スポンサードリンク

アメックス センチュリオンラウンジのガイド

アメリカンエキスプレスのプラチナ以上を持っていると旅行の際に空港のラウンジに関しては、他のクレジットカードとは比較にならないほどの選択肢があります。

アメックス独自のセンチュリオンラウンジを筆頭に、プライオリティ・パスのラウンジデルタ航空のスカイクラブ、そしてクレジットカードのゴールドカード以上で利用できるラウンジなど

今回は、アメリカンエキスプレスのプラチナ以上で最も高級なラウンジであるアメックスのセンチュリオンラウンジに関して取り上げたいと思います。

センチュリオンラウンジは、いくつかの点で航空会社のラウンジを上回った内容であり、主に展開しているアメリカの空港ラウンジで考えると比較にならない内容になります。(アジア圏や中東は別ですが)

飲食に関しても地元の有名なシェフが監修した料理、カクテル、プレミアムスピリッツ、ワイン、シャンパンなど、季節ごとにインスパイアされた料理を無料で提供しています。

また一部のセンチュリオンラウンジでは、スパサービス、ワインテイスティングエリア、ファミリールーム、シャワースイートなども無料で利用することができます。

アメリカンエキスプレスのプラチナ以上の会員が利用できるセンチュリオンラウンジに関してラウンジの詳細とアクセス方法をお読みください。

センチュリオンラウンジの場所

現在、以下の空港にセンチュリオンラウンジがあります。

  • ダラス(DFW)、スパサービスがあります。
  • 香港(HKG)
  • ヒューストン(IAH)
  • ラスベガス(LAS)
  • ニューヨーク(LGA)
  • フィラデルフィア(PHL)
  • マイアミ(MIA)、スパサービスがあります。
  • シアトル(SEA)
  • サンフランシスコ(SFO)ワインテイスティングエリアがあります

上記の各センチュリオンラウンジについては、簡単な内容をブログの後半に記載しておきます。

センチュリオンラウンジのオープン予定

アメリカンエキスプレスでは来年にかけて新しく6カ所のラウンジの運営すると発表しています。

  • フェニックス(PHX):まもなくオープン予定
  • ニューヨーク(JFK):2020年前半
  • ロンドン(LHR):2020年前半
  • デンバー(DEN):2020年
  • ロサンゼルス(LAX):2020年
  • シャーロット(CLT):2020年

多少の遅延がありますが、日本からの訪問客が多いロサンゼルスやニューヨークのJFK空港に新設されると利用する機会は多くなると思います。

センチュリオンラウンジのアクセス方法

センチュリオンラウンジへのアクセスは、アメリカンエキスプレスのプラチナ以上のカード所有者に限定されます。

発行国は関係ないようです。

センチュリオンラウンジに入るには、センチュリオンまたはプラチナカード、航空会社での当日フライトの搭乗券を提示する必要があります。

 クレジットカードを表示する代わりにアメリカのAmexモバイルアプリを使用することもできます。

しかし、日本のアプリにはその機能がないのでクレジットカードでのアクセスになります。

アクセス規制は、携帯するカードの種類によっても異なります。

センチュリオンのカード所有者は、ターミナルへのアクセスと当日旅行の確認済み予約がある限り、到着時でもセンチュリオンラウンジを使用できます。

プラチナカード所有者にはアクセス制限があります。

同じ空港から出発する接続便の航空券を提示しない限り、着陸したばかりの便の搭乗券で入場することはできません。

アクセスできるのはプラチナおよびセンチュリオンの会員とその同行者のみになります。

センチュリオンラウンジの人気は高くとても素敵なラウンジになり、センチュリオンとプラチナカードを持っているアメリカンエキスプレスの会員は航空会社に関係なく利用できます。

