スポンサードリンク

ワールドオブハイアットのポイントを使った特典宿泊について

ワールドオブハイアット

ワールドオブハイアットポイントは、ホテルプログラムの中でもお得なポイントのひとつになります

ほとんどのホテルポイントと同様に、ホテルでの滞在で利用すると最大のポイント価値になります。

ただし、ハイアットの特典チャートにはいくつかの複雑な点があり、ワールドオブハイアットに参加しているほとんどのホテルは8段階のカテゴリに分類されています。

しかし、一部のワールドオブハイアットに参加しているホテルブランドには独自の特典チャートがあり、一部のスイート特典宿泊はオンラインで予約できません。

また、十分なポイントがない場合は、ポイント+キャッシュを使用して、滞在中に必要なポイントを減らすことができます。

今回はワールドオブハイアットのポイントを使った滞在について詳しく見ていきます。

ワールドオブハイアットのホテルブランド

ワールドオブハイアットでは現在15のブランドがあり、さまざまなユーザー層や利用方法に対応しています。

これらのブランドは、高級ホテルから食事などの飲食を含めたオールインクルーシブリゾート、高級な長期滞在ホテルまで多岐にわたります。

以下は、2020年6月28日の時点のワールドオブハイアット。

  • アンダーズ – 22軒のホテル
  • アリラ – 16軒のホテル
  • パークハイアット – 44軒のホテル
  • グランドハイアット – 57軒のホテル
  • ミラバル – 4軒のホテル
  • ザアンバウンドコレクションバイハイアット – 19軒のホテル
  • Destination Hotels – 57軒のホテル
  • ジョワドヴィーヴルホテルズアンドリゾーツ – 14軒のホテル
  • ハイアットリージェンシー – 210軒のホテル
  • トンプソンのホテル – 10軒のホテル
  • ハイアットセントリック – 37軒のホテル
  • ハイアットプレイス – 370軒のホテル
  • ハイアットハウス – 106軒のホテル
  • ハイアットジラーラハイアットジヴァ – 8軒のホテル
  • キャプションバイハイアット –まだありません

ピーク、スタンダード、オフピークの特典価格

ハイアットは、2020年3月からスタンダード、ピーク、オフピークの無料宿泊のポイント数を導入することを12月に発表しました。

ヒルトンなどのホテルやデルタ航空やユナイテッド航空などの航空会社から見られる変動制を導入した内容よりもわかりやすい内容になりますが、一部の会員にとってはポイントの価値が低くなっています。

ハイアットのカテゴリ1ホテルの多くはハイアットプレイスに代表される低価格なホテルですが、ハイアットリージェンシーのホテルの一部もこのカテゴリになります。

そのため、海外のホテルでは低ポイントでハイアットリージェンシーに宿泊することもできます。

カテゴリ1のホテルでは、ピーク日の30%の増加で最大のポイント変更が行われます。

つまり、スタンダードの5,000ポイントからピークの6,500ポイントになります。

導入時期に関しては新型コロナウィルスの影響で2020年3月からの予定が今のところ未定になっています。

 

ワールドオブハイアットの特典チャート

ハイアットホテルズアンドリゾーツ、スモールラグジュアリーホテルズオブザワールド、エムライフリワードのホテルに関しては、無料宿泊の予約に同じ特典チャートを利用しています。

ハイアットジーヴァ、ジララ、ミラバルのオールインクルーシブリゾートには、別々の特典チャートがあります。

シェラトンゲートウェイ

スタンダード

 

ポイントを使った滞在に関してはすべてポイントを使った滞在の他にポイント+キャッシュを使用して、ハイアットホテルズアンドリゾーツ、ラスベガスのMGMリゾートデスティネーションズ、ハイアットレジデンスクラブリゾートのスタンダードルームを予約することもできます。

