スポンサードリンク

カタール航空の新しいビジネスクラス ボーイング787

カタール航空

カタール航空の新しいビジネスクラス

 

カタール航空は、新しいビジネスクラスを発表し機内の乗客体験をさらに向上させます。

新しいビジネスクラスは最新のジェット機であるボーイング787-9ドリームライナーに関して導入されます。

カタール航空は次々に新しい座席を導入しています。

一部の航空会社と比較して2世代は先を行っているビジネスクラスは

カタール航空で最高のQsuiteではありませんが、ボーイング787-9ドリームライナーの前方キャビンには、AdientAscentシートと呼ばれるまったく新しいビジネスクラスの座席が導入されます。

各列は1-2-1構成で構成され、30の座席が十分なスペースに余裕を持って配列されます。

(写真提供:カタール航空)

関連:

カタール航空が日本からヨーロッパまで往復50,700円から

 

各座席には引き戸があり、密閉された個室(スイート)風になり、長時間のフライトでリラックスして過ごすことができます。

カップルでお越しの場合は、中央の座席間のプライバシーパネルを低くして、ダブルベッドとして李揺することが可能です。

各座席は約2mのフルフラットベッドに変形し、余裕のある座席サイズになります。

iPhoneやAndroidスマートフォンやその他のワイヤレス充電が可能なデジタル機器を充電できるワイヤレス充電を搭載した専用の電話ホルダーもあります。

カタール航空は、2021年6月25日のドーハからミラノへのサービスを皮切りに、ヨーロッパとアジアへの多くの主要ルートで、待望の新しいビジネスクラススイートを備えた新しいボーイング787-9ドリームライナー旅客機を運行します。

残念ながら日本の路線では導入されませんがドーハから先の、アテネ、バルセロナ、ダンマーム、カラチ、クアラルンプール、マドリード、ミラノへの運航が予定されており、合計乗客定員は311席(ビジネスクラススイート30席、エコノミークラス281席)です。

カタール航空の新しいビジネスクラススイートは、パーソナルで広々とした機能的な現代的なデザインで、独立しプライベートを尊重した座席になります。

 

今のところ、新しいビジネスクラスの写真はビジネスクラスのキャビンの概要ショットが1つだけなので、参考までにQsuiteの動画を掲載しておきます。

ドーハから新しいビジネスクラスを運行するのは次の目的地までになります。

  • アテネ(ATH)
  • バルセロナ(BCN)
  • ダンマーム(DMM)
  • カラチ(KHI)
  • クアラルンプール(KUL)
  • マドリッド(MAD)
  • ミラノ(MXP)

 

カタール航空は、ドーハからミラノへの最初のボーイング787-9ドリームライナー旅客機を運航しており、この航空機は最新のビジネスクラスおよびエコノミークラスの製品を搭載します。

カタール航空は、キャビンの更新に多額の投資を行い、パンデミックの間もスケジュールの大部分を計画通り進めていました。

エコノミークラスでも、レカロが製造したシートが最新のデザインとテクノロジーを導入しています。

各シートには、充電機能を備え、13インチのパナソニックIFEタッチスクリーンが装備されています。シートは、背もたれに完全に収納できる回転可能なアームレストを備えており、より快適で広々とした座席を提供します。

有料にはなりますが、エコノミークラスの高度な旅行体験を提供するフルダイニング体験「Quisine」を楽しむことができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です