スポンサードリンク

ラスベガスの一部ホテルが閉鎖 新型コロナウィルスの影響で

ラスベガスを訪れるのに最適な時期

アメリカでも新型コロナウィルスの影響が出ています。

ヨーロッパからの帰国者で空港が今までにない混雑で入出国に時間を要したり、ニューヨークではすべての劇場や映画館、そしてレストランが当面の間営業停止になっています。

観光地として日本でも人気のラスベガスでも一部のホテルが営業を停止しました。

ラスベガスで閉鎖するホテル

ラスベガスのホテルとカジノといえば最も有名なMGMリゾーツとウィンラスベガスの両方は、コロナウイルスの懸念により営業を停止すると15日の夜に発表しました。

MGMリゾーツ、一時的にカジノの運営を停止し、3月17日からホテルの運営を停止します。

MGMベガスのホテルはそれに伴って、5月1日より前の予約を受け付けません。

一方、ウィンラスベガスは、コロナウイルスに対応して、ウィンアンコールのホテルを一時的に閉鎖することも決定しました 。

閉鎖は3月17日火曜日午後6時に実施されます。

ウィン・ラスベガスが発表した内容によると、ホテルは2週間閉鎖される予定です。

その後に関しては経過を見ながら判断すると言うことです。

MGMリゾーツ

MGMリゾーツのラスベガスの施設には、エクスカリバー、ルクソール、ベラージオ、マンダレーベイ、MGMグランド、ニューヨークニューヨーク、ミラージュ、アリアリゾート&カジノ、パークMGMラスベガス、シグネチャーアットMGM、ヴィダラホテル&スパアットARIA、マンダレーベイのデラノラスベガス、NoMadラスベガス、MGMグランドのスカイロフトなどの有名ホテルが参加しています。

これらのホテルではカジノの他にシルク・ドゥ・ソレイユを始めショーや演劇、コンサートなどが行われていますが、これらもホテルが併催になると中止になると思います。

キャンセルの対応

閉鎖されるホテルに直接予約した場合には、Webや電話でキャンセルが可能です。

他のホテル予約サイトやツアーで申し込んでいる方は、それぞれの申込先で対応することになると思います。

まとめ

ラスベガスには有名なホテルチェーンも多くのホテルを営業しています。

マリオットやヒルトンホテルなどがこの状況で営業を続けられるとは思えませんので、注意が必要です。

また、これらは新型コロナウイルスによるラスベガスでの最初の主要なホテルおよびカジノの閉鎖ですが、おそらくラスベガスに限った現象ではなくニューヨークやシカゴ、ロサンゼルなどの主要な都市でも同じ事が起こる可能性は高いと思います

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です