のひとつであり、クレジットカードでマリオットポイントを獲得するメリットにもなっています。

航空会社のマイルプログラムへのポイントの移行

かつてのマリオットリワードとスターウッドプリファードゲストは、ホテルのポイントをさまざまな航空会社のロイヤルティプログラムに移行する方法として人気があったため、この機能がマリオットBonvoyで継続されていたのは当然のことです。

マリオットと提携している40以上の航空会社のプログラムとポイントは3対1の比率で移動し、その際のポイント数60,000マリオットポイントを移行すると、5,000マイルのボーナスマイルがもらえます。

この結果、6万マリオットポイントが、ほとんどの航空会社で25,000マイルになることになります。

可能な限り、常に60,000ポイントのポイントを移行することが最もお得になります。

リワードプラスのパートナーシッププログラムによって、ユナイテッド航空のマイレージプラスにポイント移行すると、さらに10%のボーナスを受け取ることになり、これは、60,000マリオットポイントが27,500ユナイテッドマイルになります。

転送には年間上限はありません。

ホテルの特典交換で十分な価値が得られる場合には、航空会社へのポイント移行に関して魅力を感じないかもしれません。

しかし、マリオットが統合されてからポイントの価値が下がっています。

今の状態であれば、航空会社のマイルにホテルのポイント移行することはお得な使い方になります。

ポイントを移動するつもりなら、他の多くのホテルロイヤルティプログラムではなく、マリオットのBonvoyを使用することをお勧めします。

マリオットには多数のパートナーと比較的良好な移行レートがあります。

まとめ

スターウッドの時にはポイント購入キャンペーンでポイントを購入することに意味があったような気がします。

マリオットと統合になってからは、ポイントの価値が徐々に下がってしまって、お得感が無くなっています。

今回のキャンペーンでもすべての使用ポイントを購入して特典宿泊を考えている場合はお得なホテルも少ないと思います。

中途半端に持っているポイント数を、あと少しで利用できるポイント数になる方で、近々に利用したいと考えている場合にはポイントを購入する意味があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。