スポンサードリンク

イタリアのアウトレットで最も行く価値のあるザ・モール アウトレット

ザ・モール(The Mall)

フィレンツェからアクセスが便利でイタリアでも最大規模のハイブランドが集まった充実したアウトレットThe Mall

 

ザ・モール (The Mall )はイタリアの観光地としてベスト4にはいるフィレンツェの郊外にあるアウトレットになります。

イタリアに訪れた際に人気のある訪問先としてローマ、ミラノ、ヴェネツィアと並ぶフィレンツェ。

そのフィレンツェからローマに向かって30Kmほどの距離にイタリアで最も充実したアウトレットの一つ「ザ・モール(The Mall)」があります。

イタリア ルネサンス発祥の地、芸術の都フィレンツェ

14世紀から16世紀にかけて花開いたルネサンス。 その中心として繁栄を誇ったフィレンツェ。 いまでも当時の面影を町のあちこちに残すフィレンツェは毎年たくさんの観光客が訪れるイタリアでも最も人気のある訪問先になります。

フィレンツェのホテルはこちら

ザ・モール(The Mall) について

ザ・モール(The Mall)」のオープンは2001年になります。

ザ・モール(The Mall)」 がオープンした当時は運営しているグッチを中心としたアウトレットで店舗数も少なくボッテガヴェネタなどの革製品のブランドが中心に小規模なアウトレットとしてスタートしました。

2008年ころの 「ザ・モール(The Mall)」 は、グッチに関して今と同じ建物で規模も変わりませんが、 全体としては現在の半分にも満たない規模で 運営していました。

その時に入店していたのはフェンディやアルマーニ、フェラガモ、ゼニアなどのブランドが入店し、イブサンローラン、バーバリーなどのブランドになります。

その時点でもグッチのアウトレットがデザイナーアウトレットでも展開していないこともあり(現在では何カ所かの デザイナーアウトレットに入店しています)希少性とグッチの人気が高いことから、注目のアウトレットでした。

ただし、現在のようにフィレンツェから直接 「ザ・モール(The Mall)」 に行けるシャトルバスはなく、公共のバスでフィレンツェの駅前からローカルのバスに乗って 「ザ・モール(The Mall)」 まで行くか、レンタカーで行く方法しかありませんでした。

その後もクリスチャンディオールやエミリオプッチ、そして2年ほど前にプラダも入店し、非常に集客力の高いアウトレットになっています。

今では「The Mall」に隣接してモンクレール(「The Mall」の敷地にありましたが、拡大してロータリーの反対側に移転)やディーゼル(「The Mall」から移転)、スポーツウエアやアパレルブランドが数多く出店しています。

単純な出店数やブランド数から考えるとデザイナーズアウトレットの方が200店近く入店しているアウトレットモールがあり、 「ザ・モール(The Mall)」 とは比較にならないかもしれません。

しかし、 「ザ・モール(The Mall)」 は規模こそ、それらと比較すると小さいですが、入店しているブランドは誰もが知っているハイブランドを中心に注目のブランドが数多く出店しています。

プラダが入店するまで、フィレンツェからプラダのアウトレットに行く場合は 「ザ・モール(The Mall)」 よりさらに南に20Kmほど離れた場所にプラダアウトレットSpaceがあり、そちらに行くしか方法はありませんでした。

ザ・モール(The Mall)」 にプラダが入店してからは規模がSpaceよりも小さいためアパレルの品揃えは少ないものの、財布やバック、小物に関しては価格も同じで品揃えも遜色がありませんので 「ザ・モール(The Mall)」 1カ所で買い物ができるようになりました。

それまではプラダとグッチを購入しようと考えたときには2カ所のアウトレットを回るためには時間と労力が必要でしたが、1カ所でアウトレットショッピングができることは非常に効率的になります。

入店している店舗で人気のあるのはグッチとプラダになります。 どちらも夕方が過ぎて閉店が近くなる時間までは常に込み合っています。

その他のブランドは比較的入店者数が少ないため、余裕を持って買い物ができます。  

ザ・モール アウトレットのグッチについて

ザ・モール (The Mall ) に入店している店舗で人気のあるのはグッチとプラダになります。 今回はグッチについて状況や買い物の仕方、注意点や効率的な買い物の仕方などに関して記載しています。 ザ・モール (The Mall ) に来店した時の参考にしてください。

