スポンサードリンク

エミレーツ航空のプレミアムエコノミーとすべてのキャビンの機能強化

エミレーツ航空のスカイワーズで、2,500万人入会キャンペーン

エミレーツ航空は最近、最新のエアバスA380を納入しました。

これには、新しいプレミアムエコノミーが追加になり、エコノミー、ビジネス、およびファーストがグレードアップしています。

 

 

これらのキャビンは、エミレーツ航空が注文した最後の5機のエアバスA380に搭載されるため、まだ搭載された機体を利用することはできませんが、2021年中頃までには利用できるようになりそうです。

 

エミレーツ航空の新しいキャビンは(エミレーツ航空からの抜粋)

エミレーツは、最新のA380航空機に搭載されているすべてのキャビンの機能強化と外観の刷新とともに、最新のプレミアムエコノミーキャビンを発表することで、A380の特徴的な体験を次のレベルに引き上げています。

エミレーツ航空の社長であるティムクラーク卿は次のように述べています。「エミレーツA380は、すでに空で最も人気のある旅行体験の1つであり、今ではさらに良くなっています。他の人が削減する一方で、エミレーツは、パンデミック予防策のために一時停止または調整しなければならなかった製品とサービスを復元し、新しい製品と機能強化を導入するために懸命に取り組んでいます。エミレーツ航空は、私たちのより良い約束に忠実であり、お客様に最高の体験を提供するために投資を続けています。」

航空会社は先週、エアバスのハンブルク施設から最新のA380航空機を受け取り、残りの5機のA380も、2021年と2022年にプレミアムエコノミーキャビンで配達されます。エミレーツのプレミアムエコノミーシートは、ボーイング777Xの一部にも設置されます。 2023年に艦隊に加わる予定の航空機。エミレーツは既存のA380艦隊を改造する計画を検討しています。

エミレーツのプレミアムエコノミーキャビンについて、ティム卿は次のように述べています。「当社のプレミアムエコノミー製品は、最高品質のフルサービス航空会社としてのエミレーツのブランドポジショニングに合わせて慎重に開発されました。私たちの最初のビジネスとエコノミーの経験は、導入されたときに業界標準をリセットし、プレミアムエコノミーもまた明確なプレミアム製品としての地位を確立すると確信しています。在庫に実行可能な数のシートを市場に投入するまで、大切なお客様への無料アップグレードとしてエミレーツプレミアムエコノミー体験を提供する予定です。また、最新のA380航空機をさまざまなルートに配備して、お客様がすべてのクラスで最新の製品を体験できるようにします。」

エミレーツ航空は、プレミアムエコノミーを搭載したA380航空機が今後数週間で展開される場所の詳細を発表します。

プレミアムエコノミー:快適さとスペース

エミレーツは本日、待望のプレミアムエコノミーキャビンの詳細を発表しました。このキャビンは、2-4-2キャビンレイアウトで56席を提供します。

最大40インチのゆったりとしたピッチで、エミレーツのプレミアムエコノミーシートは幅19.5インチで、8インチをリクライニングして、十分なスペースを確保できる快適なクレードル位置にします。クリーム色の防汚レザーで覆われ、ステッチのディテールとビジネスクラスと同様のウッドパネル仕上げが施された各シートは、6方向に調整可能なヘッドレスト、カーフレスト、フットレストで最適な快適さとサポートを提供するように設計されています。

各座席には、クラス最大の13.3インチの画面があり、エミレーツの受賞歴のある氷上で比類のない音楽、映画、テレビ、ニュース、その他のコンテンツを楽しむことができます。

また、簡単にアクセスできる座席内充電ポイント、広いダイニングテーブル、サイドカクテルテーブルなど、思いやりのあるタッチを見つけることができます。

エミレーツプレミアムエコノミーはメインデッキの正面にあり、3つのトイレがお客様専用になっています。

ファーストクラス:さらにプライバシーと贅沢

この最新のエミレーツA380では、航空会社の14のファーストクラスプライベートスイートが元のスイートから拡張され、プライバシーと快適さをさらに高めるために、ドアが高く、少し幅が広くなっています。

キャビンのディテールと仕上げも、メインデッキからアッパーデッキに続く吹き抜けの階段から、シャワースパのリフレッシュされたデザイントリムとモダンなフィッティングまで、新しいモチーフと色でリフレッシュされています。

ビジネスクラス:新しい豪華な仕上げ

エミレーツは人気のあるA380ビジネスクラスの座席を維持しており、すべての乗客が通路に直接アクセスでき、完全にフラットな位置にリクライニングし、個人用ミニバー、十分な個人用ストレージ、高度なプライバシーを提供します。

76席すべてが刷新され、エミレーツのボーイング777ゲームチェンジャー航空機のビジネスクラスと同様に、エグゼクティブジェットに触発された、シャンパンカラーの革カバーと木製仕上げが施されています。

アッパーデッキ後方のオンボードラウンジにも、ファーストクラスとビジネスクラスのお客様専用のクラシックな配色が採用されています。

エコノミー:ゲームチェンジャーシート

エミレーツは、最新のA380に搭載されている338のエコノミーシートすべてを、人間工学に基づいて設計されたシートに置き換えました。このシートには、フルレザーのヘッドレストと、最適なサポートのために垂直方向に調整できる柔軟なサイドパネルが付属しています。

この最新の座席モデルは、エミレーツのボーイング777ゲームチェンジャー航空機に現在インストールされているバージョンからのステップアップです。快適性や機能性を損なうことなく、軽量です。各座席には、トレイテーブルに上品な木目調の仕上げが施され、エミレーツの受賞歴のある氷を楽しむための13.3インチのパーソナルスクリーンが備わっています。

さわやかなキャビンインテリア

エミレーツA380のインテリア全体で、Ghaf(prosopis cineraria)の木のモチーフを特徴とする新しい仕上げとデザインのタッチに加えて、エミレーツの最新のボーイング777ゲームチェンジャーインテリアの木製パネルとブロンズのアクセントを備えた清潔で風通しの良いシャンパンの配色が見られます。

固有の常緑植物であるGhafは、アラブ首長国連邦の国の木と見なされており、文化的および生態学的に深い意味を持っています。

すべてのキャビンクラスには、エミレーツの受賞歴のある最新世代の氷上機内エンターテインメントシステムが装備されており、改善された優れた画質を提供します。各座席内スクリーンは、超広視野角、静電容量式タッチスクリーン、LEDバックライト、フルHDディスプレイを備えています。

 

航空会社の座席とキャビンは常に「進化」していいるのでサイクルが早いと思います。

3年前には最新の設備として注目されていても、それが普通になり、そして更に2年も経過すると古いと感じます。

資金力のある航空会社や規模の大きい航空会社は早いサイクルで改装ができますが、サイクルの遅い航空会社との差が開いていきます。

エミレーツ航空は常に最新のキャビンを展開している航空会社で、豪華さも際立っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です