スポンサードリンク

フランクフルトとミュンヘンのルフトハンザ航空ラウンジをアメリカンエキスプレスのプラチナカード以上で利用できます。

Frankfurt Lounge

フランクフルト空港とミュンヘン空港のルフトハンザ航空ラウンジをアメリカンエキスプレスのプラチナカード以上で利用できるキャンペーンが期間延長になっています。

このキャンペーンは3年ほど前から行われていますが、期間延長で継続しています。

アメリカンエキスプレスのプラチナ以上に関してはプライオリティパスも付帯特典として利用できます。

それとは別にアメリカンエキスプレスのプラチナ以上の会員に関しては、センチュリオンラウンジや独自に利用できるラウンジを展開しています。

ミュンヘンのルフトハンザ航空のラウンジをアメリカンエキスプレスのプラチナカードで利用できます。

アメリカン・エキスプレスは、ミュンヘン空港(MUC)のをハブ空港としているルフトハンザ航空と提携し、アメリカン・エキスプレスグローバル・ラウンジ・コレクションを拡張し、プラチナ会員以上の方を対象にビジネスクラスラウンジを利用できるようになっています。

対象はミュンヘン空港とフランクフルト空港になります。

プラチナカード会員はセネターラウンジにアクセスできるようになり、センチュリオン会員専用の特典として、ルフトハンザファーストクラスラウンジを利用することができます。

通常のラウンジ利用は、セネターラウンジに関してはスターアライアンスゴールド会員またはスターアライアンス航空会社のファーストクラスのチケットを持っていないと利用できません。

ルフトハンザファーストクラスラウンジは、ルフトハンザMiles&More HON Circle会員、ルフトハンザ/スイスファーストクラスのみ利用することができます。

詳細は、アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションのウェブサイト で確認出来ます。

ミュンヘンのルフトハンザ航空ラウンジをアメリカンエキスプレスのプラチナカードで利用できます。

ラウンジ利用は

エコノミークラスで予約したプラチナカード会員は、ルフトハンザグループ航空会社(ルフトハンザ/スイス/オーストリア)を飛行する際に、ルフトハンザビジネスラウンジにアクセスすることができます。

ビジネスクラスで予約したプラチナカード会員は、ルフトハンザグループ航空会社(ルフトハンザ/スイス/オーストリア)を飛行する際に、ルフトハンザセネターラウンジにアクセスすることができます。

センチュリオン会員はルフトハンザグループ航空会社(ルフトハンザ/スイス/オーストリア)を飛行する場合、どのクラスの航空券で予約した方も、ルフトハンザファーストクラスラウンジにアクセスすることができます。

ルフトハンザ航空のラウンジはドイツらしい内装で機能的なラウンジになります。

軽食も大きなソーセージや大きなピクルスなどがあり、ドイツらしい内容です。

ヨーロッパの航空会社のラウンジとしては軽食も充実しています。

またミュンヘン空港は乗り換えに時間のかからない空港なので空港での滞在時間などラウンジを利用する事によって充実することが出来ます。

アメリカンエクスプレスプラチナカードでラウンジアクセスが増えると他の特典を合わせて旅行には非常に心強いクレジットカードになります。

そのプラチナカードはアメリカンエクスプレスカードのプロパーカードをある一定の金額を使うとインビテーションが届きます。

経験的には200万円程度の利用があると送られてくると思います。

アメリカンエクスプレスプラチナカードの入会を希望する場合はアメリカンエクスプレスカードのプロパーカードへの入会が必要です。

いまなら入会キャンペーンを行っています。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

・入会と3ヶ月間の利用で最大18000ポイント獲得可能

入会後3ヶ月以内に3回のカードご利用で500ポイント

入会後3ヶ月以内に20万円のカードご利用で1,500ポイント

入会後3ヶ月以内に60万円のカードご利用で10,000ポイント

60万円のカード利用で、6,000ポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です