グッチは ザ・モール (The Mall ) の中で最も店舗面積が広く、他のデザイナーズアウトレットにもグッチが入店していますが、大きさと品ぞろえ、アイテム数では5分の1ほどになりますので ザ・モール (The Mall ) にあるグッチとは比較になりません。 旅行中に1カ所だけアウトレットに行くことができるなら、迷わず ザ・モール (The Mall ) をお勧めします。

グッチは来店している人数に比較して店員に人数が少なく、そういった時には入場制限をして入店できる人数を抑えています。 それでも店員を捕まえるのが一苦労です。

グッチでは一人や一組のゲストに店員一人が付いて接客をします。 財布などはショーケースから1個1個取り出して見せます。 ショーケースを見ただけでは価格はわかりませんので、取り出した財布を開いて中の値札で確認するようになります。

バックはショーケースの背面にあり、そちらも指定して見せてもらうようになります。

服や靴などに関しては自由に取り出して見ることはできます。 ただし、日本と違って勝手に商品に触ったり靴を履くことは基本的にダメなイタリアなのでアウトレットといっても、できないわけではありませんがアウトレットでもあまりいい顔はされません。 やはり店員に接客してもらって購入を考えた方がいいと思います。

気を付けないといけないのは ザ・モール (The Mall ) に限らず、イタリアのデザイナーズアウトレットに入店しているグッチやスイスのフォックスタウンにも言えることですがグッチでは購入できる商品に上限があります。 他のアウトレットと比較すると ザ・モール (The Mall ) の上限は少し多いのですが、財布などのGG柄のものは5点までまでになります。

同じ系統の商品は厳密に上限個数が決めれていますが、注意が必要なのはグッチ独自の系統になりますので、同じ柄の財布でも素材が違うと違う系統になったり、素材も商品の種類が違っていても同じ系統になったりしますので店員に確認する必要があります。

確認する場合には日本人のスタッフが2名(男性1名、女性1名)がいるので、その人に尋ねるとわかりやすく教えてくれます。

もし、お土産などでそれ以上の購入が必要な場合には店員に交渉することで10個ほど同じ系統の商品を購入できる可能性があります。 その際にはマネージャーに相談して販売してくれることがあります。 ただし、その日の在庫や混み具合によって断られることや数量を減らされることはあります。

ただし、その際は5点までタックスフリーになり、残りの商品は免税処理を受けれないことになります。

その際は言わなくても高い商品から免税にしてくれます。

購入する商品が決まったらゲストカードに名前やメールアドレス、住所などを記載して、それを店員が2階にあるレジのバックスペースに持っていきます。

会計の際は名前をレジで伝えると、 バックスペース から商品を持ってきて確認しながら会計を行います。 その際にはパスポートも必要になります。 一応「タックスフリー」と伝えると(伝えなくても店員から聞いてくると思いますが)免税の手続きをしてくれます。

先ほど記載した商品の購入数に関する制限ですが、グッチの場合はその月の終わりまで制限がかかります。 もし、次の日 ザ・モール (The Mall ) のグッチに行って商品を購入しようとしても1ヶ月ごとの期間に上記の点数が上限になりますので、レジで購入を断られます。

レジでパスポートをチェックしていますので、上限に達している場合は商品の購入はできません。

 

ザ・モール アウトレットのプラダについて

 

ザ・モール (The Mall )のプラダは、 ザ・モール (The Mall ) から車で30分ほど離れたプラダ(PRADA)専門店のアウトレットである、工場に隣接していている単独型のアウトレットプラダアウトレット スペース PRADA outlet spaceに次いでイタリアでは規模の大きいプラダアウトレットになります。

ザ・モール (The Mall )の開店時間は10:00からになりますが、オープンの20分ほど前に到着したバスから降りた人がどんどんプラダの店舗に並びます。 並ぶのは東洋系の人がほとんどで、その中でも中国の方が多いと思います。

一度には入店できませんので、開店後に人数制限をしながら順次入店していきます。 この状態は店舗がオープンしてから1時間くらいで解消されます。 ただし、あとから理由を言いますが、できるだけ早く並んで買い物をした方がいいと思います。