ポイント+キャッシュを使用すると、無料宿泊に必要なポイントの50%が支払われ、予約している部屋タイプの標準料金から50〜70%割引になります。

スタンダードルームを無料宿泊またはポイント+キャッシュを使用して予約した場合のハイアット特典チャートは次のとおりです。

ハイアットホテルカテゴリ 1泊のスタンダードルームポイント スタンダードルームポイントおよび1泊あたりのキャッシュ
1 5,000ポイント 2,500ポイント+キャッシュ
2 8,000ポイント 4,000ポイント+キャッシュ
12,000ポイント 6,000ポイント+キャッシュ
4 15,000ポイント 7,500ポイント+キャッシュ
5 20,000ポイント 10,000ポイント+キャッシュ
6 25,000ポイント 12,500ポイント+キャッシュ
7 30,000ポイント 15,000ポイント+キャッシュ
8 40,000ポイント なし

 

ポイント+キャッシュを含む標準のアワードをオンラインで予約できます。

これらのレートが利用可能な場合、通常は[ポイントの利用]タブの横にある検索結果ページに表示されます。

リージェンシーおよびグランドクラブルーム

シェラトンゲートウェイ

一部のハイアットのホテルでは、スタンダードルームよりもわずかに高いポイントでリージェンシールームとグランドクラブルームを予約できます。

これらの部屋タイプに宿泊するとホテルのクラブラウンジにアクセスでき、通常は軽食、ドリンク、カクテルタイムなどを無料で提供しています。

ハイアットリージェンシールームとグランドクラブルームの特典チャートと、必要なポイントの評価を示します。

ハイアットホテルカテゴリ リージェンシーおよびグランドクラブルームの1泊あたりのポイント
1 7,000ポイント
2 12,000ポイント
17,000ポイント
4 21,000ポイント
5 27,000ポイント
6 33,000ポイント
7 39,000ポイント

利用可能な場合、ポイントを使用してオンラインでリージェンシールームとグランドクラブルームを予約できます。

オンラインで検索する場合は、[ポイントを使用]チェックボックスをオンにして、検索結果ページに表示されているスタンダードルームアワードを通過してスクロールします。

スイートの特典チャート

ワールドオブハイアットの新しいホテルブランド:キャプションバイハイアット

ワールドオブハイアットでは、ハイアットポイントを使用してスタンダードスイートとプレミアムスイートを予約することもできます。

ハイアットホテルズリゾート、ミラバルリゾート、ハイアットレジデンスクラブのスイートのポイント+キャッシュを組み合わせることができます。

スタンダードルームと同様に、ポイント+キャッシュレートでは、無料宿泊に必要なポイントの50%を支払うことができ、予約している部屋タイプのスタンダードレートから50〜70%割引になります。

ポイントによる無料の特典またはポイント+キャッシュ特典を使用して、以下の特典チャートに従ってスタンダードスイートとプレミアムスイートを予約できます。

ハイアットホテルカテゴリ 1泊の標準スイートポイント スタンダードスイートポイント+キャッシュ プレミアムスイートポイント1泊分 プレミアムスイートポイント+キャッシュ
1             8,000ポイント 4,000ポイント+キャッシュ 10,000ポイント 5,000ポイント+キャッシュ
2 13,000ポイント 6,500ポイント)+キャッシュ 16,000ポイント 8,000ポイント+キャッシュ
20,000ポイント 10,000ポイント+キャッシュ 24,000ポイント 12,000ポイント+キャッシュ
4 24,000ポイント 12,000ポイント+キャッシュ 30,000ポイント 15,000ポイント+キャッシュ
5 32,000ポイント 16,000ポイント+キャッシュ 40,000ポイント 20,000ポイント+キャッシュ
6 40,000ポイント 20,000ポイント+キャッシュ 50,000ポイント 25,000ポイント+キャッシュ
7 48,000ポイント 24,000ポイント+キャッシュ 60,000ポイント 30,000ポイント+キャッシュ

