スポンサードリンク

新型iPhone SEが販売 44,800円から

iPhoneは日本で最も販売されているスマートフォンになります。

高性能のカメラ、超高速プロセッサ、6.5インチの巨大な画面を備えたAppleのフラッグシップスマートフォンであるiPhone 11 Pro Maxを始め、昨年同時期に、発表されたiPhone 11 Pro Maxよりも価格の安いiPhone 11を発売しました。

しかし価格はPhone 11でも価格は74,800円からです。

日本では低価格のiPhone SEがその価格だけではなくサイズなどが理由で人気のあるスマートフォンでした。

その新型が販売されます。

やはり、海外に旅行に行く場合にレンタカーとの接続やホテルにある備え付けのスピーカー、そしてテレビなどに接続することを考えるとアンドロイドのスマートフォンよりもiPhoneシリーズの方が便利です。

それは低価格のiPhone SEでも同じなので、低価格ので購入できるのは魅力的です。

iPhone SEは、黒、白、赤で利用できます。 アップルの写真提供。
iPhone SEは、黒、白、赤で利用できます。

今回販売されたのは前異種と同じ名称でiPhone SEになります。

新しいiPhone SEは多分これから第二世代と言われると思います。

4.7インチのRetinaディスプレイ、12メガピクセルのカメラが1台、価格が44,800円からになり、メモリーのバリエーションは64GB、128GB、256GBとなります。

他のiPhoneと比較してはるかに小さい筐体に高速のA13 Bionicプロセッサーが搭載されています。

新型iPhone SEが販売 44,800円から

本日4月17日金曜日に予約注文が可能になります。

新しいiPhone SEには、Appleのより上位機種と同じカメラ機能はありません。

2倍の望遠カメラや0.5倍の超広角カメラもありません。

ただし、iPhoneカメラ機能の1つであるポートレートモードをサポートしています。

このモードを有効にすると、被写体を撮影後、後で照明と被写界深度を調整できるため、撮影した後でも、非常に柔軟に対応できます。

1秒あたり最大60フレームで4Kビデオを撮影することもできます。

また、光学式手ぶれ補正機能、240fpsのスローモーションビデオのサポート、セルフィーカメラのポートレートモードオプションなども備えています。

この新しいiPhone SEはまた、nano-SIMとeSIMを介してデュアルSIMカードをサポートしているため、自宅のSIMカードと海外の格安SIMを同時に使用できます。

また、旅行の最に便利な、そして国内でも使いかっての良いApple PayをサポートしているのでApple Cardを始めSuicaやクレジットカードなどを含む決済に対応しています。

防水性はIP67を備えているため、誤って水に浸ったりした場合でも、故障を心配する必要はありません。

メインはアンドロイドを使っている方でも、サブとして購入するには負担の少ない価格になります。

ディスプレーが前機種の4インチから4.7インチに変更になり、筐体の形やApple Pay、防水、ワイヤレス充電などを考えるとiphone8の高速版に近いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です