スポンサードリンク

海外旅行の際のPCR検査 指定病院について

ベネツィア

海外旅行や出張に関して現在、新型コロナウィルスの対策としてPCR検査を行い陰性を証明した書類を持参することが義務づけられている国が多く例えばハワイなどは

2020年11月6日(ハワイ時間)より日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、厚生労働省により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAAT)を行い、ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)を提示すれば、ハワイでの14日間の自己隔離が免除されます。

ハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関以外の陰性証明書は対象外です。

と言うように対象の医療機関での検査が必要になります。

そこで対象の医療機関を調べてみました。

対象の医療機関

 

新型コロナウイルス感染拡大により、現在各地域で入国時にPCR検査の陰性証明書の提示が必要な場合があります。

海外渡航を予定されている方に、PCR検査が可能な医療機関を記載します。

旅行先によって渡航条件、ならびに各医療機関の詳細は違いますので確認が必要になります。

 

クリニック詳細

 

Tケアクリニック浜松町

Tケアクリニック浜松町

PCR検査のお申し込みはハワイ州・中国大使館PCR検査指定医療機関のTケアクリニック浜松町。

最短翌日の陰性証明書の発行も可能です。

※検査費用:陰性証明書発行価格が国によって異なります。上記Webサイトにてご確認ください。

 

にしたんクリニック

にしたんクリニック

主要国大使館確認済みの陰性証明書を発行。

自宅で唾液を採取して送るだけで簡単検査。土日祝も休まず営業!

※検査費用:15,600円(税抜)陰性証明書・送料込み

名前の部分で各クリニックのサイトへ移動します。また、各クリニックとの直接契約となります。

PCR検査に関するご質問は、各クリニックへ直接お問い合わせください。

 

帰国時の検査

 

今は渡航前もそうですが渡航した後に帰国の際にも新型コロナウィルスに感染していないのかが懸念されます。

そういった時も自主的な検疫期間を設定しなくてもPCR検査を受けることによって安心して国内を移動することができます。

成田空港では11月2日から新型コロナウイルスの陰性・陽性を判定する日本医科大学のPCRセンターが開設されています。

当初は証明書の受領までに最長6時間かかっていたようですが現在は最短2時間で受領できるようです。

検査料は事前予約がある場合は3万9800円、予約なしと時間外はそれぞれ4万6500円ととても高価ですが待機している時間と費用を考えると必要になってくると思います。

その他にも環境が整うと空港周辺の病院などで安価に検査が受けられるようになると便利です。

 

まとめ

 

こういった状況なので検査は必要と思いますが費用的にはとても高価になり、そういった点を今後どうするのかを考えるのは急務になるともいます。

国際線も徐々に復活しているようですが、お互いの国のためにも自分自身のためにも環境が整えばと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です