ただし、人気があるためピーク時には混雑して座れないなどの問題がありました。

アメリカンエキスプレスではこの問題を緩和するため、アクセス条件と利用時間の変更を行います。

プラチナカードの会員は無料で利用できますが、最大2名まで無料で利用する事が出来ます。

センチュリオン会員は、最大2人のゲストまたは家族(配偶者、および18歳未満の子供)を追加料金なしで利用する事ができます。

今のところ利用人数に関しての変更は無いようです。

アメリカンエキスプレスカードのプラチナ以上で利用できるアメリカンエクスプレスセンチュリオンラウンジ

到着時の利用制限は乗り継ぎで次のフライトがある場合には利用する事ができます。

利用時間に関しては、厳密には出来ないと思いますので目安として考えると思います。

今のところホームページにはこの告知は有りませんので、空港ごと、利用時の混雑状況によって調整されると思います。

センチュリオンラウンジ利用に関して

アメックス センチュリオンラウンジのガイド

プラチナカード所有者は、追加料金なしで本人を含めて2名が利用できます。

センチュリオンのカード所有者は、追加料金なしで、最大2人の同伴者とともに入場できます。

同伴者の無料分を超えて同伴者を追加する場合は、ラウンジアクセス時に1人あたり50ドルで利用することができます。

この有料パスは、ゲストがカード会員を同伴している限り、同じ日に複数のセンチュリオンラウンジで使用できます。

2歳未満のお子様は、お子様と一緒に旅行するカード会員が膝下の搭乗券または年齢を証明できる場合は無料で入場できます。

センチュリオンカードの追加特典

センチュリオンのカード所有者は、センチュリオンのラウンジでいくつかの追加の特典を受け取ります。

これらの特典は公開されていませんが、センチュリオンラウンジについてわかっている特典は次のとおりです。

  • アクセス制限のためにプラチナカード所有者が退去する場合でも、アクセスは事実上保証されます。
  • センチュリオンカード所有者の指定席(別エリアにある場合があります
  • 無料のアップグレードされたシャンパン
  • 無料のプレミアムドリンクセレクション(一部のラウンジでのみ利用可能)

各センチュリオンラウンジの概要

センチュリオンラウンジはそれぞれコンセプトや内装が異なります。

いずれも、さまざまなドリンク、質の高い食事、高速Wi-Fi、リラクゼーションと仕事のためのエリアを提供しています。

簡単各センチュリオンラウンジの概要は次の通りです。

ダラス(DFW)

各センチュリオンラウンジの概要

ダラスセンチュリオンラウンジは、メザニンレベルのゲートD12の向かいにあるターミナルDで毎日午前5時30分から午後10時まで営業しており、他のターミナルからはスカイリンクの列車でアクセスできます。

このラウンジの料理は、ジェームズビアード賞を受賞したシェフのディーンフィアリングによって監修されており、チョリソと甘い玉ねぎを添えたテキサスミガスなどの地元風の料理が含まれています。

ラウンジの設備には、Exhaleのスパセラピー、シャワースイート、大型フラットスクリーンテレビ、会議スペース、ファミリールーム、セミプライベートワークスペース、コンピューターバーなどがあります。

香港(HKG)

各センチュリオンラウンジの概要

香港センチュリオンラウンジは、レベル7のターミナル1で午前5時30分から午前12時30分まで営業しています。

ゲート60の直前にエスカレーターで行くことができます。

コンピューターワークスペース、シャワースイート、専用の作業エリア。

ヒューストン(IAH)

ヒューストンセンチュリオンラウンジは、ターミナルDにあり、営業時間は午前5時30分から午後9時までになります。

ゲートD6近くの免税店にあるエレベーターでアクセスできます。

セキュリティエリア内の他のターミナルからスカイウェイ列車でターミナルDにアクセスできます。

このラウンジの地元風の料理は、ジェームズビアード賞を受賞したシェフ、ジャスティンユー氏によって監修されています。

ラウンジの設備には、静かなエリア、電話室、専用のワークエリア、コンピューターバー、ファミリールーム、シャワースイートが含まれます。

ラスベガス(LAS)

ラスベガスセンチュリオンラウンジは、ゲートD1の向かいのコンコースDで、営業時間は毎日午前5時から午後11時まで営業しています。

コンコースDは、ターミナル1またはターミナル3からトランジットシステム経由でアクセスできます。

セキュリティを通過したら、Dゲートの標識に従ってアクセスします。

このラウンジの料理は、James Beard Awardにノミネートされたシェフ、Kim Canteenwallaが監修しました。

ラウンジの設備には、シャワースイート、大型フラットスクリーンテレビ、会議スペース、ファミリールーム、セミプライベートワークスペース、コンピューター作業スペースが含まれます。

ニューヨークラガーディア(LGA)

