スポンサードリンク

Apple 新しいiOS15で旅行に使える新機能

海外でのApplePayの利用について

Apple 新しいiOS15で旅行に使える新機能

 

今週、Appleの Worldwide Developers Conference が行われ、Apple の基調講演で発表された iPhone、iPad、Mac、Apple Watchの新しいOSに関するリリースがありました。

導入は秋になる予定ですが、その中で旅行に際して利用できる機能がいくつかありました。

特にiPhoneの新しいiOSの15に搭載される機能は初めて行く土地や言語がわからなくてもスムーズに行動ができる内容になっています。

日本人で利用できる機能は次ぎようになっています。

ホテルに入室する際の鍵として

iPhone ウォレットに搭載される機能としてホテルの部屋の鍵のサポートを Wallet アプリに直接組むことができます。

一部のではスマートフォンをルームキー代わりに使える機能をアプリに搭載しているホテルチェーンもありますが、これからは対応しているホテルまたはリゾートに滞在している場合は、ホテルのモバイル アプリで、部屋の鍵を受け取ることができます。

利用方法はApple Wallet からデジタル キーを選択するだけです。

発表では到着日に、iPhone が自動的にホテルにチェックインし、ウォレットにデジタル ルーム キーを作成します。

電話で認証するだけで、部屋に入室することができます。

(Apple提供)

今後の予定ではまずワールドオブハイアットと提携して、この機能を世界中の 1,000 軒を超えるホテルに導入します。

上級会員に対するアップグレードがどのようになるかはわかりませんが、チェックインする際に反映すると思います。

この機能が一般的になるとフロントに並ぶ必要も無くなると思いますが、海外に滞在する場合はパスポートなどのIDを提示する必要があるため、その部分は今のところわかりません。

改善された Apple マップ

iOS 15 で改善されるApple Mapsは、特に主要な大都市での滞在での移動がはるかに簡単になります。

新しいApple Mapsは車でのナビゲーション強化に加えて、バスや地下鉄などで移動する旅行者にも便利な機能を提供しています。

例えばサンフランシスコのゴールデン ゲート ブリッジなどの建物や構造物にズームインすると、リアルな 3D が表示され、ナビゲーションが容易になります。

さらに、マップは標高も反映した3Dなので、エリアの標高と地形を簡単に把握できるようになりました。

(Apple提供)

車でナビゲーションに Apple Maps を使用すると、単純な道ではなくクロスした複雑な高速道路のインターチェンジにも対応することができます。

アメリカの高速道路では、他の高速道路に乗り換える直ぐ直前に高速道路を降りる道路があったり、右レーンに進入した後直ぐに左レーンに分かれる道が多く、この機能を利用すると事前に状況を把握することができます。

バスや地下鉄などの公共交通機関を利用している場合は、Apple マップ上で今いる馬歯がリアルタイムで移動して、降りる場所などを設定していると事前に知らせてくれます。

実際の旅行の際は地下鉄はまだ路線図もあり、駅の名前を見ていくと後何番目の駅で降りるかわかりますが、バスはまったくわかりません。

そういった場合は運転手に事前に降車場所を提示して教えてくれるように言うこともできますが、都市部などを移動するバスではそれも難しく、こういった機能があると安心です。

2021 年末までに、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィア、サンディエゴ、サンフランシスコ、ワシントン DC で新しい Apple Maps の機能が利用可能になります。

 

強化された翻訳機能

旅行の際にGoogle翻訳などを利用している方も多いと思います。

今回のAppleの発表ではiPhone、iPad、または Mac で翻訳することをはるかに簡単にしています。

(Apple提供)

翻訳機能を立ち上げて、強調表示したテキストをボタンを押すだけですばやく翻訳できます。

翻訳するために、テキストをコピーして専用の翻訳アプリに貼り付ける必要はもうありません。

この機能は、外国語で書かれた看板やメニューなどを翻訳する際にも役立ちます。

テキストを強調表示するだけで、写真アプリ上で翻訳が表示されます。

 

まとめ

今季あの発表では最も革新的な事としてデジタルID機能があります。

この機能は免許証やIDをiPhoneに組み込むことで、飛行機の搭乗やホテルでのチェックインの時に呼び出して利用する機能になります。

ただし、今のところアメリカ向けの機能で日本人が利用できるかははっきりしません。

Apple の今後のソフトウェア アップデートにより、旅行に便利な多くの新しい機能が提供され、これまでになく簡単に滞在できるようになっていきます。

Apple の最新のマップ アップデートにより、運転していても、徒歩で新しい街を探索していても、ナビゲーション システムが向上しApple Watchなどを利用すると更に便利になります。

Googkeも当然アップデートを行い旅行機能の強化を図ると思います。

初めて行く都市や話せない言語でもストレスを感じることなく滞在できるようなときが近づいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です