これらのスイートを予約するには、電話での予約になります。

ハイアットアップグレードアワード

ハイアットリージェンシー東京

有料での料金が標準よりも安かった場合には、部屋のアップグレードのためにポイントを利用する方法もあります。

アップグレードタイプごとに必要なハイアットポイントの数は次のとおりです。

  • リージェンシークラブまたはグランドクラブのアップグレード:1泊あたり3,000ポイント
  • スタンダードスイートのアップグレード:1泊あたり6,000ポイント
  • プレミアムスイートのアップグレード:1泊あたり9,000ポイント

部屋のアップグレードは、ハイアットホテルまたはリゾートの場所によっては利用できない場合があります。

また、予約をアップグレードする条件として最低限の客室タイプと料金の設定がある場合もあります。

これらのアップグレードを予約するには、電話での予約になります。

オールインクルーシブリゾート

ハイアットには、大人専用の3つのジララオールインクルーシブリゾートと、独自の特典チャートを利用した5つの家族向けのジバオールインクルーシブリゾートホテルがあります。

これらのオールインクルーシブリゾートはすべて、1名または2名で利用できる基本料金があります。

オールインクルーシブは食事なのの飲食が含まれていますので、ホテルでの滞在が長い方や他のレストランやオプショナルツアーが少ない方には最適なプランになります。

そのため、3人目と4人目のゲストを部屋に入れる予定の場合は、追加のポイントを支払う必要があります。

ハイアットのジララとジバのオールインクルーシブリゾートの表は次のとおりです。

ハイアットオールインクルーシブリゾート 1泊のスタンダードルームポイント 1泊のスイートポイント 1人1泊あたりの追加ポイント
ハイアットジラーラカンクン 25,000ポイント 40,000ポイント 12,500ポイント
ハイアットジラーラキャップカナ 25,000ポイント 40,000ポイント 12,500ポイント
ハイアットジラーラローズホール 25,000ポイント 40,000ポイント 12,500ポイント
ハイアットジーヴァロスカボス 20,000ポイント 32,000ポイント 10,000ポイント
ハイアットジーヴァプエルトバジャルタ 20,000ポイント 32,000ポイント 10,000ポイント
ハイアットジーヴァカンクン 25,000ポイント 40,000ポイント 12,500ポイント
ハイアットジーヴァキャップカナ 25,000ポイント 40,000ポイント 12,500ポイント
ハイアットジーヴァローズホール 25,000ポイント 40,000ポイント 12,500ポイント

ミラバルリゾート特典チャート

現在オープンしており、ハイアットポイントで予約可能な4つのミラバルリゾートホテルがあります。

ミラバルアリゾナリゾートアンドスパミラバルオースティンリゾートアンドスパ、クランウェルリゾートアンドスパ、ウィンドハーストマナーです。

ミラバルリゾーツルームタイプ 単一の占有 2人部屋
スタンダードルーム 45,000ポイント 65,000ポイント
スタンダードルームポイント+キャッシュ  22,500ポイント+キャッシュ 32,500ポイント+キャッシュ 
スイート 75,000ポイント 95,000ポイント
スイートポイント+キャッシュ  37,500ポイント+キャッシュ  47,500ポイント+キャッシュ 
プレミアムスイート 105,000ポイント 125,000ポイント
プレミアムスイートポイント+キャッシュ  52,500ポイント+キャッシュ  62,500ポイント+キャッシュ 

 

Miravalのすべてのポイントを使った滞在には、食事、1人あたり175ドルのリゾートクレジット、フィットネスクラス、ウェルネスアクティビティが含まれます。

 

まとめ

ワールドオブハイアットのポイントを利用した滞在チャート表に関しては、実際にいくつかの異なるチャートなどの点でわかりづらいかもしれません。

ただし、アワードチャートを確認したら、特にアップグレードオールインクルーシブリゾートの滞在に興味のある方にとって、わかりやすく予定の立ちやすい内容になります。

ワールドオブハイアットのポイントは購入キャンペーンなどで増やすことも出来ますので、計画的に利用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です