スポンサードリンク

Appleの新しいクレジットカードの外観です。

AppleはApple Pay専用のクレジットカードとして「Apple Card」を発表しました。
当面はアメリカでの未対応ですが日本もすぐ対応すると思います。
アメリカでの利用開始は2019年の夏頃になるようです。
AppleではApple社員を対象にクレジットカードをベータテストとして、サインアップした従業員は実際のカードを受け取り始めている「ようです。
1Appleの新しいクレジットカードの外観です。

クレジットカードには番号などはなく、Apple Payでの利用を前提に利用金額や購入場所の管理などが出来ます。
使い方は通常のApple Payと同じになります。
Appleカードの最も大きな特徴の一つにカード素材チタン製という事と、年会費がないということです。
それが発行されると無料のチタンカードとしては世界で初めてとなります。
Appleカードの重さは約14gほどなのでアメリカンエキスプレスのチタンカードなどと同じくらいの重さになります。
また、カードにカード番号が刻印されていないため、カードキーのような外観になります。
すべての個人情報は、ユーザーのApple IDから収集されて、使っているApple Walletに保存されます。
つまり、iPhoneを持っていない場合は、このカードの利用対象にはなりません。
1Appleの新しいクレジットカードの外観です。1
1Appleの新しいクレジットカードの外観です。2
新しいAppleカードについては好き嫌いが分かれそうです。
Appleカードはキャッシュバックがあり、Appleでの購入で3%、Apple Payでの購入で2%、それ以外のすべてで1%のキャッシュバックがあります。
日本で発行されているクレジットカードでキャッシュバックがあるカードもありますが、還元率はAppleカードの方が高いようです。
このAppleカードは日本とアメリカでは発行時期が違います。
アメリカのAppleIDを持っていて住所がある場合は日本時でもアメリカで発行されたときに作れるのか?
アメリカでクレジットカードを作るときに必要になるクレジットヒストリーや社会保障番号のソーシャルセキュリティナンバーは必要ないのか?
もし、それらの項目が必要なくAppleIDとiPhoneのみが条件であれば、短期の出張や留学の際に利用価値は高いと思います。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です