スポンサードリンク

新iPad miniiPadが発表されました。Apple Pencil対応で4万5800円 AppleSIMにも対応

アップルは7.9インチタブレットのiPad mini4を販売して以降は、もうこのクラスのタブレットを販売しないといわれていました。
今回、その予想を裏切って「iPad mini」の新モデルを発表しました。
iPad mini4との大きな相違点はApple Pencilに対応し、プロセッサをA12 Bionicと高速化したのが特徴です。

外観にはそれほどの変更は無いようでiPad PROの用にホームボタンがなくなるわけでもありません。
しかし、7.9インチのRetinaディスプレイは、外光環境に応じて自然な色温度に調整してくれる最新のiPad Proと同じTrue Toneに対応しています。
プロセッサはiPhone XS と同じA12 Bionicになります。
処理性能はiPad mini 4に比べて3倍、グラフィックス性能は9倍に向上しています。
1iPadmini.jpg
Apple Pencilは旧型に対応していますので安くなった中古のApple Pencilを利用することができます。
これは今回同時に発表されたiPad Air(2019)も同様です。
充電端子もiPad ProのUSB-Cではなく、Lightning端子を採用しています。
海外に持って行くときに気になるサイズと重量に関して本体サイズは203.2 x 134.8 x 6.1mmとなり、相変わらずコンパクトなサイズになります。
重さも約300gと非常に軽いので気になりません。
iPad miniはAppleSIMにiPad mini4から対応しています。
以前は9.7インチのiPad Proを利用して海外で通信を行っていました。
でも、少しでも重量を減らしたいのと7.9インチでも実用的にまったく問題が無く、取扱の楽なiPad mini4に替えて正解だったと思います。
今回の新しいiPad miniは高速化されApple Pencilに対応しています。
価格は価格はWi-Fiモデルの場合、64GBが4万5800円(税別、以下同)、256GBが6万2800円。
セルラーモデルの場合、64GBが6万800円、256GBが7万7800円。
購入するのであればAppleSIMにも対応しているセルラーモデルですがWi-Fiモデルとの値段差が予想以上にありますので、買い換えるか悩むところです。
アメリカでの通信環境を考えると6ヶ月間有効で5GBで10USDのAppleSIMは非常に便利なので毎月渡米している状態では、他に選択肢が無い状態です。
AppleSIMを使ったアメリカでの接続方法です。
これは、最初に通信が出来ない状態でも、申込みが出来ます。
Apple SIMを開始すると画面にはキャリアの選択になります。
アメリカでのインターネット接続について1
AT&TやSprint、T-Mobileはキャリアになりますのでドコモやソフトバンクのようなもの。
AlwaysOnline やGigSkyはグローバルで使え、ドイツやイタリアでもこの2社は表示されます。
この2社はどの国でも使用することが(今のところ90国くらい)できて便利なのですが料金が割高になります。
アメリカでのインターネット接続について
AT&TやSprintも先ほど記載したようにプリペイドSIMと変わらない値段設定でした。
そして今回契約したのはT-Mobileになります。
理由は5GBが10USDと非常に安く、また有効期限が1ヶ月ではなく5ヶ月間有効なのもメリットは大きいことでした。
もちろん1ヶ月1GBではないので1回の旅行で5GBを使用することが出来ます。
仕事で毎月2回アメリカに行って主要な通信はホテルや事務所からするのでサブ的に使うにはこのプランは最適です。
アメリカでのインターネット接続について2
アカウントを作成する段階でも名前や住所、メールアドレス、クレジットカード番号などを入力します。
住所についてはアメリカの住所を入力する必要がありますので、例えば滞在中のホテルの住所でも対応できます。
クレジットカードに関しては、アメリカで作成されたクレジットカードしか受けてくれないキャリアもありますがT-Mobileは日本で発行されたクレジットカードに対応していました。
入力をして、アカウントが作成されるとネットワークの表示がT-Mobileに切り替わりましす。
アカウント作成後はインターネットでも使用状況などを確認出来ます。
アメリカでのインターネット接続について3
appleSIMに対応する機器を持っている人が限定になりますが、AT&Tは、「GoPhone」というプリペイドを販売しています。
iPadと同じタブレットプランの場合、2GBで25ドル、5GBで50ドルになります。
SIMカード自体は無料化もしくは3USD程度で購入できますので負担にはなりませんが購入する手間と日本でアクティベーションを行うことが必要になりますのでApple SIMを内蔵したiPad Proならこの手間もかからないため、旅行に関しても最適です。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です