ニューヨークラガーディアセンチュリオンラウンジは、日曜日から金曜日は午前5時30分から午後8時まで、土曜日は午前5時30分から午後6時30分まで営業しています。

コンコースBとCの間の3階にある中央ターミナルBのセキュリティの外側にあります。

フライトが別のターミナルから出発する場合は、紫、赤、または青の空港シャトルを利用してターミナル間を移動できます。

このラウンジの料理は、ザガットの「トップ30アンダー30」シェフの1人であるセドリックヴォンゲリッヒテンによって監修されています。

ラウンジの設備には、大型フラットスクリーンテレビ、セミプライベートワークスペース、コンピューター作業スペースが含まれます。

フィラデルフィア(PHL)

フィラデルフィア(PHL)のアメックスセンチュリオンラウンジ。 (Zach Honig / The Points Guyによる写真)

フィラデルフィアセンチュリオンラウンジの場所はブリティッシュ・エアウェイズ・ラウンジの真上にあるメザニン・レベルのターミナルAウエスト(国際線出発)。

ゲートA14近くの西ターミナルAで毎日午前5時から午後9時まで営業しており、徒歩またはシャトルバスで他のターミナルからアクセスできます。

ラウンジの大きさはは5,500平方フィート(約160坪程度)

このラウンジの料理は、イスラエル料理の先駆者であり、ジェームズビアード賞を4回受賞したシェフ、マイケルソロモノフによって監修されています。

ラウンジの設備には、電話室、シャワースイート、ワークスペースが含まれます。

マイアミ(MIA)

マイアミ空港のアメックスセンチュリオンラウンジ。 (Zach Honig / The Points Guyによる写真)

マイアミセンチュリオンラウンジは毎日午前5時から午後10時まで営業しており、大きな窓からは滑走路の広大な景色を眺めることができます。

場所はゲートD12の近くの4階のコンコースDにあります。

ラウンジはDコンコース内のスカイトレインを介してアクセスできますが、別のターミナルからアクセスする場合は、乗り継ぎまたは乗り継ぎの搭乗券を使用して、セキュリティを介して再入場する必要があります。

地元風の料理は、ジェームズビアード賞を受賞したシェフ、ミシェルバーンスタインによって監修されています。

ラウンジのアメニティには、Exhaleのスパセラピー、シャワースイート、大型フラットスクリーンテレビ、ファミリールーム、セミプライベートワークスペース、コンピューター作業スペースが含まれます。

シアトル(SEA)

シアトルセンチュリオンラウンジは、ゲートB3の向かいのコンコースBで毎日午前5時から午後10時まで営業しており、セキュリティチェックポイントからアクセスできます。

ほとんどのセンチュリオンラウンジとは異なり、このラウンジは、料理は少なく、地元の軽食を提供しています。

このラウンジのアメニティも少ないと思います。

設備には大型フラットスクリーンテレビとシャワースイートが含まれます。

サンフランシスコ(SFO)

サンフランシスコセンチュリオンラウンジは、ゲート74近くのターミナル3で午前5時から午後11時まで毎日営業しています。

ターミナル3または国際ターミナルGからセキュリティ後にアクセスすることができます。

別のターミナルから出発する場合は、搭乗券を使用してT3セキュリティを介してラウンジにアクセスしますが、セキュリティを終了し、AirTrainに乗るか、ターミナルまで歩いてから、フライト前にセキュリティを再入場する必要があります。

地元風のメニューには、朝食、昼食、夕食に新鮮な料理を提供します。

ラウンジのアメニティには、ワインテイスティングエリア、シャワースイート、大型フラットスクリーンテレビ、ファミリールーム、セミプライベートワークスペース、コンピューター作業スペースが含まれます。

まとめ

アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナ、ビジネス・プラチナ、センチュリオン会員は、プライオリティパスの通常の年会費399ドルのプレステージ会員になれますので世界各地のラウンジを利用できます。

また、デルタ航空を利用する際に限定されますが、デルタ航空のラウンジであるデルタ スカイクラブを利用する事が出来ます。

デルタスカイクラブはビジネスクラス以上の利用か、デルタ航空のゴールド会員以上、もしくはスカイチームの上級会員が利用できます。

プライオリティパスやデルタスカイクラブは他のクレジットカードを持っている方でも利用できるサービスが付帯しているカードもあります。

しかし、アメリカンエクスプレスセンチュリオンラウンジは他のクレジットカードにはないアメリカン・エキスプレス・カードのプラチナ以上のサービスの特徴になっています。

食事の内容や設備に関して、アメリカでは他の航空会社と比較しても充実しています。

今後もセンチュリオンラウンジは、新規オープンが続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です