スポンサードリンク

プロパーカードと提携カード

国際ブランドのクレジットカード5ブランド(ダイナース、アメリカンエキスプレス、VISA、マスタカード、JCB)があります。
ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレス、JCBは自社でプロパーカードを発行しており、VISA、マスタカードは発行元が銀行などになります。(三井住友やCITIBANK)
そのプロパーカードの他に現在、多数の提携カードがあります。
そのもっとも有名なカードは航空会社のマイレージに移行できるカードになり、其の他にもガソリンや百貨店、ホテルや旅行会社など多岐にわたります。
カードを使う動機が単に決済機能の為ではなく、ポイントや優待などに比重が多くなっている現状でダイナースクラブ、アメリカンエキスプレスは別として、残りの3ブランドのプロパーカードの存在意義が少なくなっているように思います。
マイレージに関してもポイントの交換比率が提携カードの3分の1程度になり、その他のメリットも大差がない事が多くなっていますので、自分のライフスタイルにあった提携カードを作ることがメリットが大きいと思います。
その点、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレスは移行ポイントも提携カードと遜色なく、またマイレージだけでなくホテルプログラムなどに移行できるので、こちらは提携カードよりプロパーカードの方が自由度が高く、お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です