プラダは入店する際に入り口で係の人が番号の記載している札を配布しています。その札は会計が終わるまで必要なので、無くさないようにしてください。

商品を購入する際はその札を店員に見せて、商品の確保をしてもらった後に支払いの時にも使います。

ザ・モール (The Mall ) のプラダでも購入商品に上限があり、基本的に同じ商品は2点まで、トータルで6点ほどになります。

プラダは翌日に行くと販売してくれます。(プラダの場合1日から10日まで、11日から20日まで、21日から月末までの期間に分かれていて、期間中に2300ユーロを超える買い物はできません。)

プラダもレジでパスポートをチェックしていますので、決められた期間内に上限に達している場合は商品の購入はできません。

店舗は階段を上った入り口ののフロアーとエスカレーターで上るフロアーに分かれています。 1階部分は財布やバック、キーケースやカードケースなどの小物の販売を行っています。 プラダのほかにプラダのセカンドライン「ミュウミュウ(Miu Miu)」が販売されています。 「ミュウミュウ(Miu Miu)」 は、1993年に誕生したプラダよりも低価格の商品ラインで年齢の若い方を対象としたブランドになります。 ブランド名の「ミュウミュウ」は、デザインが、甘めな可愛いテイストや、強い個性を感じさせる刺激的なところが特徴的で、徐々に売り場面積が広がっています。

2階にはアパレル全般を販売しています。

プラダでも商品の大半はショーケースの中か棚に陳列されていますので、見たい時には店員に伝えることになります。 しかし、一つのショーケースに店員が一人なのに対し、それを取り囲むように10人以上のゲストがいるような状況が多く、これは夕方くらいまで続きます。そういった時には、ぐいぐい前に出て店員に見たいものを伝えることが大切です。 店員はリクエストがあると一人だけではなく、それぞれに商品を渡します。

価格は商品の中にありますので、購入を決めたら個数を定員に伝えて入り口でもらった札を見せます。 店員は端末で在庫を確認して、札の番号を入力して購入は終了します。

購入する商品がなくなったら、レジに向かいます。 プラダに限ったことではありませんが、レジでの会計は非常に時間がかかります。 カウンターには5人ほどのスタッフが会計を行っていますが、会計待ちの列ができます。これは時間の経過とともに増えていきます。 先ほど書いたオープン直後に入店する必要というのは、昼位に入店して買い物をすると、レジで並ぶだけで1時間以上に時間がかかることも多いためです。 オープンして1時間くらいまでは比較的レジは空いているので、早く買い物をして他の店舗を見に行くことをお勧めします。

ザ・モール (The Mall ) のプラダで購入制限があると先ほど記載しました。 数量的にバックや財布、小物を含めて6点程度商品では足りない方のいると思います。 そういった場合には、翌日に再度来店するか、近くの アウトレットプラダアウトレット スペース PRADA outlet space に行く必要があります。 アウトレットプラダアウトレット スペース PRADA outlet space は同じ商品は3個まで、総額2,300ユーロまで商品を購入することができます。

 

 

ザ・モール(The Mall)」 での飲食

「The Mall」の飲食関係は他のデザイナーズアウトレットや他のアウトレットモールと比較して少ないと思います。

前まではバールが1カ所あるだけでコーヒーやデザート、軽食のみでした。

ザ・モールでの軽食
この中に軽食のあるカフェがあります。

今ではそのバールに加えてグッチの建物内にグッチカフェとレストランが併設されています。

ザ・モール(The Mall)」 のエリア以外の近所にレストランやバールはありません。 「ザ・モール(The Mall)」 から一番近いレストランがある町は4Kmほどフィレンツェ方面に戻ったところにあるだけです。

ザ・モールのグッチカフェ
ザ・モールのグッチカフェ

グッチカフェはグッチの店内から奥に行くと入り口があります。

グッチの裏手からも入り口がありますのでどちらからでも入店できます。

室内とテラスの野外席があり、どちらもグッチカフェらしい優雅な内装とシックな雰囲気で落ち着いた中で過ごすことができます。

レストランはトスカーナ料理を中心に幅広い料理をそろえています。

またコーヒーだけの利用ももちろんできますのでショッピングの休憩にも利用するのもいいと思います。

ザ・モール(The Mall)に新しいレストランが誕生

ザモールラグジュアリーアウトレット – フィレンツェはアウトレットとしては充実していましたが、レストランが少なく軽食かGuuciカフェで食事をするくらいしかありませんでした。

