スポンサードリンク

JALの長距離LCC航空会社「ZIPAIR東京」中長距離の運行を目指す。

日本航空(JAL)は、2020年の夏を目処に中長距離便を運航するLCC航空会社として、「ZIPAIR東京」という名前で低コスト航空会社を設立しました。
「ZIPAIR東京」はボーイング787ドリームライナーを使用し、当初はバンコクとソウル – 仁川の 2つの都市を結ぶ路線からスタートします。

JALのライバルであるANAはすでに長年にわたりピーチをLCCとして運営しています。
ピーチは今の所、経営的に安定しているようなのでLCCと呼ばれる低コストキャリアとして、成功していると思います。
そのピーチは中距離というより近距離の就航都市がメインの会社ですが、「ZIPAIR東京」はそれよりも遠い就航先を考えているようで、将来的には太平洋を跨ぐ路線も考えているようです。
日本航空は、新しい低コスト航空会社をアジアでの格安航空需要の増加に伴い、来年、東京近郊の成田空港とバンコク近郊のスワンナプーム空港、ソウル近郊の仁川空港を結ぶと発表しました。
ZIPAIR東京は、太平洋横断およびヨーロッパのフライトも提供することを目的とし、初飛行後2年間で収益を上げることを目指していると語日本航空は、新しい低コスト航空会社をZIPAIRと名付け、アジアでの格安航空需要の増加に伴い、来年、東京近郊の成田空港とバンコク近郊のスワンナプーム空港、ソウル近郊の仁川空港を結ぶと発表した。
中距離から長距離のフライトを提供する低コスト航空会社(LCC)ZIPAIR東京は、太平洋横断およびヨーロッパのフライトも提供することを目的とし、初飛行後2年間で収益を上げることを目指しているとのことです。
当初は、2台のボーイング787-8ドリームライナーを使って運営していくようで、順次機数は増えていくと思います。
東京からバンコクへの飛行は通常6:30時間前後になり、キャビンがどのように設定されているか、そしてもちろん席の感覚によっては、LCCキャリアでの旅行はかなり窮屈かもしれません。
航空機:ボーイング787-8
事業概要:2020年夏季スケジュール
– 東京(成田)=バンコク・スワンナプーム国際空港
– 東京(成田)=ソウル – 仁川国際空港から以下の路線を運行すること
人事
採用説明会は2019年4月に開催されます。従来の採用とは異なり、空港運営、プランニングサービス、客室乗務員など、幅広い分野で活躍する従業員を募集しています。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です