スポンサードリンク

AppleのAirPods Proが長距離フライトに最適な5つの理由

Appleの最新のAirPods Proが発売されてから1週間以上が経過しました。

音楽を聴き、新しいヘッドフォンで電話をかけたり、様々なシーンで活躍すると思います。

しかし、このAirPods Proが真価を発揮するのは飛行機でのフライトの時です。

AirPods Pro

多くの旅行者は、長距離フライトの時に(短距離も)ノイズキャンセリングヘッドフォンを利用する方が多いと思います。

ヘッドホンを除くと実用的なノイズキャンセル機能を持っているのはBoseのQC20やSONYのノイズキャンセル付きのイヤホンがあるくらいで、優先のイヤホンがほとんどです。

完全独立型のワイヤレスイヤホンでノイズキャンセル機能を持っているのはSONYのWF-1000XかWF-SP700位でSONYの独壇場でした。

個人的に長距離フライトではヘッドホンよりイヤホンがいいと思っているのですが、完全独立型のワイヤレスイヤホンはメインで利用するにはまだ早いと思っていました。

理由はホールド感の頼りなさはあり、就眠中になくなったら探すことは不可能なので、その不安があります。

しかし、最大の理由はバッテリーの駆動時間が短いので使えないことでした。

今回発売されたAirPods Proは長距離のフライトでどうなのかを記載していきます。

ノイズキャンセル機能は?

おそらく、AirPods Proについて最も気になる点は、「ノイズキャンセル機能はヘッドフォンと比較してどうか」ということです。

最初の印象で述べたように、ノイズキャンセル機能はヘッドホン型のSONYやBOSEの製品と比較するとそれほど強力なものではありません。

しかし、新しいAirPods Proを使用した2回のフライトでノイズキャンセル機能が当初考えていたよりもはるかに優れていることを実感することができました。

AirPods Pro機内装着時、周囲の飛行機の騒音はほとんど聞こえませんでした。

さらに乗客の話し声や、赤ちゃんの泣き声なども軽減されるので、それほど気になることはありませんでした。

確かに、ヘッドホン型のノイズキャンセル機能搭載の製品と比較すると、ノイズの軽減、機能面などトップクラスで快適に感じると思います。

しかし、ほとんどの旅行者はAirPods Proが十分に満足できるレベルにあることを実感すると思います。

同じ製品カテゴリーのWF-1000XやWF-SP700と比較するとAirPods Proの方がノイズキャンセル機能に関しては優れていると思います。

外部音取り込みモード

今まで、空港で、または飛行中に重要な放送を聞く時に、音楽を一時停止し、AirPodなどのイヤホンを片方を外して聞いていました。

AirPods Proの外部音取り込みモードを使用すると、周囲の状況やアナウンスを音楽を再生しながらはっきりと聞くことができます。

 

Appleの新しいAirPods Proに興奮する理由

 

外部音取り込みモードは、音楽やオーディオブックを聴いているときでも、まわりの状況を認識するのに役立ちました。

これはフライトの時や空港でのシーンよりも旅行で新しく訪問した都市を歩き回るとき、AirPods Proを外部音取り込みモードにしておくことで、自分の周りの状況がわかるので安全面でも有益な機能になります。

この外部音取り込みモードの最もよいと思われる部分は、AirPods Proが提供するさまざまなモードを簡単に切り替えることができることです。

どちらのAirPods Proでもセンサーを短くタップしてホールドすることで、外部音取り込みモードとノイズキャンセル機能を切り替えることが簡単にできます。

バッテリー

Appleの新しいAirPods Proのバッテリー駆動時間は、標準のAirPodsとほぼ同じ水準になります。

機能が強化されて消費電力が多く名手いるにもかかわらず、この駆動時間はAirPodsだけではなく、SONYのイヤホンと比較しても十分な数値になります。

満充電で5時間前後の視聴が可能で約7時間程度のフライトでは十分カバーできる時間になります。

また長距離のフライトで就眠時に利用することを考えても十分な時間になります。

優先やネックタイプ、またはヘッドホン型のノイズキャンセル機能搭載機は間違いなくAirPods Proよりも大きなバッテリーが搭載されています。

しかし、AirPods Proの充電は非常に高速で簡単なので、バッテリーの寿命はそれほど大きな問題ではないと思います。

トイレやちょっと使わないときでもAirPodsを充電ケースに入れる事によって、5分間の充電で約1時間の駆動時間が与えられます。

機内エンターテイメントに接続する

AirPods Proに限らず完全独立型のワイヤレスイヤホンをフライトで使用する際の最大の問題は、それらを機内エンターテイメントシステムに接続できないことです。

機内エンターテイメントシステムでBluetoothを使ってパーソナルヘッドフォンとペアリングできるようになるまで、機内エンターテイメントシステムでAirPods Proを使用することはできません.

ただし、TwelveSouthのAirFlyは、この問題を解決します。

AirFlyを使用すると、AirPods Pro(および他のワイヤレスヘッドフォン)を有線ヘッドフォンジャックを介して機内エンターテイメントシステムに接続できます。

 

AirFly

もちろんAirFlyを使用することによって、すべての問題が解決するわけではありません。

それでも、フライトの時に機内エンターテイメントシステムのために、もう一つのイヤホンやヘッドホンを持って行くよりいいと思います。

AirPods Proの携帯性のために支払うの出費は少額で改善することができます。

フォーカルポイントコンピューター Twelve South Airfly ワイヤレス送信機for Airpods とワイヤレスヘッドホン TWSOT000016

新品価格
¥5,470から
(2019/11/11 21:11時点)

同等品として

Bluetooth 5.0トランスミッター ELEGIANT Bluetoothレシーバー (受信機 送信機 一台二役) オーディオ デジタル トランスミッター ワイヤレス 小型 高音質 2台同時接続 低遅延 パソコン/イヤホン/テレビ/車

新品価格
¥2,588から
(2019/11/11 21:27時点)

小型で軽い

新しいAirPods Proの旅行に最適な理由の1つは、携帯性に優れていることです。

ノイズキャンセリング機能を持っているイヤホンを持ち運べるというのは非常に手軽になります。

AirPods Proと充電ケースは体積も重さも非常に小さいため、ヘッドホンのようにバックの大きなスペースを占有することはありません。

ヘッドフォンタイプはノイズキャンセる機能が優れており、バッテリー寿命が長く、機内エンターテイメントに簡単に接続できます

それらは非常に大きなアドバンテージになります。

しかしAirPods Proを使用すれば、ヘッドフォン用の貴重な機内持ち込みスペースを心配する必要はありません。

まとめ

今までSONYの独壇場だった完全独立型のワイヤレスイヤホンは今回のAppleやAMAZONなどが新製品を投入し、選択肢が増えています。

機能的にも最初のSONY WF-1000Xと比較してもバッテリー駆動や接続性、遅延などが改善されています。

その中でもAirPods Proは主要な選択肢になるイヤホンということは自信を持っていうことができます。

旅行者にとって、AirPods Proは素晴らしいイヤホンになります。ノイズキャンセルは印象的で、外部音取り込みモードは本当に便利で、バッテリー臭う時間はかなり良いと思います。

機内エンターテイメントに接続するためにアダプターが必要になりますが、AirPods Proは非常に小さいため、追加のアクセサリが気になることはありません。

Apple AirPods Pro

新品価格
¥30,580から
(2019/11/11 21:12時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です