なのでザ・モール(The Mall)に行く場合には事前に食事をするかフィレンツェに戻ってから食事をする方も多く、とても不便でした。

今回、ザ・モール(The Mall)に新しくレストランがオープンしました。 新しいレストランの名前は ToscaNino

ToscaNinoはミラノでレストランを開業し、フィレンツェの中心部にもレストランを展開しています。

その ToscaNinoの新しいレストランがThe Mall Firenzeにオープンします。 トスカーナの伝統的なヘルシーで食欲をそそる料理、美味しいワイン、またはトスカーナ産リキュールを使ったおいしいカクテルを提供します。

トスカーナ料理。

トスカニーノではトスカーナのオーブン、チーズと肉、ヘルシーで食欲をそそる伝統的な料理を提供します。

グラスで楽しめるトスカーナ産の厳選されたリキュールをベースにした美味しいトスカーナワインや幻想的でさわやかなカクテルもお勧めです。 また、たくさんのキッチン用品や食品を販売しています。

自然に恵まれたトスカーナ風レストランのメニューは、トスカーナの伝統的な前菜、新鮮なパスタの最初のコース、スープが含まれています。 肉のメインコースはトリュフとポルチーニ茸とビーフフィレ、子牛のほおとフィレンツェのトリプ…などグリルからの選択もまた豊富です。

クリームタラとひよこ豆、そしてトマトシェーカー:典型的なレシピでを提供しています。

そしておかずの中には、ローストポテト、エキストラバージンオリーブオイルとブラックペッパーを加えたカネリーニ豆、フィレンツェのほうれん草、季節の野菜プディングなどがあります。 アイスクリーム添え自家製のアップルパイ、Vin Santo添えのcantucci di Prato、ティラミス、コーヒー焼けたクリームなど。

テーブルでシェアする:現在ポッドの香りを損なわないように組み立てられているモンテカティーニポッド付きのフィレンツェのクリームアイスクリームのジョット。

豊富なワインリストには、キャンディクラシコ の素晴らしいセレクション

ザ・モール(The Mall)」 へのアクセス

「The Mall」に行くためには公共バス、シャトルバス、レンタカーなどがあります。

車では30分ちょっとで、公共バスなら高速を利用して50分ほどで到着できます。

ザ・モール(The Mall)」 の行き方

公共バス

フィレンツェの鉄道駅サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に向かって左、道を渡ったところからザ・モールアウトレットセンターへ向かうバスが出発するバスターミナルがあります。

建物の上部に「AUTOSTAZIONE」とサインがありますのですぐわかると思います。

夏期と冬期では若干時間が違いますが、大体1時間に2本程度の頻度で運行しています。

昔は一般道の山道を通って路面バスで向かっていました。

今では高速道路を使った直行便になっていますので降りるところで迷うこともなく安心して乗っていられます。

車がなければ価格から言っても使いやすさや便利さから言っても公共バスを利用するのが最も一般的になると思います。

帰りも降りた場所から出発します。

ザ・モールのバス停
撮影当時と値段が変更になっています。

出発地: バス・ターミナルBUS ITALIA/SITA- Via Santa Caterina da Siena 17, Firenze(中央駅近く)

バス料金: 片道チケット:7.00€、往復チケット : 13.00€

シャトルバス

シャトルバスは毎日運行しています。

1日3便

フィレンツェ発:09:00 / 11:00 / 14:00

ザ・モール発:13:00 / 16:00 / 19:00

公共バスト比較してシャトルバスが便利なのはフィレンツェに宿泊しているホテルに、送迎してくれることです。

公共バスと違って事前予約が必要です。

ネットからも依頼できますので言葉がわからなくても予約できます。

または宿泊しているホテルのフロントスタッフか高級ホテルならホテルのコンシェルジュに依頼することもできます。

料金: 往復でお1人様35€

荷物が多い場合などはシャトルバスの方が荷物を収納スペースに預けない分、安心できます。

車(レンタカー)

車で ザ・モール(The Mall) に行く場合は、一般道をゆっくり行くこともできますが、最も早いのはフィレンツェから高速道路を利用する方法になります。

フィレンツェから ザ・モール(The Mall) までは時間にして約30分という近距離にあり、高速道路を降りるとトスカーナの田園に囲まれた丘陵地帯を5分から8分ほど運転すると到着します。

