スポンサードリンク

JAL 新型コロナウイルス拡大に伴うFLY ON ボーナスポイントの中止

JALが新型コロナウイルス拡大に伴い実施してしていた上級会員になるためのFLY ON ポイントが毎回2倍になる特別対応を行っていました。

今回、この特別対応を廃止することになりました。

2倍の特別対応に関しては 2020年5月10日(日)までに予約された便までで、その後は中止になります。

理由としては

政府からの緊急事態宣言の延長を受け、不要不急の搭乗を控えていただく観点からの中止となります。

以下に上級会員の期間延長と、今回の中止になる2倍のFLY ON ポイントについて記載しておきます。

 

JAL 2020年度の上級会員FLY ON ステイタスの期間が延長

今回の発表では2019年1月~12月の搭乗実績で達成した2020年度FLY ON ステイタスを、2021年度まで1年間延長となります。

延長に関しては

通常2020年度FLY ON ステイタス(有効期限:2021年3月末)を、

2021年度(有効期限:2022年3月末)までの1年間延長になります。

特に手続きなどはありません。

また、2020年1月~12月の搭乗実績で、2020年度を上回るFLY ON ステイタスへ到達した場合は、搭乗実績に即した2021年度FLY ON ステイタスが有効となります。

今回中止になった上級会員になるためのFLY ON ポイント

搭乗するとマイルの他に上級会員になるためのFLY ON ポイントがもらえます。

そのFLY ON ポイントをためて上級会員になることや維持をすることができます。

しかし、現状では利用機会が少なくなり、FLY ON ポイントをためることが困難になっています。

期間は限定になりますが、そのFLY ON ポイントにボーナスポイントをつけて上級会員に維持や達成するための対策を行っています。

キャンペーン期間

2020年2月1日(土)から2020年7月31日(金)まで

すでに搭乗している分に関しても、遡ってボーナスFLY ON ポイントが積算されます。

キャンペーン内容

JALおよびJALグループ運航便の搭乗で獲得したFLY ON ポイントを通常の2倍積算します。

例えば東京(羽田)-札幌(新千歳)線を大人普通運賃でご搭乗の場合

通常なら片道1,020ポイント+搭乗ボーナスFLY ON ポイント400ポイント+特別対応により積算されるFLY ON ポイント1,020ポイント=片道2,440ポイント、往復4.880ポイントたまります

*1 区間マイル510×フライトマイル積算率100%×国内線FLY ON ポイント換算率2倍

*2 搭乗ボーナスFLY ON ポイントの詳細はこちら

対象運賃

フライトマイル積算対象運賃

まとめ

JALの対応で上級会員の有効期間の1年延長と、現状での搭乗率を考えると2倍でも通常でも影響は少ないと思います。

しかし、特別処置の期間があと1ヶ月と半月と期間も短く、FLY ON ポイントが毎回2倍になるからと行って、無理をして旅行を計画する状態でもないので続けていても影響は無いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です