スポンサードリンク

航空会社のマイルを購入する必要がありますか?

新型コロナウィルスの影響が旅行業界に大きな影響を与えたに航空機の運休やホテルの閉鎖、国際的な旅行の制限のために稼働率が下がりました。

このため、現状でも収入を増やすためにバウチャーやボーナス付きのマイルやポイントの販売を積極的に行っています。

日本の航空会社はマイルの販売を行っていませんがアメリカ系の航空会社を中心に会員に直接マイルを販売する航空会社は世界では一般的な事になります。

そのため、ここ数カ月間で考えるといくつかの航空会社が、これらの購入のキャンペーンを行っています。

このような状況なので今まで以上に良い条件でのキャンペーンもありますが今急いで航空会社のマイルを購入することには意味があるのかを考えたいと思います。

航空会社のマイルを購入する必要があるかどうかは、航空会社をすぐに使用するかどうか、によって変わると思います。

 

マイルをすぐに使う予定は?

一般に、マイルの使用をすぐに使う予定も無くマイルを購入することはお勧めしません。

世界の多くの地域や国はまだ海外旅行者に対して閉鎖されています。

ヨーロッパなど一部の国では、コロナウイルスの感染が落ち着きを取り戻したため再開し始めていますが、いつ再び感染が広がるかはわからない状態です。

航空券を予約する前に、それぞれの航空会社の変更とキャンセルのポリシーの確認をする必要があります。

もし、自由にキャンセルできない規定であれば、キャンセルしなければならない場合に手数料が発生する可能性があります。

すぐに旅行する予定がない場合でもマイルを獲得したい場合は、クレジットカードのウェルカムボーナスと毎日の支出でポイントとマイルを獲得することをお勧めします

マイルを購入すべきですか?

先に述べたように、新型コロナウィルスの影響を考えると、マイルを今すぐ購入する場合にはリスクがあります。

航空会社の経営状態が急激に悪化し、南米のを含むいくつかの航空会社は破産処理を行っています。

航空会社が破産プロセスを経ても事業を継続できること事が前提になり、例えば破産したアビアンカ航空は、「適切なサイズ」でフライトを再開する予定であることを明確に述べているので、この航空会社は、倒産することなく再生することができると思います。

そのアビアンカ航空も、このような状況にもかかわらずボーナスマイル付きのマイル購入キャンペーンを継続しています。

おそらく今回の場合には購入したマイルの価値がなくなることはありませんが、いつもマイルが保証されるとは限りません。

アビアンカ航空のLifeMiles会員は今回の状況を踏まえた上で購入したマイルを使ってスターアライアンスの特典航空券を予約する場合には最良の方法の1つです。

フライトがキャンセルされた場合は?

新型コロナウィルスの影響でたとえば、フライトはキャンセルされる可能性があります。

多くの航空会社が運行を希望したとしても、国の規制や無視できない感染の広がりなどで運休を検討することは深刻な問題になります。

そして、予測不可能のコロナウイルスを取り巻く状況のため、頻繁なキャンセルが数か月続く場合があります。

航空会社全体としては顧客優先で対応する航空会社が多いのですが、一部の航空会社では特典チャートを削除したり特典旅行の予約に新しい料金を追加したところもあります

そういった航空会社では航空会社がフライトをキャンセルした場合、特典航空券のマイレージ払い戻しを受けることができますが、その後、同じマイル数で同じ路線を予約するとこが出来ない可能性もあります。

また、手数料を含めて多くの費用が発生する可能性もあります。

まとめ

新型コロナウィルスの影響で旅行業界の現状では、マイルを購入するのはかなり不確かな時期です。

世界中の航空会社は、新型コロナウィルスの影響で旅行が低迷することによって大きな打撃を受けています。

また、ウイルスが年末までに封じ込められる、あるいは夏の終わりまでに減速する兆候もありません。

現にアメリカでは南部と西武を中心に急激に感染者が増加し、ドイツのフランスに近い食肉工場では従業員1,500人が感染し、大きなクラスターが発生しています。

ブラジルの大統領には裁判所からマスクを着用するように強制されたりしています。

したがって、今後数週間でそれらをすぐに使用する計画がない場合は、今のところマイルの購入を保留することをお勧めします。

ホテルのポイントに関しても同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です