自然に囲まれた素晴らしい環境で、滞在するだけでトスカーナらしさを満喫することができます。

このページに掲載されている動画は高速道路を降りた直後から ザ・モール(The Mall) に到着するまでを撮影しています。

トラックが遅いため8分程度の時間ですが、通常は5分ほどで到着します。

フィレンツェから高速道路には3カ所くらいの入り口があり、高速に入った後にフィレンツェからは高速道路A1をローマ方面へ向かいます。

高速道路を降りる場所は “Incisa-Reggello(インチーザ・レッジェッロ)”

高速道路を出て右方向Pontassieve(ポンタッシエ―ヴェ)方面に進み、Leccio(レッチョ)まで行きます。

アウトレットモール ザ・モール(The Mall) はLeccioの中心部を抜けてすぐ左側です。  

ミラノから行く場合は

高速道路A1をフィレンツェ/ローマ方面へ向かってフィレンツェからは同じ行き方になります。

ミラノからの所要時間は通るルートによって若干違いますが3時間30分ほど

ローマから行く場合は

高速道路A1をフィレンツェ方面へ向かいます。

高速道路を降りてからはフィレンツェからと同じ行き方になります。

ローマからの所要時間は2時間30分ほど

The Mallはフィレンツェから頻繁にバスが往復していますので、The Mallだけであればレンタカーの必要は無いかもしれません。

ただし、The Mallから車で25分程度の場所にプラダ(PRADA)の工場に隣接しているアウトレットがありますので1日で両方のアウトレットに行く場合は非常に便利です。

そして、 ザ・モール(The Mall) には飲食をする場所が少ないので、車で行った場合には ザ・モール(The Mall) での食事ではなく、 ザ・モール(The Mall) に行くときのフィレンツェから行った場合に10分ほど手前に大型のサービスエリアがあります。

高速をまたぐように建物がありますので、すぐわかります。その中には1回にバールとショップ、2階にはレストランと奥にバーガーキングがあります。 そのサービスエリアは ザ・モール(The Mall) からフィレンツェに向かう場合には利用できます。

また、 ザ・モール(The Mall) に行った後にプラダのアウトレットに行くことを考えている場合は、高速道路に乗ってローマ方面に向かったら高速に乗ってすぐのサービスエリアにはマクドナルドとレストランはあります。

動画を見ていただくとわかりますが、高速を降りてから ザ・モール(The Mall) に到着するまで店らしいものは見当たりません。 途中、道沿いにワゴン形式で食事を提供しているものはありますが、イタリアンサンドが中心の軽食になります。

フィレンツェからザ・モール(The Mall)への行き方はご覧のようにほぼ一本道なので非常にわかりやすいと思います。

また、 ザ・モール(The Mall) から車で4分くらいの場所にドルチェ&ガッパーナのアウトレット店が単独であります。

徒歩でもいけない距離ではありませんが、歩道もない道を車が頻繁に通りますので、車があるとアクセスしやすいと思います。

出来たらレンタカーを借りてイタリア旅行をお勧めします。

フィレンツェのホテルはこちら

 

ザ・モール(The Mall)のインフォメーション

The Mall Luxury Outlet

ザ・モールの新設店舗
ザ・モールに昨年、増設された店舗
 住所  Via Europa 8, 50066 Leccio Reggello (FI) – Toscana – Italia
 営業時間 10:00から19:00まで 6月、7月、8月は10:00-20:00
 電話  +39 055 8657 775
 HP  https://www.themall.it/ja/outlet-italy/homepage.html
ザ・モールのショップエリア
ザ・モールがオープンした時、最初の建物。 ここの一角にグッチが入ってました。

The Mall ブランド一覧

全ブランド ALBERTA FERRETTI ALEXANDER McQUEEN ARMANI JEANS BALENCIAGA BILLIONAIRE BOTTEGA VENETA BRIONI BURBERRY CHOPARD COACH CORNELIANI EMILIO PUCCI ERMANNO SCERVINO ERMENEGILDO ZEGNA ETRO FAY FENDI GIORGIO ARMANI GUCCI HOGAN LANVIN LORO PIANA McQ MOSCHINO PHILIPP PLEIN PRADA POMELLATO ROBERTO CAVALLI SAINT LAURENT SALVATORE FERRAGAMO SERGIO ROSSI STELLA McCARTNEY SUTOR MANTELLASSI TAG HEUER TOD’S TOM FORD VALENTINO VERSACE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です